全8試合が終わったとき、初めて明白になった事が一つあった。
それは、この大会の主人公が、その日リングの上で戦った誰でもないという事実だった。

8月8日のUFO Legendはそういう大会であった。
当初、言われていた小川でもなければ、寝技東西頂点対決を制したミノタウロ(アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ)でもない。リングの上に勝者はいたが、王者はいなかった。その地位を横からかっさらっていったのは、リングサイドで腕組みをして沈黙を守ったヒクソン・グレイシーだったからである。


■UFO Legendはなぜ開催されたのか?

テレビ放映が始まるまでUFO Legendが開催された真の目的を知る人はほとんどなかったにちがいない。あまりに唐突な大会開催の発表、そして主催者とメインイベンターの不可解な反目劇、強引なまでの強行突破で寄せ集められたトップ選手、そして方向性の定まらないマッチメイク。一体この大会は何を目指すのか、誰にも解らなかったと言ってもいい。

たしかに日本テレビの提示したゴールデンタイム枠二時間の放映権料は億単位といわれ、格闘技興行を行うプロモーションにとってはだれしもが夢見るような好条件であった。しかし、逆にそうした大口のしっかりしたスポンサーを掴んだにしては、UFO Legendの動きは性急に過ぎたといっていいだろう。事実、短兵急に動いたがゆえに、Dynamaite開催を控えたKー1&DSE連合軍との間にブラジリアントップチームを挟んでの、本来なら発生させなくてもいい軋轢を生んだ。DSE側は現役のヘビー級チャンピオンノゲイラのUFO Legendを問題にしたというより、イベントの開催自体を急ぎ、断りもなしに選手を強引にブッキングしたと言う、手続きの順番違いを問題視していたという。

日本の格闘技市場を悪く言えば出稼ぎの場と捕らえている外国人選手は多い。言ってみれば彼等はオファーの内容によって、どこのリングにでもあがると言い換えてもいい。事実そうしたオファーの条件戦争で、持久戦を仕掛け他団体のトップクラス選手を自分たちのリングに登場させてきたのはDSE自体なのである。したがって、逆にどんな引き抜きを仕掛けられても、同じロジックが貫かれている限りDSEには動じる理由が無い。もし抜かれても、抜きかえせばいい。今やファンの絶大な支持をうけるDSEでありPRIDEブランドである。正面突破には正面突破でかえせばいいだけの話なのだ。しかし、そのDSEがあえてトップである森下社長を表に立て、UFO Legend開催へ大きな懸念を示したことにこそ、大きな意味があったと言う事を我々は早く気が付くべきだったのである。

最大のヒントは、目の前に無造作にほうり出してあったこの一言だ。
6月27日の第一回の記者会見の時、UFO Legendのトッププロデューサーである川村龍夫社長が口にしたこの台詞を思い出してみてほしい。
「小川の強い要望で全試合ガチンコで行く事になりました」
数々の物議を醸したこの発言だが、今考えてみるとこの言葉に込められた真意こそが、この大会の全てを言い表わしていた事が解る。

本来格闘技興行を名乗る場合、前提は試合結果の定められていないNO FIXの試合が基本である。またこれが仮にプロレス興行であれば、それは逆になおの事FIXEDマッチで有る無しを語ってはならないはずではないか。要するに格闘技の大会ですとアナウンスしたはずの大会で、あえて全ガチであると語る事は、その内容が実際はどちらになったとしても不必要な説明なのである。

しかし、我々はこんな大きなヒントを見のがしたのである。
第一の誤解の原因は川村社長が格闘技興行に関してまだキャリアが無いという表面的な事実から、これは格闘技=NO FIXという前提を踏まえずしてなされた発言だろうと思い込んだことにある。第二の誤解の原因は、彼の擁するUFO/猪木事務所所属選手が全員プロレスラーを職業と名乗る集団であるがゆえに、FIXEDマッチを基本とする通常のプロレスとの差別化を図ったのだろうと、この言葉の意味を軽く受け止めてしまったことにある。

だが、この言葉にはまったく別の意味が、いや本来そのアナウンスを受けるべき対象が違うと言い直すべきか、要するにこのコメントは、ファンに向けて、あるいはマスコミに向けてなされたものではなく、たった一人の対象者に向けてのメッセージに過ぎなかったのである。そう、今回のUFO Legend東京ドーム大会は、極端な事を言えばたった一人の観客さえ納得すれば、その役割を果たしたと言える大会だったのである。

ここまで言えば答えはわかるだろう。
そう、今回の大会は世界でたったひとり、ヒクソン・グレイシーという男に対してのみ意味を持つようにセッティングされた、川村社長からのラブレターだったのである。
■ヒクソン招聘のための三つの条件

PRIDEが二回、そしてコロシアム2000で一回、計三回の東京ドーム大会がヒクソンをメインイベンターに迎えて開催された。それは彼の提示した1億円をこえると言うギャランティをまかない得る唯一のハコだったからだ。ヒクソンの求めた条件はほかにもある。まず、ヒクソンにとっても対戦相手にとっても公平な中立の舞台である事。要するにリアルファイトの公正な舞台が準備され、それをビジネスとしてきちんと運営できる公正な団体である事だ。(そしてもう一つの、そして最大の条件は、対戦相手をヒクソンが認めるということだが)

ギャラ/リアルファイト/対戦相手。
その三つのハードルをクリアできる舞台にしか、ヒクソンは上がらない。

UFOもこれまで四回の大会を開催した過去があるのだが、その内容はあくまでプロレスの興行であり、ヒクソンの要求を満たすものでは当然ない。だが、それでもヒクソン招聘の一番手に挙げられるのには秘密がある。

実はUFOの社長川村氏は、芸能界で絶大な影響力を誇る田辺エージェンシーの副社長であり、同時に自らもケイダッシュという芸能プロダクションも率いる立場にある。(ちなみに大会当日、ゲストリングアナウンサーを勤めた坂口憲二、渡辺謙、高橋克典らのタレントはすべてケイダッシュ所属)また格闘技界でも、PRIDEでフィクサー的なポジションを勤める作家の百瀬教博氏とは学生時代からの同窓生でもある。今年六月には、新日本プロレスの取締役にも就任するなど、芸能界/格闘技界を通じて大きな影響力を持つ人物なのである。

その豊富なコネクションを活かしてたからこそ、今回のゴールデンタイム生中継も成立したわけだが、一方で川村氏は長年ヒクソンの日本での窓口を勤めてきた。実際、その交流の結果、ヒクソンは川村氏を「BOSS」と呼び慕う関係にある。いわば、ヒクソンを日本のリングに復帰させる事のできるキーパーソンこそ川村社長なのである。

■PRIDEとのヒクソン争奪戦勃発

これまで、PRIDEが桜庭とヒクソンの対戦を水面下でオファーし続けて来た事は巷間にも知られる事実である。そもそもヒクソンの存在を、格闘技界のローカルヒーローから、世間一般に通じるメジャースポーツ選手の位置まで押し上げたのは、東京ドームに置ける高田延彦との2連戦があってこその話である。いわばPRIDEにとってヒクソン・グレイシーというカリスマを育てたのは自分たちであるという自負がある。しかし、3度めのヒクソンのドーム出場を伏兵のコロシアム2000に攫われた屈辱は、未だに拭いがたいものがあるに違いない。ようやく桜庭和志というナショナルブランドが育った今、ヒクソンに桜庭をぶつける事で、その収支決算をつけようと考えるのは自然な動きであろう。

2000年からアントニオ猪木をPRIDEのファイティングプロデューサーに据え、小川、藤田、安田ら選手はもちろん、川村社長の直属といってもいいU女史をブッカーとして迎えたことも、いわばその”最終到達点”を睨んでの伏線として働いている。猪木を表の顔に据え、U女史がコーディネートするブラジリアントップチームをトップ待遇で起用し続けてきたPRIDEにとって、猪木/川村共同体は既に身内の組織と認識があったにちがいない。したがって、その川村社長がヒクソン招聘の受け皿となるUFO Legendの旗揚げに乗り出すという事態は晴天の霹靂であり、また、あってはならない最悪の事態だったわけだ。要するにBTTの離脱騒動をフックにして表面化した両者の思惑の交錯は、実は水面下に眠るヒクソンとの交渉権をめぐる暗闘だったと言い換えてもかまわないだろう。

だが、川村社長は一回の大会で、UFO Legendの格闘技大会としての実質、そしてドームでの興行が行える資金力、そして過去最高級といってもいい条件でのテレビ放映と、三つの優越性を証明してみせた。いわば今回の東京ドームは、ヒクソンが立つリングとしてのクオリティを証明するプレゼンテーションの舞台でしかなかったのである。
■小川と川村社長の思惑の交錯

UFO Legendの開催のキャッチフレーズは「小川動く」であったが、当の小川はなかなか動こうとはしなかったことは、前回のコラムでもお届けした通りである。実際、小川は各種メディアのインタビュウでも、川村社長の「小川の希望でガチンコ」という発言を否定し続けている。普通、団体のプロデューサーとメインイベンターがここまで食い違った主張を見せる事は珍しい。ともあれリングに上がって戦うのは選手である。リングの上の試合については、選手が思い描くものが全てだ。では、川村社長の発言は、苦し紛れの責任転嫁にすぎないのだろうか?

だが、この問題も、今大会がヒクソン参戦をにらんだプロモーションでしかなかったと考えれば、平仄がぴたりとあてはまるのである。

小川はプロレスラー転業以降、リアルファイトの格闘技戦というものに一貫して否定的な見解を表明してしてきたことで有名だ。いわく「プロの試合はファンに感動を与えるべきであって、目先の勝ち負けにこだわった試合はアマチュアのものにすぎない」いわく「俺のやりたいのは格闘芸術であって、つまらない真剣勝負では無い」いわく「俺の仕事はプロレスラー。戦う試合は全てプロレスであり、戦いだ」

これらは、ある種禅問答的なニュアンスを含んだ発言である。ストレートに受け取ってしまえば一切のリアルファイト否定/FIXEDファイト専任宣言に聞こえなくはない。しかし、僕はこれは小川一流の韜晦を込めた直球発言と受け取っていいと思う。

小川の発言に、プロフェッショナルファイターの職業的プライドをきちんと折り込んで翻訳すればこうなる。「バリューのある面白い舞台であれば、FIX/NO FIX関係なく俺は格闘芸術の名に値する試合をクリエイトできる」と。さらに言うなら、「ヒクソンという格闘技界最大の獲物を前にぶら下げられて、引き下がるほど俺(小川)のプロ意識はチンケじゃないよ」ということなのである。

一方、大会プロデューサーとしての川村社長の仕事は、その対戦を実現させることにある。
ヒクソンが小川との対戦を飲む条件は、先にも述べた通りリアルファイトのリングである事が第一である。であるなら、それを準備する事で“小川の希望”は果たされる。すなわち「小川の強い要望で全試合ガチンコ」という言葉の真意は、ヒクソンという存在を物差に当てれば一瞬で氷解する。“ヒクソンとの対戦=ガチンコマッチ=小川の強い要望”という三段論法だったのである。

ただし、川村社長も、小川も、放送当日までヒクソンという存在を表に出せなかったゆえに、一見イコールで結びつきにくい二つの要素だけが残されてしまったのである。小川は小川なりに、川村社長は川村社長なりにそれぞれの言葉で真実を語っていたに過ぎない。まして川村社長にすれば、ヒクソンも小川も王将クラスの手ごまである。その直接対決を仕掛けるとなれば、否応無し慎重にならざるを得なかったのであろう。

だが、それでも大きな謎は残る。
ヒクソンというカードの存在を隠しておく必要はどこにあったのだろう? これだけの興行になれば、ヒクソンクラスのゲストの名前を出すのも、一つの客寄せ材料になるはずである。逆に早い段階でヒクソンの名前を出しておけば、将来の話など一つもしなくても、ファンが勝手に小川との対戦を睨んだ大会になる事を想像してくれるはずだ。にもかかわらず、彼の存在が大会直前まで隠ぺいされなければならなかった理由は何だったのだろう。
■行方不明のヒクソンを巡る暗闘

格闘技のコアなファンである方にはすっかり既成の事実であると思うが、昨年(2001年)の2月にヒクソンは長男のホクソンをバイクの事故で失っている。
以来ヒクソンの対戦スケジュールは一切が白紙に戻された。当時、交渉権は連続開催が噂されていたコロシアム2000の開催グループにあったといわれ、小川を対戦候補にあげた交渉が行われていたが、そこに桜庭を対戦相手に立てて、三度めのヒクソン招聘を目論むPRIDEは、逆にその弔問外交からの交渉再開を目論むと言う、デッドヒートを演じた。
その後運営グループの空中分解状態によってコロシアムはレースから自然に離脱した形となる。一方、同年7月のPRIDE15にはアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラが登場。一見無関係に見えるブラジリアントップチームの参戦だが、かつてリングス時代に前田日明とヒクソンの対戦の交渉に当たり、キム夫人とも結びつきの強いブッカーのU女史をスタッフに加えたことで、PRIDEのヒクソン捕獲網は確実に収束していくはずだったのだが。

当のヒクソンは、最愛の長男を失った喪に服すようにして沈黙を守った。
その後ヒクソンが公式に日本のマスコミの前に姿を現わしたのは、事件から一年余が経過した今年の四月のことであった。42歳になったヒクソンは、自らのプロデュースによる写真集を発刊。そのプロモーションで来日し、現役継続を宣言したのであった。
しかし、年内にも行われるとされたその復帰戦のマットは、相変わらず謎に包まれたままであった。

そして8月8日に東京ドームのリングサイドに姿を現わすまで、ヒクソンはどこに居たのか? 確認された事実として、ヒクソンはリオ・デ・ジャネイロで7月25日~28日に渡って開催されたブラジリアン柔術世界大会(ムンディアル:CBJJ主催)の会場に、エリオ、カーウソン、ホイラー、ヘンゾ、ハイアンらグレイシー一族と姿を現わしている。今大会を中継した日本テレビの関係者が明かすところによれば、さらにその直前には、例によって数週間にわたる山中特訓に入っていたというのだ。おそらくは、長男死亡の悲しみに暮れた一年間を洗い流すための禊のとして、故郷ブラジルの山野に籠り、再び実戦へと乗り出すための刃を研ぐためだったのだろう。だが、その行動はまったくUFO陣営の思惑の外だ。ヒクソンが外界との連絡が一切ない状況に入ってしまったということは、UFO側もこの間、全くヒクソンとコンタクトがとれなかったわけで、大会開催へと怒濤の勢いで進行していくなか、ヒクソンのゲスト来日に関して確約がとれなくなってしまったのである。

この間、小川と川村社長の言動の乖離は、補足情報無しのまま放置される事になってしまった。

ようやくリオのムンディアル会場に姿を現わしたヒクソンとコンタクトがとれ、一般発表となったのはまさに大会6日前の8月2日。この日同時に発表された藤田VS安田戦に、当事者の藤田が不満の意志を表明、会見が紛糾した事もあって、ヒクソン来日のニュースは、さらに6日のパーティーでアントニオ猪木氏がぶちあげた「タイソン来日」といった発言にもかき消されるように、その他大勢のゲストの中に紛れ込んでしまった。今考えると、そのタイソン招聘の話題も、万が一ヒクソンが来日しなかった場合のカードとして急きょ準備されたものだった事が解る。

PRIDEとのつばぜり合いもあって、ヒクソンと言うカードを巡る状況は、それだけデリケートな事件になりつつあったわけだ。ヒクソンが飛行機に乗って成田を目指したといっても、それは地球の裏側のリオでの話。いつ不測の事態が起きたり、阻止の手が動くかもしれないのである。山籠り期間の連絡の不通も、UFO側にとっては不安材料以外の何ものでも無かっただろう。大会の六日前になるまで、切り札「ヒクソン」の名を全く口に出せなかった川村社長にとっては、まったく不幸な巡り合わせだったとしか言い様が無い。

こうして本来ヒクソンの存在がその中央にあってこそ、初めて全体の構図が姿を現わすはずであったUFO Legendは、まさに軸を失ったスピンホイールのように空転し、ファンにほとんどその意義を十分伝えられないままに当日を迎える事になったのであった。
■そして二機目のUFOは飛ぶのか?

現実的問題として、東京ドームは興行的には失敗であったと言うべきだろう。2万6千人と発表された観客動員は、格闘技史上でも最低の入りであり、それも実際に有料入場客をカウントしたものではない。ネットでは開催の数日前から、無料入場券を配付していると言う情報が飛び交っていたし、実際会員制のチケット販売業者では無料券を希望する会員に配付したという事実もあったようだ。また販売時には存在したはずの二階席も、大会当日には閉鎖され、一階のスタンド席へ振り変えられるというドタバタも演じられたと言う。

普通に考えれば、巨額の赤字ではないかと思われるこの興行だが、実際にそれほど巨額の赤字が発生したという話は、不思議と聞こえてこない。そこには、一見超巨大イベントに見えるこの興行の、不思議な台所事情があるようだ。まず、主催の日本テレビが、東京ドームの大株主であることから、会場使用料は、他団体が使用する場合の相場を当てはめては成らないと言う事が一つ。そして、出場した選手にしても、小川、藤田、安田、村上といった猪木事務所/UFO系の選手はあくまで支配下選手であるということ。これはU女史のマネージメントするBTT所属選手も同じ事で、要するに選手ギャラもPRIDEやK-1のワンマッチ価格とは相場が違うであろうと言う事も有る。こう考えてくると、UFO興行というのは我々が、そのスケールから類推するよりも遥かにリーズナブルな形で運営されていたという事になる。

加えて、日本テレビの支払った全国ゴールデンタイム生中継の放映権料は逆に破格のものであったというから、実際のこの興行の収支決算は、トントンもしくは黒字であった可能性すらあるのである。いわば、川村社長の周到に考え抜かれたビジネススキームと強力なコネクションがあったがゆえに、この興行は成立し、また次を伺う余力をキチンと残していると見るべきなのである。

また頼みの綱であるTV放送に関しても、今回評価の分かれ目で有ると言われた視聴率が平均10.8パーセントをマーク。事前に関係者は、15パーセント突破が次回開催へのハードルと語っていたのだが、一方でリング上にヒクソンが登場し、小川VSガファリ戦のメインが放映された大会クライマックス辺りの瞬間最大視聴率は21.2パーセントと好成績に終わっている。

要するに「役者がそろえば、勝負は可能」と判断するだけの材料がそろったと言う事になる。事実、すでにプロジェクトは来年一月に開催予定のUFO Legend2に向けてゴーサインを受けているという情報もある。

今回同様、ライバルとなるのは石井館長のプロジェクトDynamite!だ。既に館長側は年末の第二回開催を既成事実として数々のオファーを発しているといい、ドタバタ劇を繰り返した今回の徹は踏まないための、準備を進めているという。

年末と年始の同時期開催となれば、どうしてもキーになるのは、やはりヒクソンの動き次第ということになる。今回の壮大な「プロモーション」をヒクソンがどう受け取っているかについて、翌日離日したヒクソンは「プロモーションとしてはまだまだマッチメイクや審判面で改善するべきポイントは多い」としながらも、「復帰戦の相手は誰でもいいが、小川は列の先頭にいる。小川の技術には敬意をはらっている」と事実上次期対戦候補として、彼を容認したような発言を行っている。

こうなると、ヒクソンを巡る包囲網はほぼ完成に近いことが解る。後は、最後の仕上げを如何に仕上げるか。仮に小川がヒクソンと対戦するとなれば、次回のドームは今回のような動員状況ではなくなるだろう。だがその下を固めるカード編成や、イベントの運営実態などが今回のドタバタ劇を踏襲するようで有れば、ファンは如何にヒクソンであろうとも愛想を尽かしてしまうに違いない。その詰めをきちんと行えるかどうかが、この未だ実態不明確な巨大宇宙船の航路に立ちはだかる、最大の難関だと言っても過言ではあるまい。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。