暗がりの中、サインを続ける”鉄人”カル・リプケンJr

画像の代替テキスト
2632試合連続出場のメジャー記録を持つ”鉄人”カル・リプケンJr.。ファンを大切にする気持ちは人一倍強かった
いまだに鮮明に覚えているシーンがある。2632試合連続出場のメジャー記録を持つボルチモア・オリオールズの”鉄人”カル・リプケンJr.が、現役にピリオドを打つことを決めた最後の春季キャンプ(2001年)だった。ファンはリプケンが今季限りでユニホームを脱ぐことを知っていたので、最後の勇姿を目に焼き付けようとフロリダでのオープン戦はどの球場も超満員。ドジャースのキャンプ地ベロビーチも例外ではなく、異様な盛り上がりをみせていた。

試合後、リプケンのサインをもらおうとファンがスタンドで長蛇の列を作った。おもむろにサインをしだしたリプケン。夕方ながらまだかなり明るかった。サインを始めて30分後ぐらいに、チームのバスはベロビーチから2時間半はかかるオリオールズのキャンプ地フォートローダーデールへ帰って行った。それでもリプケンはサインを止めようとはしない。最後の1人が終えた時はもう辺りは真っ暗。鉄人は疲れた顔ひとつ見せず、裏方さんが運転するレンタカーに乗り込み、球場を後にした。

凄いと思った。さも当然という表情で、リプケンは黙々とサインをし続けた。しかもフランチャイズではなくアウェーの球場で、言いたくはないがファンの中にはサインを売りさばく”業者”も混じっているのに、笑顔を絶やすこともなく、リプケンはやり遂げた。これがスーパースターだと心底思った。

>>ファンがいるからこそ、今の自分がいる実感>>

「ファンがいるからこそ、今の自分がいる」

メジャーの各球団は毎年、マイナーリーグに入ってくる多くのルーキーに対し、いろいろな”教育”を行う。英語圏以外(スペイン語圏とか)の選手に対して英会話教室を開いたり、セキュリティ対策を講じたり、食事等などのマナーを教えたりと様々な取り組みをしているが、ニューヨーク・メッツはニューヨークにある会社を使い、マスコミ受けを良くするにはどうしたらいいかなども教えている。

これによると、インタビューを受ける際の秘訣は2つ。1つは「必ずインタビュアーの目を見て話すこと」、もう1つは「決してノーコメントとは言わない」だ。2つとも当たり前のことだが、目を見ることによって何事にも誠実に対応する姿勢を示し、何か気の利いたことを言うことで次のインタビューやテレビ、ラジオ出演につなげる可能性を探るのだ。こう書けばいたってビジネス的だが、その先に(テレビやラジオや紙面越しに)はファンがいることを十分に意識してのことである。

マイナーでこういう教育を受けた選手が、メジャーへ昇格し、スーパースターへの階段を上がれば上がるほど、驕りたかぶることが少なくなる。たとえば、ロッカールームで囲み取材を受けても、最後の1人まできちんと質問を受ける。女性だろうが、野球のことをあまり知らない人の質問だろうが、親切丁寧に答える。これもその先にファンがいるからに他ならない。つまり、「ファンがいるからこそ、今の自分がいるのだ」といつも実感している

>>思いやりこそ、野球離れを食い止める>>

選手、ファンとも互いに思いやる気持ちを

日本のプロ野球界はどうだろうか。かつて巨人が強かりし頃、球団とマスコミがある意味”敵対関係”だった時期があった。年々、緩和されてきてはいるものの、メジャーのような関係は築かれていない。それも仕方ない面が多い。メジャーの場合、球場に来たら「何でも聞いてくれ。その代わり、球場を出たら放っておいてくれ」という考えが確立している。たとえば、レストランでヤンキースのデレク・ジーターが彼女と食事をしている場面に遭遇しても、誰もサインを求めに行ったりしない。

日本の場合、このように仕事とプライベートの境目がはっきりしているわけではないので、プライベートでもマスコミやファンが”乱入”してくる。飛行機や新幹線の移動も一般の人と同じ日本では、どうしたって隠すものは隠さなければならないし、そこには軋轢が生じてしまうのである。

野茂がマイナーからメジャーへ昇格し、トルネード旋風を全米中に巻き起こした1995年、最初はあまりファンにサインもしなかったが、翌96年から積極的にファンと接するようになった。周囲のメジャーリーガーに触発されたこともあっただろうが、日本のプロ野球界からメジャーリーグへ完全にシフトできたからだといえるだろう。

日本のプロ野球、メジャーリーグとも2008年シーズンがスタートした。メジャーリーグは観客動員、チケットの売り上げなどが右肩上がりに好調だが、それを「バブル」という言葉だけで片付けられない。選手のファンへの思い、ファンの選手への思いが浸透している強さがそこにある。日本も選手はもちろん、ファンも選手を思いやり、盛り上げる意識をもう少し強く持てば、野球離れの歯止めはかかるのではないだろうか。



<関連リンク>
注目のメジャー日本人選手情報
 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。