週刊少年ジャンプの黄金期を支え、絶大な人気を誇った国民的人気プロレス漫画『キン肉マン』。その作者、ゆでたまご・嶋田隆司先生へのインタビュー続編(「ゆでたまご嶋田先生が語るキン肉マン1」はコチラ)。第2回では、『キン肉マン』人気になくてはならない無数の登場人物や斬新華麗な必殺技を深く掘り下げると共に、これらを生み出した嶋田先生の嗅覚と感性に迫る。ディープな『キン肉マン』マニア必見!

旧セオリーを引っくり返し、新しい価値観を作る

(右)嶋田隆司先生と(左)ガイド。話は盛り上がり、技誕生秘話まで及んだ
ガイド:キン肉マンは一話一話が完全燃焼というか、格闘家でいうなら一回の連載が一試合みたいですね。

嶋田先生:アイデアの出し惜しみをしないで、とにかく進めることですよね。

ガイド:キン肉マンでは描写の細かさという点でも、当時から群を抜いていました。

嶋田先生:それまで漫画って、“いかに早く読ませるか”っていう考え方があったんですけど、僕達はそれは違うと思っていたんですよね。いかに時間を掛けて読ませるかだよと。もう一回戻って、何回でも読み直させる。そのために情報量を多くしたかったんですよ。

ガイド:描写の細かさは、キン肉マンII世で更に顕著になりました。

嶋田先生:今、『週刊プレイボーイ』で連載しているキン肉マンII世の読者は、昔のキン肉マンを読んでいた感覚っていうのがあると思うんですよね。描写の細かさだけでなく、昔からトビラ(その連載毎の表紙にあたるページのこと)を使わなかったりっていうのも、その一つなんですけど。

ガイド:それはマガジン(『週刊少年マガジン』のこと)でも採用されるようになったそうですね?

嶋田先生:そう。トビラっていらないじゃないですか?それだったら、話しを進めた方がいいと思いますし。こだわっている人はいいんですけど、時々スカスカなトビラを書く人がいますからね。あれはページ稼ぎですよね。

ガイド:また、キン肉マンといえば読者がオリジナル超人を考え、それが本編で採用されてしまうという、当時では珍しい形で先生と読者のコミュニケーションが実現していました。

嶋田先生:あれは初代の編集者で“アデランスの中野さん”っていうのがいたんですけど、その人が考えた企画なんですよ。僕らファンレターの返事を書かなかったんですね。それで、それに代わるものっていって、当時読者の考えた怪獣を漫画に採用したんです。採用するのは、できるだけ小さい子(の作品)にしようとか色々考えました。

編集担当に助けられた苦しい時代

(左)嶋田先生。当時を振り返るように、そしてときに笑顔でインタビューに答えてくれた
ガイド:“アデランスの中野さん”は実在する方?というか編集担当の方だったのですか!?

嶋田先生:中野さんはアイデアマンでしたね。僕ら原稿料を二人で20万(本来の一人分)貰っていたので、少なかったんですよ。だから食べていけないんです。僕も中井君も母子家庭だったんですけど、親からは「そんな仕事辞めなさい」って言われてましたから。そしたら、3ヶ月くらい経った時に、中野さんが「森永(森永製菓株式会社)の社長がすごい君達の作品を気に入ってて、自分の会社のお菓子をキン肉マンに食べさせてくれたら20万円あげるって言ってる」って。

ガイド:随分太っ腹な社長さんですね!

嶋田先生:原稿料が20万円なのに、一回キン肉マンにお菓子食べさせても20万円。こりゃ、やっていけるなって(笑)

ガイド:タイアップ企画としても、当時では斬新です。

嶋田先生:それでポテロングだとか、森永ココアだとか……。で、それがずっと続いて、4年目でアニメになった時に、アニメのスポンサーにもなって頂いて、森永にはすごいお世話になってますね。

ガイド:それは素晴らしい縁ですね。

嶋田先生:そうですね。グリコ・森永事件(注1)で森永が多大な損害を出した時、お菓子を袋詰めで販売するってなって、森永から「少しイメージが悪くなってしまうかもしれませんが袋にキン肉マンを使わせて下さい」って言われましたけど、僕らは「全然使って下さい」って。

ガイド:製菓業界にまで貢献されていたのですね。実際、先生がそこまで強い影響力を実感するようになったのはいつ頃からですか?

嶋田先生:編集者に聞かされたり、新聞で見たりとかしましたけど、実感っていうのはなかったですね。でもアニメが始まる前、キン消しが発売されて、近所のダイエーのガチャガチャの前に子供が並んでいたのを見て、「凄いことになってるな」って。なんか他人事みたいでしたよ。

「普通の人の顔が描きたい」

嶋田先生から語られる当時の思い。ひとつひとつ心にしみるように響いてくる
ガイド:ちなみに、先生が客観的にキン肉マンを見て、一番好きな超人は?

嶋田先生:僕はですね、ラーメンマンです。ちなみに、うちの相棒はテリーマン。

ガイド:中井先生は、博識のテリーマンファンですか!

嶋田先生:テリーマンって、一番人間に近いじゃないですか。だから漫画家として描き甲斐があるみたいですよ。異形なもんばっかり描いてるから「普通の人の顔が描きたい」って。

ガイド:先生がラーメンマンを好きな理由というのは?

嶋田先生:単純なところで子供でも落書きしやすいですから。考えてみたら変なキャラクターですけどね。三つ編みのドジョウ髭で……。でもカッコイイんですよ。

ガイド:ラーメンマンとウォーズマンはよく落書きしましたね~。

嶋田先生:コンセプトというのは、やっぱり子供に描きやすいということなんです。僕らの小さい時も、ニャロメ(赤塚不二夫作)とかをみんな描いてましたからね。

ガイド:先生が一番好きな技はなんでしょうか?私はバックドロップだと思っていました。ミート君がミキサー大帝に決めたシーンは、先生の本音が作品に投影された部分だったのではと感じましたから。

嶋田先生:あ~、なるほどね。好きな技というのは実在の?作品中の?

ガイド:全て含めてですね。

嶋田先生:それは、やっぱりキン肉バスターですよ!綺麗!

ガイド:後にキン肉バスターが様々なバリエーションに変化するのは圧巻でした。

嶋田先生:変形は色々考えたんですよ。まだまだあると思いましたね。

ガイド:それでも、最初にキン肉バスター自体、なかなか思い浮かばないですよ!

嶋田先生:二人で技を掛け合ったりしましたね。プロレスとか格闘技をずっと見てたからか、突然パッと浮かんでくるんですよ。持ち上げて、ここで足とったらどうなるかなって。

ガイド:そこでのこだわりというのは?

嶋田先生:出来そうな技を考えるんですよ。なんか宇宙まで吹っ飛ばすとか、そういうことではないんですよ。

ガイド:確かに出来そうですよ。学校のプールとかでやってましたしね。

嶋田先生:出来そうで出来ない技。それを考えるのが難しいんです。

パロスペシャル誕生秘話

ガイド:ウォーズマンのパロスペシャルは、教室でみんなやってましたよね。あれはもともと、イギリスの“なんとかパロ”って人の技なんですよね?

嶋田先生:それは2代目の担当編集者に聞きましたね。「ジャッキー・パロっていう選手が使う、パロスペシャルっていう技がある」って。それで(実際に)技をかけてもらったのが今(作品中)のパロスペシャルなんですけど、4年くらい前に『レディースゴング』の編集者から電話があったんです。「実はパロスペシャルって、形が違うんですよ。本当のパロスペシャルっの写真を送るから」って。

ガイド:それが……

嶋田先生:オラップ(キン肉マンII世、ケビンマスクの必殺技)なんですよ。ちょっとは似てるんですけど、全然違う技だったという……。

ガイド:でも、世の成人男性の誰に聞いても、パロスペシャルはウォーズマンのパロスペシャルを思い出しますよ。キン肉マンには事実をも変えてしまうパワーとエネルギーがあったんですね。

嶋田先生:本当ですね。ウォーズマン(旧ソ連)の技で、何故パロスペシャル(イギリスの技)なのかってね。当時の読者も不思議だったと思いますよ。

ガイド:しかし、ウォーズマンにパロスペシャルを授けたのもバラクーダ(ロビンマスク=イギリス)ですから、ルーツを辿るとおかしくない!

嶋田先生:ああっ、本当だ(笑)それは考えたことがなかった。しかし、普通だったら「ウォーズマンスペシャル」とかって技名にするんでしょうけど、“パロスペシャル”っていう語感がいいなぁ~って、そのままにしました。やっぱり、全てがその場の思いつきなんですよ(笑)

次回に続く)
注1:1984年、江崎グリコと森永製菓など大手食品会社が「かい人21面相」と称する人物から脅迫を受けた事件。青酸ソーダ入りのお菓子が見つかるなど、世を震撼させた。未だ犯人は捕まっていない。2000年に時効。


<関連リンク>
『キン肉マンII世 究極の超人タッグ編3』、ただ今絶賛発売中!
『キン肉マンII世 究極の超人タッグ編3』、ただ今絶賛発売中!

キン肉マン・オフィシャルTシャツ。バンバンビガロでしか手に入れることはできない
インタビュー中、嶋田先生とガイドが着用している“キン肉マン・オフィシャルTシャツ”。これらは、数々の人気“プロレスTシャツ”を世に送り出している実力派Tシャツブランド『バンバンビガロ』がプロデュースをする自信作。オフィシャルサイトは必見(売り切れ御免)!↓
『バンバンビガロ』
『バンバンビガロ』ネットショップ

“世界のTK”高阪剛オフィシャルジム『A-SQUARE』。取材協力していただきました
嶋田先生とガイドも通っている“世界のTK”高阪剛オフィシャルジム『A-SQUARE』。初心者から女性、プロを目指す人まで親切丁寧に指導。貴方も世界屈指の格闘技術論に触れてみませんか?オフィシャルサイトはコチラ!↓只今、オープン1周年を記念して入会金無料!(5月31日まで)
『A-SQUARE』
[All About WEEKENDERトップページに戻る]
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。