パンクラスの8/30両国大会は、幾つものドラマを生むことになった。
中でも元UFCヘビー級王者ジョシュ・バーネットを対戦者に迎えた、第11代無差別級王者決定戦に挑んだ近藤有己の戦いは、敗れたとはいえ、圧倒的な対格差をものともしない果敢さで大いに話題を呼んだ。

ジョシュに持ち去られたベルトの追撃戦には、当日リングサイドの放送席に陣取っていた高橋義生がスクランブル出撃を宣言し、10月13日の新日本プロレス「アルティメット・クラッシュ」でのタイトルマッチが行われる事になった。

だが、敗れた近藤にすれば、それで一件落着とはいかない。
対戦直後のインタビュウでも早々に「このままじゃ終われないですね。向こう(新日本)に上がるつもりです」と自らの失地回復を宣言している。
11月には再び両国という大舞台で菊田戦という大一番を迎えることになった近藤だが、その後には再び新日出撃も噂されており、筆者の入手した情報では、迎え撃つ新日側の選手として、一発目から対抗戦のキーになりそうな名前が挙がっている模様である。

一端はジョシュのベルト奪取成功で、対抗戦の蚊帳の外に押しだされたかに見えた近藤だが、どっこい、まだ格闘技の神は近藤を見放してはいないようなのだ。

また、近藤にとって、新日本プロレスは未だ見ぬルーツの地でもある。
船木、鈴木というパンクラスの創始者二人を産んだ場所。そこにパンクラスismの正統の後継者である近藤が挑むという構図は、非常に興味深い。

UWFという運動体はこれまで、二度、新日逆流入現象を起こしている。
一度目は第一期UWFの崩壊に伴う前田、高田、藤原といったメンバーの出戻りで、そのとき代表としてマイクを取った前田は「これまでのUWFの一年間が何であったか、確かめるために戻ってきました」と、Uと新日の思想戦であることを明快にえぐった名文句でファンに自分たちの立ち位置を明快にして、前田達は認知度を上げた。この一言を軸に「新日のマットの上でUWFを見せる」事に成功したわけで、その数年後に派生した第二期UWFの独立の原点を作ったといえるだろう。

続く二度目は、高田率いるUインター勢の「対抗戦」だが、こちらは顔ぶれの新鮮さだけで成立したようなものであり、両者の力関係が興行に影を落とす形で、特にイデオロギー闘争にもならず、次第に刺激が薄れると共に収束。Uインターはそのまま、自主興行でも失速していくことになる

今回のパンクラスVS新日の構図がどちらに当てはまるかはわからない。ただ、前田なり高田なりの“船頭”立場に今立っているのは、間違えなく近藤だ。近藤の戦いや言動一つが、この対抗戦に意味を与えるか失わせるかを握っている。彼がファンに何を見せて行くのかによって、パンクラスの今後の浮沈が賭かっているといっても過言ではない。

ただ、新日の道場で汗を流した前田・高田らとは違って、近藤にとって新日本は三代前の「遠い祖国」でしかない。UWFという先代の記憶すら直接には持たない彼の立ち位置は、あたかもブラジルやハワイの移民三世のようなものなのかもしれない。バックtoルーツの実感すらあまり無いだろう彼にとって、そのテーマは自らがその故国の土地を踏み、その第一歩から探しだす以外にないのかもしれない。
そもそも近藤という選手は、パンクラスの10年が生んだ一つの集大成である。

団体の創始者である船木誠勝がもっとも手塩に掛け、そして慈しんだハイブリッドレスリングの寵児。第一期生の中で最初にKOPのベルトを腰に巻き、そして船木の最後の舞台となったコロシアム2000では、第一試合でヒクソンの弟子を膝蹴り一発に沈めるという快挙を成し遂げてもいる。ある意味、船木があの日引退を決めることが出来たのは、近藤がそこに居たからだったからかもしれない。

その近藤が特にその真価を発揮しはじめたのは船木が消えた後、パンクラスが世界標準ルールであるVTに照準を絞ってからだ。果敢にUFCに挑戦し、無敵の浮沈チャンピオンのティト・オーティスの後塵は拝したものの、世界レベルで通用する選手がまだパンクラスに居るのだということを、十分知らしめたと思う。その後も、ホームグラウンドで、グローブに適応できず戦積を落としていくismの選手の多い中一人気を吐き、当時猛威を振ったGRABAKAのNo.2以下をことごとく葬る快進撃を見せたことは今も語り草である。この五月についにはGRABAKA総大将の菊田を引きずり出し、往年の船木vs鈴木戦を髣髴とさせるような、緊迫した戦いを繰り広げた。この一戦は、パンクラス10年の歴史の中でも3本の指に入る熱戦に数えられるかもしれない。

そして今、新日本との対抗戦の先頭に立った近藤は、その先陣にして最強の刺客ジョシュ・バーネットとの戦いを受けて立った。団体の浮沈を賭けたあの大勝負は、今後、あの船木vsヒクソン戦にも匹敵するパンクラス史の大きな転回点になる可能性がある。

普通、これだけの修羅場をくぐり、それなりに結果を残した人間であれば、おのずと相当のカリスマ性を身に着けそうなものである。しかし、この若きエースはまったくそういったギラギラしたものを感じさせない。泰然自若というか、話してみれば判るが、きわめてフツーの人なんである。というか、およそ感情を昂ぶらせるということがないので、普通じゃない(笑)。常に茫洋とした佇まいを守り、物言いにもまったくとげとげしいものがない。格闘技にはとかくバイオレンスビジネスのイメージがつきまとう。その意味で、選手にはアスリートとしての紳士的な振る舞いが求められるわけだが、それにしても、さすがにココまで大人しいと、逆に格闘家としての説得力に欠けるのではないかと、要らぬ心配までしたくなってしまおうというものだ。

近藤にすれば、決して猫を被っている訳でもあるまい。無論ライバルの菊田などに言わせると「何も考えてないなんて大嘘ですよ」となるわけだが、まあそれも仕方あるまい。春風駘蕩を絵に描いたような平和な表情のまま、顎の外れそうな豪快なパンチを降らせてくる相手なのだから、どう考えても腹に一物あるのではないかと勘ぐりたくなるであろう。ただ、近藤が、“外面如菩薩、内心鬼子母神”の類かというと、やはりそうでもなさそうである。実際、どんな顔をしてようが、殴れば痛い。一般社会であれば、表情を偽ったり、外面善人ヅラして近づいてきて、油断したところをぶん殴るといった、古典的な騙しも通用するかもしれないは、こと近藤は格闘家なのである。リングに上がった段階で、泣いて居ようが笑っていようが、ぶん殴ってくるのは百も承知なのだから。
むしろ考えられるのは、「不動心」というおなじみのキャッチフレーズがイメージさせるように、中国拳法の達人か何かのように、静かな日常を維持し、日々人一倍穏やかに暮らすことで、余分な感情として発散されてしまうはずのエネルギーを溜め、リングの上での爆発的な力に変換しようという、人間充電器のようなことを考えて無理やり節制しているのではあるまいか…。それにしたところで、どこか東洋哲学的な不思議な匂いが漂ってきて、極めてマッドな話になるが、近藤という神秘的なキャラクターはそんな妄想を掻き立てる部分が確かにある(笑)。そこに矢野卓己もびっくりの“東洋的オカルティズム”の一つも見出したくなるのは、リングに上がったときの近藤の鬼神的なパワーを知っているからだ。実際、彼の打撃は、あの体格、あの表情からは想像もつかないような殺人的な破壊力を誇る。あの郷野が記憶を吹き飛ばされ、石川英二にいたっては歯をへし折られて、試合後生きてリングを降りられたことに感謝をしたというほどパワーだといったら判っていただけるだろうか。

そういえば先代エースの船木も、後年実際インドの哲学者宗教者達がの肉体的修行の一環としたヨガに傾倒し、その哲学を実践した呼吸法を練習に取り入れていたりしたではないか。案外パンクラスの十年の活動は、我欲を廃しだひたすら求道的に 「戦う哲学」を追求する、実験場のようなものだったのかもしれない。まあ近藤を除けば、他にそんな風情の選手は全く見当たらないし、パンクラスには鈴木、高橋といった感情の塊のような選手もうようよしているので、その説も怪しくなってしまうのだが(笑)。いずれにせよ、あれだけ淡々とした性格でいながら、とんでもない修羅場に乗り出していく近藤という男は、やはり相当変わっているし、興味深い。もし、これで“不動心”がたんなるポーズであっても、10年近くそれを貫き通そうとする意志は相当のものではないか。

ただ、シリアスな話をすれば、パンクラスと言うのは当時のプロレス少年にとって、一世を風靡したUWFをさらにバージョンアップした究極の「夢の舞台」である。その舞台に高校卒業と共に加入することを許された近藤少年は、いってみれば少年探偵団の小林少年であり、科学特捜隊のホシノ少年のようなものである。憧れの世界に紛れ込んで、憧れの大人と一緒に活躍を許された少年は、一種の特権階級である。若くして夢が適ってしまったそんな少年は、普通の大人にはなれない。少年のまま、その世界でいつまでも冒険を続けるしかない。邪心も抱かず、ひたすら正義のために悪と戦い続ける、永遠の少年隊員…。

一方、5月の横文に続いて、11月の両国で雌雄を決する事となったライバルの菊田は、新日本、そしてパンクラスと近藤同様プロレス少年の夢を実践すべくプロレス団体の入門テストを受け、早々に挫折した組である。その菊田は、幾多の挫折を経てきわめて現実的な格闘技ビジネスの現場の辛酸を嘗め尽くしてきた。その違いが両者のメンタリティの違いにも戦いぶりにも出ているような気がしてならない。徹底した合理主義で、勝利のみを手にするために派手な打撃を一切使わない菊田に対し、近藤はまるで体重90キロのピーターパンのように軽々と飛び膝蹴りをこなし、しばしば総合の戦いでは考えがたいKO勝ちを実現したりする。現実と夢幻、二つの極をもつパンクラス。尾崎社長の舵取りによって、その矛盾する二極が交錯するとき、プロレスと格闘技が、そして船木と鈴木、近藤と菊田といった、本来交わるはずのない両極端の男たちが、一つのリングで火花を散らす舞台になるのかもしれない。
そう考えてくると、近藤の浮世離れした風情の意味も、なんとなくわかってくるから不思議だ。かつて、格闘技という「理想」に夢を抱いた船木と鈴木の二人、しかし実際に血肉をぶつけ合う格闘技は、きわめてドメスティックで現実的なものであった。観客の反応もシビアで、逆に夢見る要素と言うものはきわめて薄い。最終的にこの世界で成功を収めるのは、自分の持つフィクショナルな要素を、十の現実で強化し、最終的に四百にも五百にも膨れ上がらせて表現出来るヒクソンのような魔術師タイプか、あるいは永久機関のように内実ゼロの発明を、自分の熱意と幻想でくるんで煙に巻くアントニオ猪木のようなタイプかである。

船木も鈴木も、結局そのフォロワーとして生きるには、あまりに純粋に過ぎたのかもしれない。二人の意図したことは、己の体を限界まで削り、そこにファンタスティックな虹を見せようとした等しい。月一回の興行で、毎回それだけのアクロバットを見せようとすれば、確実に肉体と魂は摩滅するし、そこに立つ虹も輝きを失う。プロレスというファンタジーを、馬鹿正直に実践し実現しようとした二人が、結局スーパースターにまで上り詰めることなく舞台を降りたのは必然だったのかもしれない。だが、つかの間、そこにアーチは掛かった。その橋が崩れ落ちる前に夢の向こう岸にわたることを許されたのが、近藤であり菊田だったのかもしれない。

あまりに美しい桜の花の下には、きっとその盛りを支える栄養豊かな人の死体が埋まっているに違いない。そう書いたのは梶井基次郎だ。

同じ幻想を僕は見たような気がする。
船木も鈴木も居ないこの場所で、少年探偵団のエースである近藤は、今日も元気にアメリカからやってきた伝説の巨大ロボットの謎を追い続けている。一方、菊田は衣食の心配や神経をすり減らすブッキングの駆け引きに追われることなく、好きなだけ練習に没頭し、パスガード一つで会場の万雷の拍手を浴びるスターアスリートになった。

その 美しい二本の桜の樹の根元には、少し憂い顔の黒髪の美少年と、聞かん気の目つきの鋭い不良少年の死体が、背中を向け合って埋まっている。パンクラス。それは少年期の夢と青年期の現実を橋渡しする、不思議な交差点なのかもしれない。

ちょうどその10年後、近藤は自らの力で、船木鈴木が掛けたアーチを逆向きに遡る旅に出る。それが独立の旅なのか、あるいはパンクラスという理想郷の存在を根本から揺さぶる不吉な旅になってしまうのか、その結末はまだ誰も知らない。
そういえば、これもちょっとした余談になるが、両国での対戦直前、格闘技マスコミではちらほらとジョシュ・バーネットとの特撮オタク比較をやっている記事を見掛けた。「北斗の拳」のケンシロウをトーテムのように崇めるジョシュに対抗して、近藤のそれは幼年期にあこがれた「仮面ライダー」だというわけだ。

ならばその顰(ひそみ)に乗じて言わせて貰おう。
同じ仮面ライダーでも、近藤は「アマゾンライダー」なのだと。
故国を遠く離れて超人と化したジャングル生まれの異端児が、まだ見ぬ故国に戻って戦いを繰り広げる物語を、僕は近藤の魂のアイコンとして進呈したい。いわゆるプロレス言語を持たない近藤、そしてパンクラスに対して、ジョシュという「格闘技とプロレスのバイリンガル」が通訳を買って出たのがこの一戦だったような気がする。今後アルティメットクラッシュという窓口を通して、新日本本体の興行にも上陸することは、多くの摩擦を生み、多くの対立の構図を作ってしまうだろう。本来、クロスできるかどうかもギリギリのラインにあるプロレスと総合格闘技の正面激突のなかで、アマゾンライダー:近藤の冒険が、新日本マットの光景すらも変えてしまうのではないかという予感が僕にはある。

果たして彼がその大事業を成し遂げられるか、今後の推移を注目したい。

※この近藤選手が、ジョシュ戦直前の心境と、八年間のパンクラス生活を語ったインタビュウを「Boutreview-XX Vol.10」の記事「流れ行く雲のごとく、動かざる岩のように」として、「電子書店パピレス」他で販売しております。(近日中にBoutreviewネットショップでもお求めいただけるようになります)

記事一本100円からバラでお求めいただける、ネットならではでの新スタイル。記事全てを読んでも750円のお得な価格。充実の内容を是非お試しください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。