■UWFはなぜメジャースポーツになれなかったのか?

さて、前回は、80年代後半爆発的ブームで迎えられた“リアルなプロレス”UWFの台頭までをお話しましたが、あれだけの輝きを放ったUWFという団体の寿命は実は二年半たらずと非常に短いものでした。ではUWFが完成した「スポーツ格闘技」として成功することがなかったのは、なぜでしょう。

たしかに団体としての崩壊は、内部の人間関係の不協和音が原因だったのですが、それにもまして今現在UWFの試合をスポーツとして評価する人はあまりいません。“あくまで過渡期の産物”として省みられることが無いというのが、現在のUWFに対する評価だと言ってもいいでしょう。

大きな理由は二つ。まず、その一つ目は「技術の未成熟」です。

元々カール・ゴッチの夢想した技術体系は、関節技というフィニッシュを如何に決めるかを中心に組み立てられていて、そこに到るためのプロセスが欠け落ちていました。プロレスというのは、逆にそのフィニッシュをきれいに決めるところをお客にアピールするものですから、選手には「受けの美学」というものがあり、相手の技術をことさらに邪魔しません。したがって、極めにいたるプロセスに障害がありません。競技スポーツになると、相手に極められる事は敗北ですから、そのプロセスを邪魔するのが「負けない」方法論になります。

いわば目指すベクトルが正反対なところから立ち上がった技術であったが故に、スポーツとしての完成が遅れていたのです。また、プロレスは、グラウンドでの顔面殴打という局面を真剣に考えた対応技術がありません。技は貰うものであり、決定的な危険はそもそも仕掛けないというのが暗黙の了解です。したがって馬乗りになった相手が顔面にパンチを落としてくる場合というのを想定した技術など育つ地盤もなかったわけです。

UWFの中にも競技スポーツとしての可能性を指向した選手は居たはずですが、結局基盤になる技術が体系化していなかったために、打撃はキックボクシングから、投げはレスリングや柔道から、極めはサンボやゴッチ流の技術から借りてきたものの、それらを最大限有効に結び付ける「競技のデザイン」が中途半端に終わってしまい、その空白をプロレス的ルーティンで埋めてしまった事が技術の進化を許さなかったのだと思われます。
■ルールという名の憲法

UWFが時代に取り残されたもう一つの原因は、ルール至上のスポーツマインドを持つことが出来なかった事です。
すべてのスポーツはまずルールありきで成立します。いわばルールはスポーツにとって絶対の憲法にあたります。ですから、それを侵害するスタイルも、そして技術もありえません。スター選手にいかに人気が有ろうと、彼の勝手でルールは変ったりしませんし、その鉄則があってこそファンは真剣な勝負に価値観を見いだすことができるのです。しかし、当時のUWFの人気は競技としての人気ではなく、あくまで選手個人の人気でした。興行人気=権力であり、表向きルールが侵害されるようなことはありませんでしたが、人気選手の言動や意志で団体全体が方向性を決めていたのも動かせない事実です。いわばルールの前に全選手が平等に扱われ、ルールに乗っ取って勝利を掴んだ選手が敬意を受ける世界とは、まだまだ隔たりが大きかった訳です。

結局、UWFはそうした矛盾を内包しながら解散し、分裂を繰り返していくことになります。藤原喜明率いる藤原組には船木、鈴木といったUWFのホープが集い、ゴッチ直系の関節技の攻防を繰り広げて一部のマニアの熱狂を呼びましたが、93年に空中分解、後に中核メンバーがパンクラスを結成します。


一方、高田延彦、山崎一夫、安生洋二ら中堅らは、UWFの名跡を継いだ形でUWFインターナショナルを結成。高田を軸に従来のプロレスに歩み寄った形での興行を開始。後にキングダムへと名前を変え、オープンフィンガーグローブを着用、一部にグラウンドパンチを解禁した団体としてヴァーリトゥードに非常に近づいたファイトスタイルを取り入れて周囲をあっと言わせました。このルールで研鑽を積んだ、桜庭和志、金原光弘、高山善廣、山本喧一らが後にPRIDEやUFC-J、後期リングスなど本格的にMMA化したルールの元で活躍することになります。

そして最後に一人残った、UWFの象徴前田日明はファイティングネットワークリングスを旗揚げし、世界中のプロレスを経由しないさまざまな競技の格闘家をプロのリングにあげるという形で時代を先取りしましたが、二年後に勃興したUFCとグレイシー柔術の巻き起こした大波の余波を潜り脱ける事は出来ませんでした。UWF最大の特徴だったロープエスケープや平手で顔面を撃ちあう掌底打撃などを廃止し、世界標準となったMMAルールに歩み寄ったリングスでしたが、グラウンドパンチの導入を最後まで拒む形で、ゴッチ直系の関節技の攻防を残そうと抵抗したため、MMAルールとの落差が最後まで修正できないまま2002年活動休止を迎えました。結局、あれだけ世間的に大きな話題となった1998年の第二次UWFから14年、団体という形で命脈を繋いだのはパンクラスのみとなってしまいました。当初からスポーツ化を目指して変化を厭わなかったパンクラスと、プロレスフィールドに片足を置いた世界で迷走した他の団体との、ポリシーの差がこの結果を招いたのかもしれません。
■1993年の三つの革命

とはいうもののUWFの蒔いた種は確実に日本に、リアルスポーツとして格闘技が定着するための地ならしをしてくれました。UWFによって掘り起こされた格闘技需要は、そのマーケットを狙う後発団体に引き継がれてより巨大化しましたし、当時UWF戦士に憧れた少年たちが次々に格闘技関連のジムに入門したため、ファイター人口も爆発的に延び、そのことが後の格闘技ブームを支える有力な選手を産んだのですから。

しかし、実際にスポーツとしての格闘技がプロフィールドで展開されるようになったのは何時かといえば、それは1993年だと明快に答えることが出来るでしょう。この年、格闘技界には時代を変えるような三つの動きが、同時多発的に勃発したのです。

一つ目は5月に代々木オリンピック記念体育館で開催された第一回のK-1GPです。世界トップクラスのヘビー級キックボクサー8人が一堂に会して、一晩で世界一を決めてしまおうという超豪華なトーナメント、それがK-1GPでした。実際、それまでは彼等を使いこなすだけのビジョンを持ったプロモーターはおらず、またヘビー級選手のダイナミズムを活かすルールをきちんと成立させる団体もありませんでした。大阪で正道会館を主催していた、石井和義館長はその点をきちんとおさえ、キックボクシングの展開をマニアックにしていた肘攻撃や、長々とした首相撲の展開をルールで排除して、ストレートにKOの魅力が引きだされる競技としてK-1を設定したのでした。

また優勝賞金25万ドルという壮大なスケール感や、フジテレビとがっちり手を組んだメディア戦略など、メジャースポーツに匹敵するきちんとした競技の輪郭をそなえたイベントとして、いきなり「正解」をファンに突き付けてきたわけです。

さらにリングの上にも衝撃が待ち受けていました。ピーター・アーツ、モーリス・スミス、アーネスト・ホーストといった淙々たる面々を押さえて、クロアチアの無名選手ブランコ・シカティックが優勝を遂げた展開は、真剣勝負の意外さ、そしてスポーツとしての爽快さをファンに強く焼き付けたのです。

そしてそれに続く第二波は、その年の9月にUWFを経由した藤原組若手の7人の選手がパンクラスを旗揚げした事でした。これまで極めの取り合いを延々見せ続けたUWF的スタイルに決別して、とりあえずヨーイドンで、勝負を決めにいったらどうなるか、それをひたすら希求した彼等の試合は、いずれも短期決着が相次ぐ秒殺試合として話題になります。特にメインを務めた“エース”の船木誠勝が、いきなりケン(当時ウェイン)・シャムロックの地味な肩固めに失神TKOで破れた姿は、格闘スポーツの非情さ、ルール至上の世界観を実現したものとして話題となったものです。

そして最後に控えた波が11月のUFCの開催でした。おそらくこれはこれまで格闘技界になかった最大の大波となりました。それはこの大会の企画者でもあった、グレイシー一族による格闘技世界征服作戦の第一波だったからです。

(この項終わり:次回に続く)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。