▼【猪木祭三分裂を徹底検証/関連インデックス】
・「大晦日3大興行激突!」 (上)(下)
・(3)Dynamite!!編「サップvs曙戦は世間に届くか」
・(5) イノキボンバイエ2003編「IB派の野望と業界地図の変化」


"PRIDE SPECIAL 男祭り2003"
2003年12月31日(水) 埼玉・さいたまスーパーアリーナ
放映:フジテレビ系列

【PRIDE男祭の注目カード3試合はこれだ】

>第8試合 1R10分・2R/3R5分
近藤有己(日本/パンクラスism)
マリオ・スペーヒー(ブラジル/ブラジリアン・トップチーム)

第5試合 特別ルール 10分2R
吉田秀彦(日本/吉田道場)
ホイス・グレイシー(ブラジル/チーム・ホイス)

第1試合 1R10分・2R/3R5分
美濃輪育久(日本/フリー)
クイントン・“ランペイジ”・ジャクソン(米国/チーム・オーヤマ)


→試合結果はこちら

■PRIDE男祭り:マッチメイクの意図はこう読め

K-1との冷戦構造発生によって、PRIDE内部も大きな変化が生まれた。

これまで石井館長の肝いりでマッチメイクや、大会運営のアイディアを提供してきた谷川氏、柳澤氏らローデスからの出向ブレーンが撤退。代わってそのポジションを得たのが、「紙のプロレス」の編集長でもある山口日昇氏であった。

高田統括本部長と親しい交流を持つ山口氏は、影のプランナーとして「高田の男劇場」などのギミック演出を支えるようになり、今回の「男祭り」でも、一見スマートなPRIDEのイメージに反するようなネーミングを与え、逆にその違和感を賦活剤とする流れを作りだしてきた。実際、UWFに深い思い入れを抱く山口氏のセンスがなければ、桜庭vs 田村というカード発案もなかったにちがいない。

実際、UWFインター末期にイズムの有り様を巡って内部で孤立、結局キングダムに参戦しないままRINGSに移籍していった田村を、インター関係者は快く思っていない。当時新人で、田村のイズムには共鳴をしめしていたとは言え、今やPRIDEのトップスターとなった桜庭を、あえてその先輩と闘わせるこのマッチメイクは、関係者の入り組んだ心情を思うに、ほとんど成立しえないカードだったとも言える。

「過去と未来を繋ぐ」というキーワードを持ちだして、あくまでこの一戦にこだわったDSEだが、両者の技術的方向性、指向性の違いからみても、今ワンマッチで実現という方法論が正しかったかどうかは疑問だ。

しろ、現在中量クラスでもっとも活きのいい活躍をみせる、パンクラスの近藤有己やブラジリアントップチームでの武者修行を経た美能輪育久らを獲得した事の方が、「旬の選手を集めて最良のカードを提供する」というPRIDE本来の存在価値に合致するように思える。

社会的、一般的話題の煽りは吉田に任せて、彼らニューパワーの台頭を印象づけたほうが“普段着のPRIDE”をお茶の間に印象づけることになったような気がしてならない。実際、吉田はここ一年のPRIDEフル参戦によって、PRIDEの顔として十分ピン立ちできる存在となっており、あえて故障を抱えた桜庭や田村のゲスト参戦を仰ぐより、ホイスとの最終決着戦に全ての人の興味が集まるような演出方法はなかったのか?という疑問が残る。

ただ、格闘技的には最も“丹精”なラインナップを揃えたのはお見事であり、その意味ではこの大会がどこまでファンに支持されるどうかで、格闘技ブームが一過性のものでしかなかったのか、あるいはメジャースポーツとして本格的に日本に根付くかの評価が下されるといっても、過言ではあるまい。