“祭りの後” 戦前は苦戦を予想していたが・・・

この日は故・橋本真也さんの3回忌。橋本さんが呼び込んだのか、会場には超満員のファンが集結した
「なんという完成度か!」

7月11日、東京・後楽園ホールで行われた『ハッスル・ハウスvol.26』。大会直後の率直な感想がこれだった。ハッスルが長年に渡って積み重ねてきた全ての要素が、見事に噛み合い、それはパッケージプロレスとして前例のない出来栄えとなったのではないだろうか。

まず、この日のハッスル・ハウスには幾つかのテーマがあった。

体制的な側面では、新体制の本格稼動が挙げられる。これまでハッスルを運営してきたドリームステージエンターテインメント(以下、DSE)から、全ての権利を移譲し、ハッスルエンターテインメント(以下、HE)という新会社での再出発。もちろん、これ自体は既報の通りだが、その新体制に、雑誌『ファミ通』でお馴染み、エンターブレイン社の資本参加やパチンコ大手、京楽産業の継続スポンサードが加った。また、関係者の話によれば、今大会から旧DSEのPRIDE系スタッフ(PRIDE FC WORLD WIDE)の手伝いにも頼らず、受付や物販といった細部に至るまで、実質的に全てを自前で運営したという。

そして、イベント的側面からみれば、先月17日に開催されたハッスル上半期最大のビッグマッチ『ハッスル・エイド2007』後、初のイベントであり、この日は初期のハッスルシリーズを支えた国民的人気プロレスラー、故・橋本真也さんの3回忌でもあった。これらの要素を加味すれば、今大会がいかに落とせないものであったのかは容易に想像がつく。

しかしながら、大会前は正直、苦戦を予想していた。

それは、HEが先のハッスル・エイドに並々ならぬパワーを注力していたこと。エイド前は連日に渡って開かれる記者会見やリリース、サプライズの一報がメディアを賑わせた。これ自体は、DSE時代からハッスルのプロモーションの一つとして、彼らが得意とする方法でもあるが、これらは、あくまで、ビッグマッチに向けたものであり、同じことを半永久的に続けることなど到底不可能。勿論、そこにはHEスタッフによる夜を徹した作業や準備、苦労や苦悩の日々といった属人的な問題もあるだろう。

だからこそ、“祭りの後”とでも言うべきか、あれだけのビッグイベントを作り上げた後、スタッフのモチベーションが少なからず下がるのは致し方なく、プロモーションの観点から見ても、エイドに比べれば情報量は当然落ちている。決して話題作りを怠っている訳ではないが、エイドの煽りを受け、“今回のハウスは盛り上がっていないのでは?”という錯覚すら起こしてしまうのだ。

それだけではない。ハッスル・エイドをどう解釈するのか。成功なのか、失敗なのか、未だに整理がつかず、これが今回の大会にどれほど影響を及ぼしたのかも推量できずにいた。

エイドに関しては長所・短所がはっきりし過ぎていたのだ。オープニングから高田総統が川田利明とチャゲ&飛鳥を熱唱するサプライズで幕を開け、グレート・ムタの登場、インリン様との絡みは近年屈指の名場面となり、メインでは天龍源一郎がHGと痛みの伝わるシングルマッチで対戦。試合後には天龍のモンスター軍追放という予告編まで付く充実した内容となった。それでも、さいたまスーパーアリーナを満員の観客で埋めることはできず、閑散とした空気はイベントの熱を奪っていく様でもあったからだ。

今宵、プロレスとエンターテインメントの融合が成立

『ハッスル・ハウスvol.26』は、ハッスルが持つ全てのポテンシャルが噛み合い、ベストパフォーマンスを生み出した
また、エイドを振り返れば、最も強く印象に残ったのが映像の魅力にあり、過去のハッスルシリーズや川田利明のリサイタル名場面が会場で流れた時は、その面白さに大笑いをしてしまった。なので、エイドの総評を聞かれれば、やっぱりハッスルはライブよりも、テレビ向けのコンテンツってことになるのだろう、というのが本音だった。

しかし、ハッスル下半期のスタートに、そんな取り越し苦労は不要であった。ハッスルの新たなる一歩は、橋本さんの3回忌がファンを呼び入れたのか、平日の夜にも関わらず会場は超満員。更には、ファンの熱気や進行、演出、サプライズ、試合に至るまで全ての歯車が噛み合った最高のショーとなっていた。

オープニングからエイドの名場面でもある、インリン様の失神シーンがビジョンで流されるだけで、場内は拍手喝采。川田のリサイタルにはお笑い芸人ノブ&フッキーが乱入し、対戦カード発表では「第2ハッスル、今考え中」といった軽いネタにも大爆笑が沸き起こる。

第1ハッスルでは、恐・イタコに橋本さんが降臨し、大“橋本コール”が起こったかと思えば、第2ハッスルでは、メリハリを付けるかの様に、実力者TAJIRI、ACHICHIらが場外乱闘から試合をスタート。セミハッスルでは、夢のBI対決、アントキの猪木&崔領二vsジャイアント・バボ&アン・ジョー司令長官の一戦で、猪木のコールには元新日本プロレスの田中リングアナ、バボのコールには全日本プロレスの木原リングアナが登場。数年前では信じられない様な豪華な演出をみせた。

休憩明けにはインリン様がハッスル下半期に向け、メインストーリーの序章を作ると、メインハッスルでは、プロレスが持つ醍醐味とも言える、大型外国人選手のド迫力ファイト。これに、芸人HG、RGが挑む図式は観る側にも分かりやすく、試合後には、ハードゲイコスチュームに身を包んだ天龍源一郎が救出に駆けつけるサプライズ。最後は天国の橋本さんに捧げるトルネードハッスルでアットホームな雰囲気の中、大会は幕を閉じた。

日本マット界に拒絶反応が残る“プロレスとエンターテインメントの融合”を掲げてから、足かせ3年。もはや“ハッスルの賛否”といった議論もばかばかしい。HE山口日昇社長曰く第1回ハッスルでは「ホームランか三振しかないところを三振した」と語る程の厳しい旗揚げに、専門誌もその取り扱いに悩む未曾有の船出となったハッスルにとって、この日の完成度は、ようやくその融合を成し終えた瞬間の様に思えた。

日本発祥のエンターテインメントプロレス“ファイティングオペラ”はいよいよ次のステージへと進む。

ハッスル山口日昇新社長に聞く(上)
ハッスル山口日昇新社長に聞く(下)



<関連リンク>
ハッスル公式サイト
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。