予選ラウンドでほぼ勝負の行方は見えた

画像の代替テキスト
五輪を経験し、メジャーへ挑戦していった選手もいる。北京五輪を糧にできるかどうかによって、敗戦の意味が出てくる
星野ジャパンがメダルを取ることなく、北京五輪を終えた。「金しか要らない」、つまり「金メダルを必ず取る」と高らかに宣言していただけに、銅メダルも取れなかった現実に対し、各方面から批判されている。

今回、ベスト4に進出したチームは韓国、キューバ、アメリカ、日本。全勝の韓国は別にしても、日本は予選ラウンドでその韓国、キューバ、アメリカに敗れての進出だった。すでにこの段階で「勝負あった」ポイントが3つあったと思う。

情報収集で劣ってはいなかったか?

1つ目は、データだ。日本も確かにできる限りのデータを集めただろう。しかしながら他国は、日本が思っていた以上の情報収集及び分析をしていた。投手がここという時に打たれ、打者が1本欲しいところで凡退して得点できない。その背景にあったのは、選手たちが完全に丸裸にされていたためだ。

日本プロ野球は開かれていて、どの国から視察が可能で、情報、データは簡単に集めることができる。逆に日本のスコアラー陣が同じように韓国やマイナー(3Aや2A)中心のアメリカ、ましてやキューバ選手たちのデータを集められたかは甚だ疑問である。一発勝負の短期決戦では、より正確な情報が試合の流れを左右するのは当然であり、韓国やデーブ・ジョンソン監督率いるアメリカが日本より少ない情報量だったとは思えなかった。

国際試合のストライクゾーン対策はしていたか?

2つ目は、ストライクゾーンを投手も打者も最後までつかみきれなかったこと。これが致命的だった。五輪のような国際試合での審判は、メジャーリーグの審判ではないし、もちろんWBC(ワールドベースボール・クラシック)の審判とも違う。外角のストライクゾーンが広くて甘いのではなく、内、外角を均等に取る傾向にある。日本のプロ野球の審判も基本的にはそうだったが、メジャーへの流出が盛んになった近年、外角がやや甘くなってきた。日本選手はそのストライクゾーンで戦ってしまった。

その結果、投手は外角低めの「いいコース」に決まったにも関わらず「ボール」とジャッジされ、リズムを崩していった。打者は自信を持って見逃したタマが「ストライク」とコールされ、タイミングを狂わされていった。国際試合の大舞台ですぐの修正はなかなか効かない。優勝した韓国のように国際試合のストライクゾーンをあらかじめ頭と体に叩き込んで臨まないと対応は難しいのだ。

相手を倒す貪欲さを持ち合わせていたか?

そして3つ目は、残念ながら「国」への思いが弱かったような気がする。アメリカに住むと非常にわかる事柄として、日本人は浮いている。なぜか? 日本人は日本を代表してアメリカに来ているという意識が希薄だからだ。韓国人や中国人は間違いなくその国を代表して海を渡って来たという意識が強く、ある意味ではその国を捨てて来ている。だから成功する確率が高い。

そこまでの意識は日本人にはなく、ここ一番で発揮する力が弱い。世界で勝つために「国」への強い思いと、何としてでも相手を倒す貪欲さが必要不可欠であることを、今回の星野ジャパンは教えてくれたと思う。

野球は我々が思っているほど広い地域や国で行われていない。お金もかかる。しかしながらソフトボール同様、これほど人々を感動させる要素を多く持っている競技も少ない。五輪種目として2016年には復活させるため、来年2009年3月開催のWBC成功が大きなカギとなるが、そこでディフェンディング・チャンピオンの日本が指導的立場を取れるのか。重要な半年になりそうだ。



<関連リンク>
野球北京五輪
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。