徐々に増えつつある女子野球選手がたびたび話題になる。では果たして漫画『野球狂の詩』に登場する、水原勇気のような女子プロ野球選手が誕生する可能性はあるのだろうか?

はじめに


硬式野球をプレーする女子選手が増えている。2001年には国際女子野球連盟が、2002年には日本女子野球協会が発足し、2001年から世界女子野球大会もスタートした。

日本の高校野球において、女子選手は未だ公式戦出場はかなわないものの、大学野球では2006年から愛知大学野球リーグの5部に中京女子大学が加盟した。社会人野球では、茨城ゴールデンゴールズの片岡安祐美内野手が人気だ。

そういった状況下で、人々が常に期待と好奇心を持って語られる話題がある。それは「女子選手はプロ野球に入れるか、通用するか」ということだ。本記事では、その可能性を検証していきたい。

女子選手における「9割の壁」


女子スポーツ選手の記録を男子選手のそれと比較した場合、よく言われるのが「9割の壁」だ。多くの競技において、女子選手のトップレベルは男子選手の9割程度に収束されていることが知られている。

この原因は、男女の体質的な性差に基づく。一般に女子選手は柔軟性・疲労耐性などは男子よりも高い傾向を示すものの、筋肉量は60~80%程度に留まり、パワーに劣る。「9割」という話はまた、男女の寿命を考えてもうなづける話である。平たく言えば、男性は女性よりも1割増しのパワーを持っている代わりに、1割寿命が短い生き物だということだ。

男女の記録が最も行き着いている(収束値に近い)競技で、比較をしてみよう。その一つは陸上競技である。陸上競技は練習場所・道具などのコストが低く、競技方法もシンプルなため、人間の能力限界値を比較的反映しやすいものである。

陸上競技の一つ、100m走で考えると、最初に女子選手が活躍し始めた1920年代には、女子選手の記録は男子の75%ほどだった。その後、女子の記録は向上し続けたが、1980年代にはおおむね90%程度に収束している。

では次で、各種競技のデータを細かく比較してみよう。

【各種競技記録の男女比較】→

陸上競技記録の男女比較


以下は現在の陸上競技における男女の世界記録である。

●100m走
男子=9.77 女子=10.49 女性/男性比=約93%

●400m走
男子=43.18 女子=47.60 女性/男性比=約91%

●フルマラソン(42.195km走)
男子=2時間4分55秒 女子=2時間15分25秒 女性/男性比=約92%

女子100メートル走においては、1988年にフローレンス・ジョイナーが20年近く破られていない10.49という不滅の記録を出した。これにより、各種記録においては最も男女比の少ないと思われる93%という値が出ている。

他の陸上記録を見ても、おおむね90%前後に収束しているのだが、走力の記録は自重を動かすという意味においては、他競技の記録よりも男女差が出にくい傾向がある。

各種競技記録の男女比較


野球との対比で考えれば、最も比較として参考になり得るのが、砲丸投げやハンマー投げ、やり投げなどの投てき種目だろう。しかし、これらの種目は残念ながら男女の負荷重量が異なるため(砲丸やハンマー重量の違いなど)直接的な比較はできない。

そこで、筋力という意味で、重量挙げの記録を見てみよう。

●重量挙げ69kg級ジャーク
男子=197.5kg 女子=157kg 女性/男性比=約79%

男子・女子種目では階級の刻み方が違うため、男女同体重の階級は69kg級しかない。
女子重量挙げがまだ練達していない種目としても、女子の記録は男子記録の8割を割っているのが現状だ。

さらに、ピッチングやバッティングの近似として、テニスのサービスを考えてみよう。テニスのある大会での男女記録比較がある。それによると、男子の最高が時速237キロ、女子がビーナス・ウィリアムスの184キロだった。これを比較すると約78%となる。

身長185センチと、男子なみの体格を持つビーナス・ウィリアムスは、以前に時速200キロ超のサーブを記録したこともある。現在のテニス用具では、女子は時速210キロ程度、男子は時速250キロ程度がMAXと言われているので、これらを比較すると男女比84%となる。

【野球における対比】→

野球における対比


これまで見てきたデータから、例えば野球の投手における球速なども、おそらくは女性投手のそれは男性投手の80%~90%に収束すると考えられる。

前記の走力の記録では、女性は男性の90%を上回っているが、同一レベルの用具などで同一の荷重(ボール)を投げる・打って飛ばすなどの筋力+瞬発力(遅筋+速筋)を考えれば、むしろ90%に満たない程度をMAXと考える方がいいだろう。

現実には、投手の最速可能記録は、男性が時速160キロ程度、女性投手が140キロ程度と言われている。これで考えると、男女比は約88%であり、肯けるところだ。

以前、東京六大学野球で二人の女性投手(小林千紘・明大、竹本恵・東大)が登板し、話題になったが、小林投手は高校の頃に130キロ台を計測したが、大学当時には110~120キロ台、竹本投手は左腕アンダースローの変則派で球速は100キロ台だったという話だ。

女子選手がプロに混じると…


ここで最初の命題に戻ろう。「女子選手はプロ野球で通用するか」ということである。女子の一流選手がプロに混じってプレーする場合を投手の例で考えてみよう。

他競技で活躍する世界的アスリート--例えばビーナス・ウィリアムスやマリア・シャラポワなどの体躯に恵まれた選手を想像してもらっていい--が幼少の頃から野球のトレーニングに励み、本格派の投手として育ったとしても、その球速はおそらく時速140キロに達するかどうかである。

オーバースローで最大限の力を発揮しても時速140キロとすれば、現在のプロ野球ではおそらく「打ちごろ」の投手となってしまうだろう。

また、男子の野球には一世紀超の歴史がある。女子の一流アスリートは、野球ではなく他のスポーツ--おそらくはバレーボール、バスケットボール、またはソフトボールなど--に行ってしまうだろう。女子野球のすそ野を広げ、そうとうに練達したトレーニング方法を確立しないと、精鋭の揃う男子選手の中では通用しないだろう。

【結論と女子野球のこれから】→

結論


「女子選手がプロ野球で通用するか」。この問いに対して、結論は厳しいものにならざるを得ない。その中で、わずかな可能性を探すとすれば、やはり「水原勇気的な存在」の投手ということになるだろう。すなわち、「変則派で魔球持ち」ということだ。

水島新司の『野球狂の詩』で登場した水原勇気は、左腕アンダースローで「ドリームボール」という変化球を持つ。起用も主にワンポイント的なリリーフであり、いわゆる先発・完投・本格派の投手ではない。女子野球選手の中で、最もリアリティのある可能性を考えたという意味で、やはりこの漫画の示唆するところは大きい。

同体格でも9割の能力--この1割の性差を女性が男性の中で埋めるのは難しい。そもそも、まともな体力が問われる他の球技や競技で男女混合でプレーするものはない。もし男性プレーヤーの中で活躍する女性プレーヤーが現れれば、それは夢のようなことではあるが、あまりにも現実味が薄く、あり得ないことと捉えるのが無難だろうと思える。

女子野球のこれから


なぜこのような命題を考えなければならないかという背景の一つに、女子野球選手のプレー環境が不足しているという問題がある。小学校・中学校ぐらいまでは、女子選手も男子選手に混じってプレーしていいだろう。

実際問題、小学生のリーグでは、女子の方が成長が早いために、全国大会で活躍するエースピッチャーもいる。そして中学野球部ぐらいまでなら女子選手も男子の中で通用することもある。

しかし高校野球になると、公式戦出場禁止という面から、女子選手のプレー環境はかなり狭くなってしまう。この「高校生女子が公式戦に出場できない」という規則は、性差を考慮すれば妥当なところだが、ただ現実に普通の高校野球部で男子に混じるしかプレー環境のない女子には酷な話だ。

それゆえ、女子の硬式野球ができる環境はもう少し充実させてもいいだろう。そのためにはまず、あまりにもすそ野が広すぎる男子野球とは切り離して考え、男子選手の中に女子選手が添え物的に入ることをあまりよしとしない前提を共有すべきだろう。野球以外に、そんなスポーツはないのだから。

男子野球は男子野球、女子野球は女子野球でーーそして女子野球が発展するためには、日米の歴史上で何回か存在した、女子プロ野球の独立チームを作るのも一つの方法だろう。すなわち、一人の女子NPB選手よりも、多くの「女子プロ野球」の選手を作る方がまだ、女子野球界が目指すべき道としては健全なように思えるのだ。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。