「道場破りと対戦すんのも俺しか残らない」

【インタビュー前号はコチラ

――藤原さんといえば、入門されてからデビューまでが異様に早かったんですよね。

「2日に入門して12日にデビューだもん。しかも第3試合だったかな?」

――10日ですか!? 異例のスピードですよね。入門されてから、実力で周囲を分からせたということですか?

「そんなこと自分でいっちゃダメだろうよ。まあ、そうだけど(笑)」

――先輩相手でも臆することなく挑んでいったということですね。

「練習はハッキリいって試合より大変だからね。負けたら、どうなるか分からんから。先輩だから普段は“ハイ、ハイ”っていってるけど、練習になればギロって睨んで“なに、ボケ”って感じでさ。でも楽しかったよな。練習が終わったらドンチャン騒ぎよ。

で、(違う写真を見せてくれて)これはアリ戦の時だな。試合前に俺もスパーをやらされて、相手は日本人のヘビー級チャンピオンなのに、その鼻っ柱に(組長の)ジャブが入ってんのな」

[写真]猪木-アリ戦時に行われた藤原喜明のボクシング・スパー。ちなみに、組長はデビュー前から写真やその活躍を報じた記事を綺麗にファイリングしている。今となってはどれも貴重な一枚だ (C)kawazu

――アリのジムに誘われたのは、この時ですか?

「そうだな。29歳の時だったな。俺、ボクシングやったのなんか初めてだよ。でも、猪木さんから“ボクシングやれ”っていうからさ」

――藤原さんは、手も長いし、足も長い。

「ボクサー体型だったよな」

――で、こちらの写真は顔が腫れてますけど。

「これは他流試合の時だな」

――道場破りですか?

「ハイキックを喰らってな。小鉄さんがレフェリーやってて、相手が参ったっていうから一回離したんだよ。そしたら、向こうが蹴ってきやがって、それで頭にきちゃって“ぶっ殺すぞ”っていったら周りに止められたんだよ。チャンチャン(笑)」

――当時の道場破りは、どのくらいの頻度だったのですか?

「結構あったよ。プロレス始めて4年くらいの時だったから、27、28歳の時だな。(道場破りが来ると)周りのヤツらが道場からいなくなっちゃうのよ。さっきまで居たのに、腹が痛いとかってさ。だから道場破りと対戦すんのも俺しか残らないんだよ(笑)」

「総合と違う。競技ではない勝つ為の技だ」

――それは、力で抑えようと?

「強くたってさ、毎日コレ(シュート)で来られたら、そりゃたまんないよ。だから毎日謙虚にして、何かあった時だけは対応する、と。やっぱり力だからね」

――ゴッチさんも力は強かったのですか?

「ゴッチさんなんて“力じゃない”っていうけど、力はもの凄いよ。ウェイトトレーニングなんてやったことないっていうけど、実は一年間だけ、びっちりやってた時期があった。スクワットは300kgくらいかな。写真あったんだけどな。(重さ300kgで)バーベルが歪んでるから“なんだ力も強いんじゃん”って思ったよ(笑)」

――ゴッチさんは骨格も尋常じゃないですよね。

「力も強いし骨太だよ。触るだけで、ゴリゴリってしてたからね。殴るにしても、受けるにしても最後は骨だろ?」

――ちなみに、ゴッチさんのテクニックはグレコローマンが中心なんですか?

「いや、全部できたよ。グレコもフリースタイルも。当時は俺も嘘だろって思ったけど、チャールズ・イスタスって名前でオリンピックも行ってるだろ?で、チャールズを縮めるとカールだからな。カール・イスタスでカール・ゴッチとなって・・・」

――足関節とかも、ゴッチさんから教わるのですか?

「いや、足関節は“ジャンク・ホールド”だっていってたな。どうしようもなくなって、最後にやるのが足だろ。本当は腕とか首を極めにいく訳だから。アキレス腱固めが18番じゃダメだよ。最後にどうしようもなくなって狙うのがアキレス腱」

――では、藤原さんが当時一番得意だった技はなんですか?

「アキレス腱固めだよ(笑)」

[写真]あのカール・ゴッチがジャンクホールドと称したアキレス腱固め。技を掛けられているのは、総合格闘技イベントZSTで活躍する伊藤健一だ。伊藤は、総合格闘技のリングでアキレス腱固めを得意とする数少ない選手であり、そのルーツは、学生時代に参加した藤原のセミナーにあるという (C)kawazu

――アキレス腱固めがジャンクホールドとは・・・。

「要するにアマレスをやってないし、俺は立ち技が下手だったんだよ。まあ、相撲のコテ投げや腕を取ってから投げとか数種類の技しか知らなかった」

――でも、サバ折りなんかもありましたよね。ディック・フライ戦(1989年11月29日/U-COSMOS)でのテイクダウンは今でも鮮明に覚えています。

「あれは31歳の時、フロリダでゴッチさんに教わった技だ。咄嗟に出たのが決まった」

――また、今の総合格闘技ではレスリングという要素が外せないんですが、当時の新日本ではレスリングの練習なんかもやっていたのですか?

「いや、ほとんど極めっこだよね。でもって、総合と違う。競技ではない勝つ為の技だ。べったり乗っかって相手を動かして疲れさせる。そうなりゃこっちのもんで、極まんないものも極まるだろ?」

――今ですと、5分1ラウンドとかですもんね。

「俺らは、1時間くらいやってたからな。交代で30分ずつとかさ。前田(日明)と30分やって、高田(延彦)と30分やって、その後二人とやって2時間のスパー。でも、それはUWFの辺りかな。マットの色で膝と肘が真っ青になっちゃって、洗っても落ちねーんだよ。本当に元気だったな(笑)」

[次号に続く]

藤原ファミリー 公式サイト
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。