冬のゴルフを楽しもう!

雪の降ったゴルフ場。こうなるとプレーは不可能
早いものでもう12月。ゴルフ場の芝生は枯れ、フェアウェイの緑はだんだんと黄味がかってくる季節がやってきました。

ゴルフは、雪が降らなければ年中楽しめるスポーツですが、プロのトーナメントが冬場には行われないように、冬のゴルフには他のシーズンにない厄介な面もあります。今回は、快適な冬ゴルフについて考えてみたいと思います。

気をつけたい身体の硬さ

冬ゴルフの特徴、それは当たり前ですが「寒い」こと。そのため、特に朝のうちは身体も動きにくく、関節の可動域も小さくなります。夏場と同じようにはスイングできないことをまず念頭に入れることが必要でしょう。

朝一番のティーショットやトラブルショットなど、急に力を入れるようなシチュエーションは要注意。瞬間的にかかる負荷で筋肉などを傷めてしまうおそれがあります。寒い朝にはスタート時間ぎりぎりまでレストランでコーヒーでも飲んでいたいところですが、怪我の防止のためにもラウンド前のストレッチとウォーミングアップを入念に!

>>次は、冬のゴルフコースについて>>

冬のグリーン

冬枯れした芝生。夏場に比べるとアプローチはむしろ簡単である場合が多い
冬場では、ゴルフコースの状況も異なります。冬枯れした芝生は抵抗が弱くなり、ラフからのショットやグラスバンカーなどでは、むしろ容易になります。

厄介なのはグリーン。グリーンは硬くなり、寒い地域の場合には、グリーン面が凍ってしまい、コンクリートのようにカチカチになってしまいます。そうなるとグリーンオンは至難の業。直接オンしたボールは、高々と跳ねてグリーン奥までこぼれてしまいます。

アプローチでの距離感も重要です。グリーンに落ちてからのラン(ボールの転がり)が、通常よりかなり長くなります。いつもの感覚でアプローチをすると反対側にボールがこぼれ、グリーンの周りを行ったり来たりなんてことになりかねません。アイアンショットでもアプローチでも手前から寄せていくというセオリーを忠実に実行したいところです。

ちなみにグリーンのスピードは、日陰と日なたのグリーンでも、朝の早い時間と日中の陽が高くなった時間でも大きく異なり、ゴルファーの距離感覚を狂わせます。冬は寒くて手が思うように動かないこともあり、パッティングの距離感があわず崩れていくゴルファーが多いよう。この季節のグリーンは難しいものと観念するしかないかもしれません。

>>次は、冬の飛距離ロスについて>>

冬の飛距離

使い捨てカイロは、ボールをあたためたり、自身をあたためたりと必需品
冬のゴルフでは、飛距離が落ちてしまうのも重要な注意点。個人差もありますが、一般的な男性ゴルファーだとアイアンで一番手近い差が出る場合があります。いつもと同じように打っていると当然距離が合わなくなってしまいます。

大きめのクラブを持って、軽めに振ると距離が合いやすいのですが、かえって「大きすぎるかも……」という心理的な影響をうける場合もあるので、誰にでも勧められる方法とは言えないのが辛いところ。スタート後、最初の3ホールくらいでその日の距離の出かたを把握するように努めましょう。

飛距離の出ない理由ですが、寒さでクラブの金属部分が硬くなり、特にシャフトのしなりが生かせないこと、寒さによって十分に身体のパワーが出ないことなどがあげられます。それ以外にもっとも大きな理由は、ボールが硬くなってしまうことでしょう。冷たくなったゴルフボールは反発も弱くなり、飛距離が落ちてしまう傾向があります。以前主流だった糸巻きバラタボールに比べ、現在のウレタン素材のボールは熱による性能の劣化の度合いは小さくなっているのですが、それでも冬場の飛距離ロスは避けられないようです。

こうした飛距離ロスを軽減するには、ボールを前もって暖めておくのが効果的。使い捨てカイロをボールとともにポケットにいれ、ボールの温度を下げないようにしておきます。打感がやわらかくなり、飛距離ロスも抑えることができます。

ちなみに使い捨てカイロは寒さ対策にもなる冬ゴルフのマストアイテム。ゴルフ場で無料で配布してくれる場合もありますが、念のため持参したほうが良いでしょう。最近では塗るタイプもあり人気になっています。

>>次は、ガイドオススメの防寒グローブ>>

充実の防寒グッズ

以前に比べると、防寒ゴルフウェアはずいぶん充実しました。新素材を使用した軽量で保温効果に優れたウェアが各メーカーから発売されています。スイングがしやすいように可動域を大きくしたウェアも増加中。

薄手のタイプのウェアを重ね着すると動きやすく、防寒効果も高くなり、ニットキャップをかぶれば見た目にも冬ゴルフ対策はばっちりという感じです。

おすすめ防寒グローブ

冬用防寒グローブの代表格「NIKE COLD WEATHER」。着用したままプレーが可能
最後にガイドがオススメする防寒グッズを紹介します。装着したままプレー可能な冬用の両手ゴルフグローブです。以前もニットによるミトングローブなど冬用の防寒グローブはあったのですが、それらはショット毎に着脱する必要があり、ゴルフグローブというよりも文字通り寒さをしのぐための手袋でした。ナイキの「COLD WEATHER」に代表されるようなプレー可能な冬用グローブであれば、着脱の必要はなく、手を寒風にさらすことなくプレーが可能。

手がかじかむと微妙なタッチが要求されるパットやアプローチはもちろん、グリップの圧力が変わる恐れがあるためスイングにも良くない影響が出るものです。こうした新しいアイテムをうまく活用すると、寒さによるペースの乱れを防ぎ、冬場でも快適なゴルフが楽しめるのでは?

寒さに負けずに、冬のベストスコア更新を目指してください!



<関連リンク>
ナイキ コールドウェザー(TOP>EQUIPMENT>GLOVES)
キャスコ 冬用グローブ SF635W
楽天市場 ゴルフ
GDO(ゴルフ・ダイジェスト・オンライン) ゴルフショップ
Yahoo!オークション ゴルフ
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。