【第一回】UFCデビュー戦 怪人キモと遭遇
【第二回】究極の死闘 バス・ルッテン戦
【第三回】UFCサーカスと鉄人クートゥア

トップコンテンダーとして母国へ

高阪剛
ヒーゾ撃破がトップ戦線生き残りの絶対命題だったUFC-J'99だが…
話はクートゥアのUFC復帰より約一年前に遡る。壮絶を極めたバス・ルッテンとの一戦からほぼ一年、高阪には再度UFC王座挑戦への前哨戦が準備された。二度目のhttp://www.boutreview.com/report/ufc/99/1114/6.html
>UFC-J
(99年11月)のメインイベントとしてペドロ・ヒーゾとの対戦がマッチメイクされたのだ。

当時、UFCの王座戦線は結構錯綜していた。
まず高阪を破ってトップコンテンダーに躍り出たのはルッテンだった。5月のUFC20でケビン・ランデルマンと対戦、見事ヘビー級王座を射止めたものの、練習中に右肩の二頭筋を断裂、王座を返上していた。したがってケビン・ランデルマンとピート・ウィリアムスの一戦が次期王者決定戦として行われることになっていた。本来、ルッテンとのデッドヒートを演じ、ピートにはすでに勝利している高阪が、トップコンテンダーに来なければならないところだが、キャラクター的に突出したものを持つケビンの王座奪取を期待したUFCの“政治的配慮”が匂うマッチメイクによって、高阪は王座挑戦から一歩遠ざけられたのであった。(また、ランデルマンは、ルッテンとの一戦の判定を不服として、一時は引退騒ぎを起こしたりしており、その時の“借り”を返す意味でもUFCは高阪やヒーゾより比較的安全パイであったピートを抜擢するという方法をとったようだ。)

対戦者のヒーゾはルタ・リーブリの雄マルコ・ファスの一番弟子で、オランダドージョー・チャクリキでの打撃修行も経験。その縁でピーター・アーツのスパーリングパートナーも務め、当時の総合の選手としては珍しくK-1にも参戦した経験も持つストライカータイプの選手。UFC参戦後はマーク・コールマンやタンク・アボットといった強豪を相次いで撃破、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いがあった。下手をすれば、ランデルマンより危険な対戦相手である。

前々回のルッテン戦でストライカーに対する脆さを露呈した高阪としては、ここで絶対名誉挽回しておかなければいけない場面であった。まして母国での初ケージ戦ということもあり、この二年自分がUFCで闘って来た成果を見せなければならない。

この日のセコンドの顔ぶれを見るだけで、当時高阪に賭けられた期待の大きさを伺う事ができる。UFC参戦の先達であるエンセン井上、正道会館を離脱したばかりの佐竹雅昭、そしてリングスの同僚である金原弘光、そしてアライアンスの盟友モーリス・スミスが、高阪の王座取りへのシフトをがっちりサポートしていたのである。

対戦前、「作戦的には、グランドに持っていき、そこで勝負を決めたい。今回より一部ルール改正で、グランドでの膠着も止めないので自分にとっては、有利になると思います。」と高阪は語っており、ルッテン戦での反省をふまえて、やはり自分の得意のフィールドであるグラウンドで勝負をつけようという作戦だったようだ。

不幸が重なった日本凱旋試合

だが、勝負は厳しい展開となった。
序盤、ヒーゾの強烈きわまりないローの権勢で、なかなか組みの間合いに入れない高阪は、作戦通りに試合を進める事ができなかったのである。一口にストライカーとは言うものの、ヒーゾはマルコ・ファス門下でグラウンド技術にも長じているマルチタイプ。むしろ一芸名人のルッテンより手強いとも言える。

なかなかタックルに入れない高阪は、ヒーゾの間合いで距離を詰められてしまう。グラップラー出身選手の欠点として、どうしても顔面のガードが甘くなる癖が抜けていなかったこともあり、ジャブで顔面を撃たれ、ローで下半身を崩される一方的な劣勢が続く。最終ラウンドには、ついにヒーゾが一気に勝負に出てくる。ワンツーでの突進をモロに顔面にもらった高阪は、タックルでなんとか劣勢挽回に出ようとしただが、そこにカウンターのアッパーを浴びて撃沈。そのままレフェリーストップが宣告されたのだった。

凱旋試合はまったくいいところなしのままに終わった。
さらに悪い事に、この大会の楽屋裏では、高阪の師前田日明がかつての同僚安生洋二に、物陰からの襲撃を受けて意識を失うという“事件”が発生。すっかりマスコミの目は、プロレス的色合いのこの事件に奪われ、世界メジャーの頂点を争う日本人選手の母国での凱旋試合、というこの大会の歴史的意義を看過してしまったのである。

当時UFCを運営していたSEGは、日本市場での展開に大きな疑問を感じたであろうし、高阪の背景にある前田リングスの複雑な因縁の構図(実際は高阪には一切関係ないUWF時代の問題でしかないのだが)への不安、そして、もちろんヒーゾ戦で見せた高阪自身の試合内容の煮え切らなさも加えて、彼をトップコンテンダーとは見なさなくなってしまったのである。

世界の檜舞台での連敗

さて、この後UFCのトップ戦線を離れた高阪は、一年間リングス内部での戦いに専念することになる。UFCでの敗戦の傷を癒す間もなく、早速一ヶ月後の12月22日には新ルールKOKトーナメントの一回戦として、クリストファー・ヘイズマンと対戦。なんとか判定でヘイズマンを退けたものの、翌月の二回戦では天敵ギルバート・アイブルの天衣無縫なストライキングの嵐にわずか1分17秒で流血レフェリーストップとなる黒星を喫する。

これまで“魅せる戦い”を主に闘って来たホームリング・リングスの内部にも、KOKルール導入によって一気に世界トップ水準の競争原理が持ち込まれ、なまはんかな事では勝利が得られない状況となってきたのであった。

それまで“格闘技はゲーム”という理念を掲げ、己が技術と頭脳でUFCという世界の最前線に参入していった高阪だが、問答無用の西欧のパワーファイター達との戦いのなかで、その理念の限界を迎えつつあったのかもしれない。

翌年のクートゥアとの対戦までリングスでのKOKマッチに専念した高阪が、再び世界トップとの戦いに乗り出していったのは2001年4月のこと。高阪はUFCに勝るとも劣らない、世界的ビッグイベントの舞台を踏むことになる。

格闘技好きで知られる大富豪、アラブ首長国連邦アブダビ王国のシェイク・タハヌーン王子主催の第4回サブミッションレスリング世界選手権(通称・アブダビコンバット)に、推薦選手として招聘されたのである。

この大会は名称からも判るとおり総合格闘技の大会ではないが、柔術や総合格闘技のトップスターを世界から集めた“通好み”のサブミッショントーナメント。賞金も多額だが、結果が残らなくても王子のお眼鏡にかなえばポケットマネーでポンと“お小遣い”が手渡される、まさに「タハヌーン王子による、王子のための」プライベートな御前試合。普段総合で常に怪我の危険やギャラの苦労に晒されている選手達にとっては恵みの泉のような大会でもあり、ビッグネームの選手が続々参戦する事で知られている。

高阪の推薦はUFCでの知名度もあったが、主にはKOKルールを採用し世界でも新勢力として認知が進んだリングス所属と言う要素も大きかったようだ。いわゆる予選枠を免除された形で、同僚の田村潔司とともにこの舞台への出場権を得ることになる。

だが、そこで高阪を待っていたのは、98キロ級一回戦で、彼のグレイシー一族でも最強といわれた故ホーウスの遺子で身長193センチの巨体を誇るホーレス・グレイシーに判定2-5で敗退、そして無差別級でもジアン・マチャドに腕十字での一本負けという過酷な結果であった。

この時87キロ級で優勝した菊田早苗は「寝技世界一」のキャッチフレーズを我が者とし、パンクラスでの存在感をさらに高めている。その対照をおもしろおかしく囃し立てる専門誌によって、同じく一回戦で敗退した田村とともに“オールドドッグ(時代遅れ)”とまで書かれた。

その書き様の妥当性はともかく、再起を期して挑んだ6月のリングス内部のヘビー級王座トーナメントでもレナート・ババルに敗退、世界最前線で高阪の歩む道は確実に狭まっていっていた。

(続く)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。