【第一回】総合格闘技は、古代オリンピックの花形だった
【第二回】オリンピックを目指す世界の新格闘団体たち

日本初のアマ総合は八角型のマットを舞台に

日本の格闘技業界において、現在もっとも整備されたアマチュア総合格闘技運営を行っているのは、日本修斗協会であろう。

彼等はプロアマ問わず「修斗」というスポーツをきちんと社会に普及させることを目的にしており、ルール統括を行うコミッションと、運営をおこなう協会を分離。さらにプロ興行を行うプロモーターによる「三権分立」を提唱して、プロ興行だけに頼らない、ボクシング型の競技運営を行っている

本来一般のプロスポーツでは、競技統括組織(コミッション)と商業的運営組織が別個になるのが当たり前のことである。しかし、日本における「総合格闘技」は1980年代後半に盛り上がったUWF系のプロレスから派生する形で、なし崩しに競技化が進んだという経緯があり、未だにコミッション組織を持たない団体がほとんどである。明快な競技デザインや進歩の方向性が定まらないまま、日々のイベント運営を優先した結果であろう。プロレスとの線引きも長らく曖昧にされたままであった事も混乱に輪をかける結果になった。

だが、佐山聡という理論家によって創成された修斗は、まずプロではなくアマチュア養成からスタートしている。

自らが歩んだプロ組織内部での矛盾を、修斗には背負わせまいとする意志の現れであろう。1984年新日本プロレスを離脱してプロレスラーとしての活動を中断した佐山は、まず世田谷区にスーパータイガージムを開設。全く新しい格闘技である「シューティング(修斗)」の担い手を、アマチュアから育成することに全力を注いでいる。

その後、格闘技エッセンスの強いUWFに一時的に現役復帰して、UWFの所属選手を中心にシューティングを発展させようと考えた時期もあったようだが、プロレス経験者に純粋なスポーツ競技化を強いるほどの強いリーダーシップは発揮できず、結局佐山一人がUWFを去る結果に終わっている。

しかし、この離脱が長い目で見ると好結果を生むことになった。
佐山の育成した純潔のアマチュアだけで、修斗という競技がスタートすることになったからだ。またそこで佐山が取った戦略もすばらしかった。従来のプロレス方式で、彼等をプロとしていきなりリングにあげるのではなく、「プロ化前提のアマチュア大会」という、当時としては相当画期的な方法で世に出したのであった。

まずアマチュア育成からスタートした修斗

かくて1986年6月30日、おそらく日本初の総合格闘技アマチュア大会「第一回プリシュータートーナメント」が後楽園ホールで開催されることになったのである。既に体重制を取り入れ6階級からなるクラス分けを導入。後にUFCが採用したオクタゴンを先取りした発想として語り種となる八角型のマットを導入、顔面には顔面保護の透明マスクを着用するなど、新しい格闘技をデザインしようとする工夫がいくつも行われていた。

また翌年3月にはプロ活動開始に先駆けて現コミッションの原形となる「修斗協会」が発足。当時自民党の有力議員であった安倍晋太郎氏を最高顧問に迎えるなど、ボクシングにも劣らない競技を目指そうとした佐山の意識の高さが伺える。5月の第二回アマチュア大会「プリ・シューティング・セカンド・クール」には掌底に代わる顔面打撃の手段として、オープンフィンガーと八角型のリングが導入。競技デザインが非常に明確になった。以降、プリ・シューティング7大会を開催して(内二大会はマスコミ非公開)、年末には12人の選手がプロ認定(当時の用語では「修士」)を受け、修斗はプロを中心とした体制をようやく整えることになった。

修斗がプロ興行旗揚げを果たしたのは89年5月18日のこと。これによってプリ・シューティングは役割を終えた。以降アマチュア大会は、後楽園を使用するようなスタイルでは無くなるが、その後も中井裕樹ら“第三世代”と呼ばれるシューターを次々発掘、修斗の基盤を支える基盤となる。

さらに94年6月には、町田市総合体育館でついに「全日本」を冠せられた大々的なアマチュア大会がスタート。この大会に参加した佐藤ルミナ、巽宇宙らが、後にプロ修斗のブレイクを支える人材として羽ばたいていく。

アマチュア=プロオーディションの構図

ここで注目してほしいのは、“修斗にとってのアマチュアの有り様”である。全く新しいプロスポーツの立ち上げという目的で、「アマチュア=プロ予備軍」という構図がこの段階からきっちりと組みあげられているということなのである。

ズバリ言えば「アマチュア大会=プロオーディション」の構図なのである。これは修斗の後発でスタートしたJTC(Japan Total Fight Championship)にしても構図は同じである。

JTCでは、上記の「活動理念」で記した通り、現在曖昧な傾向にあるアマチュアとプロの境を明確にし、本大会にて活躍した選手がプロ選手として活躍できるようなシステムを構築することを重要な課題として捉えております。


と謳われている通り、この大会をプロセレクションとして、パンクラスや慧舟会主催のDEMOLITEION、DEEPといった興行の戦力として選手が吸い上げられていく構図が出来上がっている。

確かにアマチュアを最底辺に置いて、プロを頂点とするピラミッドを組上げていく構図は、野球やサッカーなどメジャースポーツでもお馴染みの構図である。学校体育やクラブ活動にも波及しているこれらの球技は、有能な才能をスカウティングする上で非常に効果を発揮している。

だが、そこまでの裾野の広がりを持たない格闘技の場合、“プロ志向”のないアマチュアシーンが置き去りにされる現実が残る。野球やサッカーが公汎な競技の普及を果たしたのは、プロ以外でも競技を楽しむ何万という“草競技者”の広がりを背景にしているからであり、また“プレーするド素人”がたくさん居るからこそ、高度な技術の競り合いが商品となる構図をつくり出してもいるのだ。野球やサッカーに限らず、全てのスポーツはこうしたアマチュアスポーツの裾野の広がりをもって、初めて社会にも認知を受ける物となるのではないか。

特に、オリンピックとはそのアマチュア精神の頂点にたつイベントであり、その世界観のなかに組み込まれることで、今の格闘技界にはないより一般的な広がりが生まれる可能性を、本稿ではさらに探っていきたい。

【最終回】
プロに直結しない総合格闘技の砦・大道塾
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。