「投」の技術を葬り去った「受け身」という究極ディフェンス

余談だが、僕もこの受け身という技術の凄さは身を持って経験したことがある。

実は僕自身の話なのだが、中学時代体育の授業でたまたま柔道部の顧問が柔道を担当したため、死ぬ程受け身を叩き込まれているのである。当時は「こんなモン身に付けて何になるよ」と大いに反発した物だが、その蓄積のおかげで命びろいしたのだ。

去年大阪で開催されたDEEPの取材中の話、大会最後の全選手集合写真を撮影中、つるっと足元が滑って頭からリング下に転落したのである。エプロンサイドに立った状態で背中から落ちたわけで、頭部はそれこそ約2メートル以上の高さを落下している。素直に床に頭を打ち付けていたら、失神ぐらいでは済まなかったかもしれない。

だが、肉体に刻まれた動きと言うのは凄いもので、僕は着地の瞬間、反射的にリング下の床を叩き、首を丸めた「肩口受け身」を取っていたのだ。

自分でも驚くぐらい全くの無傷であった。さすがにあまりの無傷ぶりに、あのスパルタ教師を見直す気になったぐらいである。ただし、胸元に抱えていた一眼レフのレンズは根元からぽっきり折れ、五万円也の損傷。
正直、こちらの出費の方が遥かに痛かった。

閑話休題。

早い話、アローナの失神はランペイジの投げが原因ではないということを言いたかったのである。かつてランペイジはバックドロップでで佐竹雅昭の頭蓋骨を陥没させたことがある。今回のケースでも、その記憶があるためにアローナの失神KOという構図がすんなり通ってしまったわけだが、佐竹とアローナでは身に付けた技術体系があまりに違いすぎる。

投げを含まない空手/キックの競技者であった佐竹は、当然、実戦レベルの受け身の技術は持っていない。一方、アローナは柔術黒帯の選手着地時である。較べるほうがおかしいぐらいの差がそこには存在する。


PRIDE
まさかのバックドロップ。佐竹はこの時のダメージで引退を余儀なくされた。
実際、ランペイジに投げられたシーンを見てみればわかるが、佐竹はパニックからか(あるいは上からロックされたか)胸の辺りで自分の腕を縮めてしまっている。手がこの状態では受け身は取れない。結局、おもちゃの人形のように頭からマット落とされた佐竹と、きちんと落下地点を見据え、鮮やかに右手でマットを叩き、さらに柔らかい首肩のクッションで頭部落下のショックをカバーしているアローナとでは、まったく対処が違うのである。

当然、バッティングの事実が認められれば、この一戦はノーコンテスト相当が妥当であろう。形の上ではパワーボムでのフィニッシュになっていても、結局勝負を決めたのはランペイジの頭突きなのだから。ルールに明確に刻まれた反則事項で勝負が決るということは、通常のスポーツ競技ではあってはならない事態だ。

しかし、大会から10日、未だこの決着について物議が醸されたという話は聞かない。なにしろ会場では、PRIDE審判団は元より、榊原信行DSE社長もこの結果を「ジャクソンは次にタイトルに挑戦するのにふさわしい、見事な戦いだった」と評価して、公式にランペイジの勝利として処理しているのである。このまま、秋にはランペイジのミドル級王座挑戦が実現してしまいそうな気配だ。

“神の手反則”なのか、それともノーコンテストか?

かつてPRIDEでは、桜庭和志とニーノ・エルビス・シェンブリの初対戦で、試合中に発生したバッティングを反則裁定を下さなかった過去がある。(この試合の再戦が同大会の第一試合として行われていたのも、何か皮肉というか、不思議な因縁を感じる。)

この件に関して、僕はむしろその直前にモンゴリアンチョップという“遊び技”を繰りだした桜庭のミスであるという視点に立っており、“反則勝ち”を主張して桜庭を擁護した一部マスコミの論調に対して「桜庭の反則勝ちではない」という論陣を張った。その時の主張はこうだ。

メジャースポーツであるサッカーでも、アクシデント的反則を“流す”ことはしばしば見られる。特に有名なのはやはり86年のメキシコワールドカップ決勝で、ヘディングでキーパーとボールを競っていたアルゼンチン代表のマラドーナが、飛び上がった勢いのまま手でボールに触れてゴールを決めた“神の手”事件だろう。これにしても、チャンスのタイミングを掴んだマラドーナの“紙一重”の反則を、「見込み一本」で認めた例である。

かように、ニーノの反則は「どちらが勝機を掴んでいたか」で判定すべき内容だと僕は感じた。そこまでの展開で九割試合を支配していたのは確かに桜庭だが、ゴール前でシュートすべき瞬間にパフォーマンスに走ってボールを失ったのは誰か? 格闘技とはそうした「際の際」を争う紙一重のゲームであることを考えれば、やはりこの勝利はニーノのものであると僕は思う。


だが、同じヘッドバットの反則でも、今回のケースはまた逆だ。
今回、ゴール前でボールを蹴り込もうとしていたのは、あくまでアローナであり、ランペイジではない。上に挙げたマラドーナのプレーにならって言うなら、ゴール前に攻め込んだマラドーナの頭に、キーパーがヘッドバットを見舞ってボールを奪ったようなものではないだろうか。

それが故意であろうがなかろうが、試合の流れに沿わない反則を“流し”で処理してしまっていいのかという点を問うべきだろう。【「際の際」を争う紙一重のゲーム】という視点から言っても、パワーボムを受け身で凌いで、最後の切り返しを狙っていたアローナの“優位”を無視は出来ない気がする。

悲しいかな当事者のアローナならびにブラジリアントップチームからも抗議の声はあがっておらず、裁定が覆る気配は全く無い。アローナ自身は失神直後の事でもあり、恐らく最後の頭突きの瞬間の事など覚えてはいまい。アローナの容態が最大の関心事だったであろうセコンド陣も、ランペイジの額の傷の意味に想像力を働かせる精神状態ではなかったのは容易に想像が付く。

ただ、疑問なのは試合直後に至近距離でランペイジの額の流血をチェックしたはずのドクターや審判団が、一切その状況の不自然さを指摘していないことである。瞬間の判断の誤りなら、まあ誰にでもあることだが、仮にも格闘技の専門家である彼らが、試合後の数分で、この“事故”の性質に気づかないとはとても思えないのだ。“神のヘッドバット”を産んだの背景に「会場は一発逆転で盛り上がったんだから、誰も文句が無いなら水差さなくてもイイじゃん?」といった気分が横たわっているとしたら、そんな情けないことはない。

ましてこの一戦は団体の象徴であるタイトルの行方を決める分岐点だったわけで、この結果が公式記録として独り歩きしていくのは非常に残念であると思う。現在格闘技界のリードオフマンとして君臨する立場のPRIDEだけに、こうした一見些細な競技面の問題にも神経を行き渡らせた、観客に真のカタルシスを提供する舞台となって欲しいものだ。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。