「パリは燃えているか?」

ナチスドイツの敗色が濃厚となった第二次大戦末期、ヒトラーは連合軍侵攻に際して、パリ占領司令官コルティッツ将軍にパリ焼き討ちを命じた。狭量なこの独裁者は、自らのヨーロッパ制圧の象徴でもあったその街を敵に奪われるぐらいなら、灰燼に帰せよと命じたのだという。もしコルティッツがその命令に従っていたら、紀元前に遡るという歴史都市パリの時間ははそこで一度分断されていたことになる。(ラピエール&コリンズ『パリは燃えているか』)

今回、パリで行われたK-1 GPを観戦しがら、ふと僕はそんな故事を思い出していた。

最近、競技性重視の路線を打ち出し、ようやく“モンスター路線”(実力の見込めない大型選手を、話題性本意で起用した2003年前後のK-1のプロデュース手法)から、本来のキック競技としての方向性を取り戻しつつあるように見えるK-1WORLD GP。今回のパリ大会では、その競技性復活の証とも言える充実したトーナメントが開催された。これまで実力者としての認知が高かったにも関わらず、なかなか日の当たる事のなかったセーム・シュルトが三試合を勝ち抜き、遂にGP本戦への切符を掴んだ事は、ファンとして非常に喜ばしい結果でもあった。

だが、一方で、この大会にはまだ“モンスター路線”の残滓が残されてた。メインイベントのトーナメント決勝戦に先立って行われた、第八試合・シリル・アビディVSジェロム・レ・バンナのワンマッチがそれだ。一見、GP常連同志のご当地対決であり、本来なら“モンスター路線”と揶揄されるような要素は見当たらないカードだ。しかし、僕にはこの一見競技的マッチメイクの下に隠された、「見せ物本意」の意図が気になってならなかった。

まるで、それは“正常化”を目指すK-1の現在の方向性を、再びあらぬ方向に吹き飛ばしかねない時限爆弾のような要素を秘めているように見えたからだ。


パリK-1でのバンナとベルナルド
突如勃発したフランス人選手二人の遺恨対決。
一昨年(2003)の6 月、恒例となったK-1パリ大会終了後のリングでは、一つの騒動が勃発していた。大会フィナーレの為にリングに全選手が登って、ファンの喝采を受けている最中に、シリル・アビディがジェロム・レ・バンナに殴り掛かるというアクシデントが起きたのである。同じフランス出身でライバル意識の強い両者の間では、それまでもメディアを通じてお互いを中傷し合う事が続いており、その沸点が事もあろうに地元大会のリングで爆発したということらしい。

この遺恨はさらに続き、今年フランスで開催されたとあるローカル大会では、ついに両者が実際に取っ組み合いの喧嘩を繰り広げたという。このとき、バンナはなんとこのノールールファイトで失神。K-1のトップファイターとしての面目を多いに失するハメに陥ったという。

今回大会に、両者の対決がマッチメイクされたは、そうした対立の構図をリングで実際にファンに見せて興行人気を煽ろうという意図があったとしか思えない。正直、スポーツとして、競技としてのK-1をアピールしたいなら、こんなマッチメイクは必要ないと、僕は思ったし、その荒涼とした商業主義のあざとさに、冒頭のヒトラーの台詞をふと思い出してしまったのである。

無論、地上波のTV放映を軸にしたイベント運営である以上、そうしたスキャンダリズムを持ち込むのは当然という声もあるだろう。競技に徹して、つまらない“お綺麗な試合”ばかりを延々と見せられて、お茶の間のファンにチャンネルを変えられたら、おしまいではないかと。

実際、今回アンダーカードとして行われた、トーナメントはその“お綺麗な競技マッチ”の典型であったことは否めない。意地と意地で火花が飛び散るような様相を呈した、アビディvsバンナ戦が残した強烈な印象に比べれば、遥かに影が薄い。事実、試合内容だけいえば、この試合は素晴らしかったし、その事までは否定しようとは思わない。

モンスター路線は死んではいなかったのか?

だが、あえて“綺麗事”を貫いて主張しておきたい部分がある。

思い出しても見て欲しい。かつてファンから総スカンを食った「K-1モンスター路線」は、結局視聴率最優先主義の産物である。この戦略が打ち出された2003年当時は、脱税問題で経営トップを退いた初代プロデューサー石井和義氏から、格闘技評論家である谷川貞治氏にイベント運営がバトンタッチされたばかりの時期であった。

石井氏がそれまで打ち出して来たK-1運営方法は、まず先に理念ありきで、壮大なビジョンを打ち上げ、経済的にもコンテンツ的にもそれに当てはまる要素を、その卓越した交渉力でかき集めて行く、ある種の理想主義的側面を持った物だった。したがってファンは、石井氏のぶちあげる「夢のプラン」に安心して酔っていればよかったような面がある。

一方、その後継者に指名された谷川氏は、長年“傍観者”として格闘技ビジネスを観察して来た人で、石井氏のようなハッタリも豪腕のネゴシエーション技術もない。むしろ石井氏が一代で作り上げたK-1ブランドとコネクションを如何に維持し、磨き上げるかがテーマになっていたのだと思う。彼がその方法論として選び取ったのは、徹底した現実路線であった。

“地上波TV中継で試合を見るファンは格闘技に詳しい人間ばかりではない。もっと判りやすいインパクトのある『事件』や『キャラクター』を投入して、一般ファンを取り込もう”という、ある意味ファンを見下した“経営判断”が「モンスター路線」として結実したわけである。視聴率的には確かに数値は残った。スポーツコンテンツとしてクリアな競技運営を望んだフジテレビや日本テレビとの軋轢も生んだようだが、一方ではTBSとのコラボレーションによるMAXやDynamite!!という大ヒット商品も出たわけで、とりあえず“k-1経営者・谷川貞治”としての評価は定まった感がある。

だが、こと、格闘技最前線にあっては、コアなファンの反発を生み、大看板である「K-1 World GP」に対する、シビアなバッシングが生まれた。本来、このコア層を相手に編集者/評論家として活動して来た谷川氏としては、内心忸怩たる物があったのではないだろうか。今年に入って、「K-1 World GP」のブランド力回復のために、曖昧な判定を排除し、公正な競技運営を目指すと言うアナウンスが出され、そのトレードマークも「白/黒」を明快にするという意味を込めたモノトーンの新CIに切り替えられる事になったわけだ。

かくして今、K-1が競技へ回帰してファンの信頼を取り戻そうというのであれば、もっと神経質に競技性を重んじた運営を行い、それを楽しんでくれる「ホンモノのファン」を育てて行く時期なのではないのかと思う。その意味で、僕もさらに現場を見つめる目に、シビアさをくわえようと思っている。

例えば、他のスポーツジャンルで、私生活の遺恨をテーマに試合が組まれる例があるだろうか? 仮に巨人の打者某と、阪神の投手某が私生活で犬猿の仲であるとして、ことさらに巨人阪神戦がリーグ戦のスケジュールを差し置いて開催されたり、またその両選手の対決が投手ローテーションやレギュラー編成を無視した形で実現するように、球団が働きかけたり、そんなことがあり得るだろうか?

野球だから? いやサッカーでも、ゴルフでも、同じ格闘技のボクシングであってすら、まずあり得まい。

競技としてのスポーツがビジネスとなり、粛々とその“内容”が売られている世界ではそんな事は起こりえないのだ。一選手のエゴや、選手のスキャンダルが、競技運営に作用し、またファンがそれを面白がるなどという事があるわけもないし、あってはならない。

それが正しいプロスポーツの有り様というものであろう。

例えば、それが“たまたま”リーグ運営中の一対決の中で、普通の用兵上実現してしまったなら仕方が無いし、ファンもそれを楽しめばいい。マスコミが、遺恨対決を煽るのも、決して悪い事ではあるまい。

だが、その大前提にあるのは、競技の運営軸が揺らいでいない事、それに尽きる。

誰と誰が仲が良かろうが悪かろうが、試合は全ての選手に公平に組まれ、プロフェッショナルの技術を提供する事で、興行がきちんと成立していること。

バンナとアビディに遺恨があり、それがイベントの話題性に寄与しそうだと思っても、そこでイベンターが考えるべきことは、“競技運営の連続性の中で実現しそうか?”ということだと思う。

トーナメント三勝=ワンマッチ一勝?

今回のケースで言えば、確かに両者の出身国であるフランスでのカード実現は確かに“美味しい”。だが、それならばなぜ、彼らのカードをGP一回戦に組まなかったのだろう。

バンナとアビディは、昨年のGPではともに開幕戦で敗れベスト16止まりだった。(東京ドームでリザーブマッチを闘った)。

今年の>GPのレギュレーションにしたがうなら、世界6カ所で行われる世界予選から勝ち上がって来なければならない立場だ。ワンマッチにする必要は全く無いのである。にもかかわらず、このカードは「特別扱い」となった。

それも、勝者には主催者推薦でGP一回戦に進出する権利が与えられるという条件まで付けられたというから驚きだ。

要するに、それだけの“餌”が無ければ、両者共に闘う気がなかったのではないかとも思われる。それはそうだろう。アビディにすれば「一回ケリがついた喧嘩」であり、バンナにしても「一回負けた喧嘩」である。リベンジを望む気持ちがあるとしても、お膝元で再度遅れを取ったら、生涯アビディには頭が上がらないことになる。

本来、両者にとって決して得とは言えない戦いである。

それを無理矢理成立させたのは、やはり主催者のエゴであったであろうし、本来トーナメント三勝とワンマッチの一勝をイコールで設定してしまった段階で、「競技性軽視」と言われても仕方があるまい。

当然、それだけ条件を絞り込まれれば、選手の方も逃げる訳にも行かないし、必死で闘うしかない。事実終盤、幾らパンチを浴びても倒れなかったアビディの執念は、この逃げ場のない舞台設定から生み出されたものではなかっただろうか。

観客はその姿に興奮し、確かにパリの夜は炎上した。

華麗に燃え上がったそのエネルギーは、当面K-1の興行人気を支えるだろう。しかし、焼き畑農業が土地本来の地力を奪うように、人工的に作り出された「見せ物」の興奮は、確実に「競技」としてのK-1を蝕む要素として残る。本来競技の感動でファンを育てるべき地盤に、過剰な「見せ物」の刺激が投入され続ける限り、土地は本来の力を失い、競技性はやせ細って行くだろう。

その意味で、「K-1モンスター路線」の汚染は、まだ消えていないと僕は感じた。ナチスドイツの専横がパリを焼き尽くそうと目論んだように、多くのファンを魅了して来たK-1の競技性が、灰燼と消されるようなことがあってはならない。


【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。