【PART6】そして事態は終焉へ。やはり答えは「UFC JAPAN設立」なのか


うして見て行くと、やはり事態は“終焉”に向かいつつあるようだ。

今回、PFCWWのジェイミー・ポラック社長が“武士道枠”の日本人選手のUFCへの移籍工作を進めていたという報道から何が読み取れるかを、最後に見て行こう。

このところ、UFCは“日本人ラッシュ”といいたくなるような、大量の日本人選手ブッキングを進めている。先日の郷野聡寛に先だって、前回のUFC73には、吉田道場から中村和裕、小見川道大の二人が出場。また、郷野と同時期にUFCとの契約を結んだという長南亮も出撃スタンバイ中だと聞く。ノゲイラやミルコ、ランペイジらのPRIDE本戦レギュラー組だけならいざしらず、こうした“武士道勢”とでもいうべきPRIDE系日本人選手の大量キープ現象は、いったい何を意味するのであろうか。

アメリカのファンの視点からみれば、正直な所、日本人選手は既に過剰供給もいいところであろう。UFCの現在の人気を支えるファン層は、明らかにThe Ultimet Fighterの煽りで本戦鑑賞にたどり着いた“俄かUFCファン”が中心であり、それ以外の総合格闘技シーンなど知った事かという感覚のはず。PRIDEの何たるかを知っていれば良い方で、実際のPPV放送など見た事も無いような層がほとんどのはずなのである。そんな客層に対して「PRIDEから来た日本人選手」と言って、大喜びを期待しても無駄だろう。

彼ら以前にも、この二年ばかりの間にUFCには岡見勇信、三島☆ド根性ノ助、弘中邦佳、中村K太郎らPRIDE系以外の選手たちが次々に参戦してはいる。しかし、戦績面を見る限り、岡見以外にこれと言った勝ち星を挙げている選手は居ないし、むしろUFCが純粋培養してきたUltimate Fighter出身の若手に後塵を拝するケースが多い。彼らが客席を沸かせた試合といえば数える程。正直な所、大半の日本人選手は、オクタゴンでは“お呼びでない”状況と言っていい。

そんな実情で、あえて日本人選手を大量起用しても、競技的にも人気的にも決してイーブンとは呼べない状況が続くだろう。なぜダナは彼らを重用し続けるのだろうか?

まず真っ先に頭に浮かぶのは、彼らが日本市場の他団体に流出することを阻止しようという狙いだ。PRIDEがUFC傘下に落ちた今、日本市場での彼らの最大のライバルはもちろんHERO’Sである。

既に桜庭和志、美濃輪育久らUWFの流れを汲む選手は次々とそのリングに上がっており、それに続く選手としては、武士道のエースだった五味隆典参戦の噂もちらつく。(ただし、五味の場合、水面下の移籍交渉は何回か行われているようだが、K-1と彼の仲介者との関係もあり、条件交渉が難航しているとの情報を漏れ聞く。また吉田秀彦も九月一杯でPRIDEに動きが無いなら他団体への移籍を考えなければならないだろうというコメントを発しているようだが、一方で彼にはスポンサー筋の意向もあるようで、即その落ち付き先がHERO’Sになるとは限らない。)

無論、UFCが誘えば総ての選手が、オクタゴンに入りたがるとは限らない。あくまで日本で闘いたいという選手も居れば、UFCのルールや金網、あるいは体重制が自分のファイトスタイルに合わないと考えている選手も居るだろう。あるいは、アメリカ特有の制度である、アスレチックコミッションの厳しいチェックに引っかかる恐れのある選手も居るし、単純に日本に於ける評価程のギャラが提示されないという理由でオクタゴンに背を向ける選手も居る。(エメリヤエンコ・ヒョードルとアレキサンダーの兄弟、あるいはジョシュ・バーネットなど、PRIDEトップクラスの選手が結局UFCを“次の就職先”に選んでいないのが、その顕著な例だと言えるだろう。彼らの理由が上記いずれにあたるか、推理して楽しんでもらうのも、またストーブリーグの一興かもしれない。)

若干話が横道にそれた感があるので、軌道を修正しよう。

PRIDE買収で得た、日本市場制圧のノウハウ


UFCの俄かな日本人選手起用の増加現象のキモは何かとといえば、ズバリ、これは近い将来UFCが日本上陸するための布石に他ならない。

その意味で、総ては僕がPRIDE買収劇直後から危惧してきたシナリオどおりーー「PRIDEがUFC-JAPANになる日」に進行しているように思える。こんな予言は正直あたって欲しくなかったが、情報を冷静に分析していけば、最終的にこれ以外の結論が出なかったのも、悲しい事実である。

だが、実際、今回のPRIDE買収で、ZUFFAには日本市場でのコネクションとマーケティングデータが蓄積されたはずである。不幸にしてPRIDEブランドを直接運用するというプランは上手く行かなかったわけだが、これらのデータと人脈をUFCの日本上陸の素材にするなら、遠からずビジネスとしての結実が見られるだろう。この秋の改変期を見送ってしまった今、流れは急速に変化していると見るべきである。多少大胆な予告にはなるが、ずばり、「UFC-JAPAN」設立(PFWWの改組かどうかはともかく)は、極々近日中に実現する可能性もあると思う。


元々日本人のメンタリティとして舶来嗜好が高いのも事実である。“世界トップの格闘技の舞台”というふれこみと、かつてのPRIDEをも凌ぐ選手ラインナップを揃えての再上陸となれば、確実に大きなセンセーションが見込める。数年前、アメリカのWWEが日本上陸を果した時のように、意外にすんなり、UFCが日本の地上波で放映されてしまうこともあるかもしれない。

無論、日本市場独特の閉鎖性が壁として立ち塞がる可能性は否定できないが、既に日本法人としてPFWWという組織と人材を持っている彼らにすれば、この障壁を越える材料は既に手中にしている事になる。問題はその参入のタイミング、すなわち一年前にテレビ界を襲った「PRIDEショック」の余波がいつ消えるか、その一点に尽きる。地上波テレビとの契約は、今や日本でビッグイベントを開催するための絶対条件である。UFCはその契約が獲得できるタイミングを、息を殺して待っている状況なのだ。

日本に於けるUFCの大会中継に関して、この春まではWOWOWとの試合中継契約を結んできたが、放映額での折り合いがつかず打ち切りとなっている。その段階で、PRIDEが実績を作ってきたスカイパーフェクTVでのPPV放送に移行するなどの代替手段はいくらでも考えられたはずだが、UFCはあえてその手段をとらなかった。日本市場で十分知名度を誇ったミルコ・クロコップを手中に収めておきながら、あえて日本市場を空白にする、この手法に多くのファンが疑問を感じたのではないだろうか。

だが、これさえもUFCの周到なマーケティング戦略であったと考えるならどうだろう? PRIDEが消え、UFCも放映されないまま、日本の市場に枯渇感を作り出す戦略だとしたら。

現在日本にはHERO‘Sという対抗馬も存在するが、マーケティングの方向性はあくまで格闘技コアファンよりも一般大衆にフォーカスされていて、ヌルさが否めない。PRIDEに熱い視線を向けていた格闘技ファンの乾きを満たす材料にはなりにくい。もし、この飢餓感がニーズとなって、「UFC上陸待望論」となっていけば、莫大な放映権料を提示して来るテレビ局も現れる可能性もあるだろう。そんな“じらし”戦略をZUFFAが目論んでいても、何の不思議も無い。

その時に効いて来るのは日本人選手を大量にオクタゴンに上げているという事実である。日本上陸の“その時”が訪れたとき、一人でも二人でもトップクラスに食らいついて行くポジションに日本人選手が居れば(「チャンピオンとして君臨する」と書きたい所だが、さすがに現状を見る限りその可能性は低い)、日本のテレビ局が食指を動かす材料はさらに増える。

現在のPRIDE系日本人招聘の裏には、そんなZUFFAの日本(再)上陸への思惑が働いていると見て間違えない。



【All About/PRIDE売却とUFC関連記事】
「PRIDEがUFC-JAPANになる日」(2007年05月31日掲載)
「格闘技グローバル化とPRIDE売却の波紋」(2007年04月01日掲載)
http://allabout.co.jp/sports/k1/closeup/CU20070331A/index.htm
「UFC・PRIDE交流は本当に実現するか?」(2006年09月27日掲載)
「米5大ネットで放映? LA興行? 加熱報道を信じるな 『PRIDE米進出』報道に疑問」(2005年09月13日掲載)
「UFC日本大会中止に見る“勝ち組”研究『UFC vs PRIDE』日米市場戦争」(2005年04月30日掲載)

※事件発覚後の10.4深夜に書いた「結び」を追加しました。よければお読みください。

PRIDEの十年間が生んだ“功と罪”“光と影”

ここまでの原稿は、10月4日のPRIDEの事務所閉鎖という突発的な事件が発生する以前の、9月末に書いたものである。

そして、ここからは、X-DAY=2007年10月4日当日深夜に書いた僕の極々個人的な感想である。蛇足の感もあるので、隠しページ的にそっと全編のあとに差し込ませていただく事にした。特にここを読まなければ、意味が通じなくなる事も無いし、新しい情報は何一つ無い。

ただここまで読んでいただいた読者の中で、さらにPRIDEが無くなった後の格闘技の世界に、まだ少しでも興味を持ってくださるファンの方々にむけて、同じ志を持つ仲間へのメッセージとして書いた。

僕自身、PRIDEと並走した十年の一区切りとして書かずにはいられなかった一文でもある。もし良ければもう少しだけおつきあいください。




“いずれは”という予感こそあったものの、あまりのアップテンポ事態の展開に、僕自身驚き未だに戸惑いが隠せない。そのことは、ファンの皆さんも同じだろうと思う。

ただ、僕自身は、PRIDEの運営が順風満帆そのものだった時代からその在り方に疑問符を感じて、何度も異議申し立ての記事を執筆してきた。したがって、“消滅”という事態自体には、あまり驚きは無い。このタイミングで、この手際で事が進んだ事だけが驚きであった。ーーこの状態は絶対どこかでパンクするし、いつかは終わる。そういう認識は、実のところ昨年の週刊現代の事件が勃発する遥か以前から持っていたし、Boutreviewのスタッフたちに“その後の冬の時代のために、シェルターを作るつもりで居てくれ”という方針を伝えていたほどである。(そういえばこんな挑発的な文章を書いた事もあったっけ…)

そもそもPRIDEの成立は、「他団体の育てたトップ選手を引き抜いてぶつけ合う」という“焼き畑農業的”手法で始まったものである。彼らが売り物にした“夢の越境対決”というのは、逆に言えば、UFCや修斗、リングス、パンクラスなどの団体が“垣根を作って”その中で大事に育んで来たそれぞれの選手、秩序、哲学といった価値観をも根こそぎ押し倒す行為でもある。

“オールスター戦”といえば聞こえは良いが、結局、中小のイベントが無名時代に発掘し、チャンスを与え、育ててきた“団体の宝”を横から収奪し、金で選手の思想や哲学自体も丸ごと買い上げる、乱暴な手法によってしか成立しないからだ。正当な招集方法とシステムで運営されている、サッカーの日本代表ですら、Jリーグの人気を横取りしてしまい、個々のチームの収益構造をがたがたにしてしまっているのである。まして、一方的な収奪でしかない格闘技界でのそれは、PRIDEの開始以前に多くの団体が作り上げてきた、“住み分け”や“共存”の生態系をボロボロにするだけのことである。事実、RINGSのように選手を吸い上げられて潰れる団体もあったし、そこまで行かないにしても、収益を悪化させ経営が傾く団体も多く、業界には悪影響が沢山生じている。

そのギャング的手法の無茶苦茶さに僕らはもっと神経質になるべきであったのではないかと、今PRIDEの十年間を思い返すにつけ、苦い思いが胸を満たす。

確かにファンにとって、それぞれの団体のエース級選手がぶつかり合う「天下一武道会」形式のオールスター戦は、夢以外のなにものでもなかった。しかし、異種混交は“禁断の果実”である。純化方向で研ぎすまされて行ったはずの価値観、それぞれの団体が守ってきたもの、作り上げようとした歴史は、エース選手一人の敗北で、ことごとく否定されてしまう。

『不自由な団体の垣根など押し倒してしまえ』

それは確かに時代の声でもあった。総合格闘技というスポーツ自体、これまで立ち技と寝技に分かれて成立してきた“純競技”のルールの壁を取り払った所に生じた、新しい風景だったのだから。

だが、多くの文化混交は、熱狂の果てに焼け野原を現出させる。戦争も、そして文明の流入も、“古き良き時代”を押しつぶし、かき混ぜ、破壊し尽くしてしまう。

PRIDEというのは結局、固定化した格闘技ジャンルの壁をぶっこわし、既成概念をひっくり返す“混沌の使徒”だったのではないか、と思う。そして
その終焉が、まるで嵐が去った後のようにあっけなかったのも、PRIDE自身実体を持たない、ある種の“状態”でしかなかったからかなと、今にして気がついた。

確かに、“夢の舞台”は多くの奇跡のような名勝負を産み、熱狂を残して行ってくれた。ただ、僕らは24時間365日カーニバルの中に暮らす事はできないのだ。
祭りは終わった。
破壊と収奪の時期もまた終わりを告げたと考えるべきではないか。


格闘技を愛するファンたち、そして関係者の皆様に、今こそ言いたい事がある。

もう一度あの狂乱に戻る事は止めませんかと。

確かにプロ格闘技のイベントは祝祭である。血を燃やし、あり得ない光景の現出に興奮する行為だ。熱狂し陶酔すればいいじゃないか、なぜ踊らずに先の事ばかり考えて憂鬱な顔をしているのだ? ーーこの十年僕はPRIDEと向かい合うたびに、そう問いかけられ続けてきた気がする。

だが、その蕩尽行為は長い長い生産の末にあってこそ、エネルギーとなるものでもあるのだ。秋の収穫祭が、四季の中地道に続けられた農作業の後のご褒美であるように。

確かに、僕らは熱狂の日々を過ごした。
その司祭を勤めたPRIDEという場自体には、素直に感謝の言葉を捧げよう。

しかし、これから来るのは冬の時代である。
厳冬と戦い、新たな播種の季節を迎えるために、僕らはこれから足元を見つめ、生産のサイクルに戻って行くべきなのではないかと思うのである。

先月、All Aboutでは格闘技通信の新編集長朝岡氏のインタビューをお届けした。彼の打ち出したリニューアル方針は、華やかなニュース主義を捨てて、技術を理解し、地道に格闘技を好きになってくれる読者を育てて行きたいというものだった。彼の打ち出した「地味な原点への揺り返し」こそ、“After PRIDE”の正しい着地点の一つではないかと思うのだ。

そんなことを言っていても、多くのプロモーターは、PRIDE消滅を受けて、“夢よ、もう一度”と空白になった市場制圧を目論むだろう。

だが、そんなに世の中もファンも甘くはないと僕は思っている。
PRIDEは不自然な資金力で、強引に作り上げたイリュージョンに過ぎない。あのゴージャスすぎるラインナップは、興奮も生んだが、また同時に満腹の膨満感をファンに植え付けたのも事実だ。もうあれ以下のラインナップで、観客がリングサイド席十万円という狂った価格のチケットを買う事は無いだろう。

地上波放送の門戸も極端に狭くなった。
格闘技的には全盛期のPRIDEに匹敵する程の面白さ、いや下手すれば凌駕してもおかしくないと思えた先日10月3日のK-1 MAX決勝戦ですら、11%前後の視聴率しか稼げなかったと聞く。

もう確実に時代は冷えてきているのだ。

それでも格闘技を愛し、このスポーツを愛する事が出来る人だけがこのフィールドに残れば良い。もうバブルは当分結構。

みなそれぞれのフィールドに戻って、冬の準備をしよう。
足下を見つめ、もう一度自分たちの原点にもどって、作り出す行為に戻ろう。

団体の垣根を立て直し、その内側で着実に育つ若い芽を育むべき時が来たのだ。それでいいと思う。そうでなければならないとも思う。

さらばPRIDE、さらば格闘技バブル。
そして、ようこそ冬の時代。
それでも僕はこのフィールド、このスポーツをまだ愛している。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。