今でも「NOMO」が最も知名度高し

野茂英雄
メジャーに移籍して13年、その実力で新境地を切り開いていった野茂英雄。彼がアメリカでいまだ評価が高いのにはワケがある
野茂英雄投手が現役を引退した。このニュースについては、嫌というほど報道されているので、多くを語る必要はないと思うが、私なりの野茂に対する思いをここで触れてみたい。

私が93年に渡米した際、ただメジャーリーガーの生のプレーを見たい、感じたいだけだった気がする。その中にまさか日本人が加わるとは、夢にも思わなかった。それが95年、野茂がドジャースのユニホームを着て一変。関を切ったように日本人メジャーリーガーが誕生していった。今年は史上最多である16人もの日本人がメジャー契約を交わしたが、アメリカでは今でも「NOMO」が最も知名度が高い。松井秀でも、イチローでも、松坂でもない。No1は「HIDEO NOMO」なのだ。

その理由の第1は、以前、この「野茂英雄」という男の価値で書いた通り、日本での高額年俸を捨て、あえて危険を冒してマイナーから挑戦し、メジャーリーガーになったからだ。2番手、3番手は意味を成さない。1番手にそれをやった勇気。いわばパイオニア精神を野茂は持っていることへの評価なのである。

ただそれだけではない。全米中にトルネード旋風を巻き起こして新人王を獲得、史上4人目となる両リーグでのノーヒットノーランの達成などプロとしての結果を残していることも、知名度の高さに結びついている。

自身が持つ頑ななまでのポリシー

プロとして頑固なまでにひとつのことにこだわった。それは、登板した後でしか報道陣との会見をしなかったこと。登板前はもちろん、中4日の登板間隔中も「投げたら話します」を通した。それが彼のポリシー。決してしゃべるのが下手でも嫌いでもない。

いつぞやNHKのプレーオフ放送で野茂は解説をしたが、経験を踏まえた内容は聞く者をうならせたし、何よりも本人が楽しそうだった。だから、登板後のみの会見も頑ななまでのポリシー。日本球界への復帰もなかったのも、94年オフ、まるで追われるように海を渡った経緯を忘れていなかったからかもしれない。

「悔いが残る」という言葉に持つわずかな希望

野茂の今後はわからない。ただし、サプライズでありながらひょっとしてと思えるものがひとつだけある。それは「現役復帰」だ。すでに40歳だが、まだ40歳ともいえる。食生活の改善やトレーニング技術の進歩などで、メジャーでは40歳を過ぎてもプレーを続けている選手は年々増えている。トム・グラビン(ブレーブス)は外角低めのコントロールだけでメシを食っているし、ティム・ウェークフィールド(レッドソックス)のナックルボールは未だに捕るのが難しい。

野茂だってわからない。セットアップからもう一度トルネードに固執すれば、フォークが甦るかもしれない。何度も打ちのめされながらも、不死鳥のごとく甦ってきた“実績”が彼にはある。「悔いが残る」という言葉に、私はわずかな希望を持つ。



<関連リンク>
「野茂英雄」という男の価値
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。