オリックス・バファローズを自由契約となり、その後他球団からの正式なオファーもなく「浪人生活」を過ごす、中村紀洋。なぜ彼がこのような状態になってしまったのか、契約更改の裏にあった彼の「事情」を探る。

はじめに

中村紀洋を巡る契約問題・行き先問題に関しては、ストーブリーグの格好の話題となったせいもあり、私のところにもいくつかの問い合わせが来た。主なものは海外移籍に関することで、平たく言えば「中村を獲る国、リーグはあるか」という話だ。

その件に関しては後述するとして、他にもいわゆる「番記者的な取材」が必要な話に関しての観測を求められたが、これに関して私が知り得ないことは全くわからない。こちらの方を平たく言えば、「中村を獲得しない密約」とかそういった類のことだ。

そんな流れもあって、私も中村がなぜここに至ったのかや、また今後の去就に関心を持った。いろいろな情報を総合していくと、中村とオリックスの「ボタンのかけ違い」は、中村側の事情による金銭問題に由来するだろうということが露呈してきた。直感的にそう捉えられやすい問題ではあるが、悲しいかなそこがやはりこの問題のコアであるという感触を得たのだ。では、順を追って話を述べていこう。

2006シーズンの中村

2006年シーズンの中村は、負傷続きであった。まず、開幕前に右足に肉離れを起こした。開幕には間に合い、スタメンに名を連ねる日々が続いたものの、成績の方は故障の影響もあってか奮わなかった。

4月28日、5号ホームランを放った試合で左手親指を負傷する。ここまでの成績は打率が.171と2割にも満たない。清原・中村の加入という二枚看板の加入で打線強化を目論んでいたオリックスだったが、早くもパ・リーグの首位戦線から脱落してしまう。

その後中村は5月13日に左手首に死球を受ける。その後も欠場を挟んで試合には出るものの、この日から9連敗するチーム状態とともに中村も苦難の日々が続く。5月に入ってからは4番に座っており、月間打率も4割近くまで調子を上げてきただけに、この死球が与えた影響は大きい。

結局、この左手首をかばっているうちに右手首も痛めた中村だが、最終的なダメージはやはり死球によってもたらされる。8月11日の対ソフトバンク戦9回、斉藤和巳から左ヒジに死球を受けたのを最後に、2006シーズンの出場機会がなくなる。

そして中村は2006年のシーズンオフに左手首を手術し、契約更改へと臨むことになる。2006年の最終成績は、85試合出場で打率.232、ホームラン12本、打点45と不本意なものだった。

【契約更改交渉の経緯】→

2006年内の契約更改交渉

オリックス球団と中村との第一回の契約更改交渉は、12月12日。後に中村が「見舞いにも来てくれなかった」と述べたと報じられる、左手首の手術直後のことである。この時は中村本人が代理人を伴って場に臨んでいる。

第一回交渉では、球団側は2006年の年俸2億円から、統一契約書でのルール内、40%を越える大減俸を中村側に臭わせている。最終的には60%ダウンの年俸8000万円をベースに交渉が進むことになるが、中村は「言いたい事がいえていない」(中村紀洋公式ブログより)状況であり、来年に備えるという理由から、第二回以降の交渉は代理人出席のみとなった。

2006年最後の第四回交渉までに、中村側は以下を球団側に要求した。まず、シーズン成績を公傷とみなして再評価して欲しいということ。40%ルール以上の減俸を飲めないということ。それがダメなら他球団への移籍を考えてくれということ。

中村のシーズンの経緯を考えれば、公傷要求はわからなくない。デッドボールによる出場機会の減少や故障を抱えたままのプレーで成績を残せなかったという主張はありだからだ。しかし、ここで問題なのは「公傷」というのは制度的な問題ではなく、球団が選手のケガに対してどう評価するという、経営者側に委ねられた「裁量」にしか過ぎないということだ。

オリックス球団側は、その裁量を含みおき、中村に8000万円でプレーすることを望んだ。この間、決して放出という選択肢を公式には提示していない。

そして、越年

第四回交渉でも、話し合いは妥結せず、契約交渉は越年となった。そして第五回交渉となった1月9日、中村側は退団を申し入れ、オリックス側は中村の「慰留を断念する」と発表した。中村とオリックスの契約は成立せず、その後第六回交渉において、正式に中村の「自由契約」が確定した。

この交渉において、中村は中村側の事情により、いくつかのミスを犯した。本線はオリックスとの8000万円より高い金額での更改を目指していたようだが、その交渉材料として、移籍による他球団からのオファー(8000万円より好条件を期待)を臭わせてしまった。要するに中村側が「自由契約」を選択肢に加えてしまったことで、「年俸調停」にかけるというチャンスを失してしまったのだ。また「8000万円」提示までの前段階の話し合いが長すぎ、なかなか正式な金額提示に至らなかったことも大きかった。

年俸調停は、球団側・選手側が球団に残ることを前提に、双方の言い分(金額)を調停するものであるが、平行線の話し合いの中で先に「移籍」を持ち出してしまったことが中村側には災いした。実際、調停ということになれば、オリックス側が調停拒否→自由契約になる可能性は高かったが、それでも中村側が残留を前提としているのであれば、統一契約書ルールの大義は中村にあり、球団側もムゲに扱うことはできない。

しかしながら、中村の球団側への態度的な不服と、どうしても譲れない金額的な不服が、この契約をもつれさせてしまったと言う他ない。オリックス側が提示したのは「8000万円 or not」であるが、それでもただ残留を望んでいれば、「8000万円、またはそれ以上」になる可能性があっただろう。実際問題、オリックスは最終的に1億円以上の条件を出したという話もある。

中村にとっては、8000万円程度の年俸をどうしても飲めない理由があったのだ。中村サイドは「数字ではない」と言うが、どうにも数字としか考えられない部分がある。その理由が、自身の金銭問題だ。

【中村の抱える金銭問題】→

中村の抱える金銭問題

中村が金に困っている…というのは誰もが信じられないだろう。中村紀洋がこれまでに稼いだ年俸は推定30億円以上。特に近鉄にFA残留した2002年シーズン以降は、年俸5億円の複数年契約を結んでいる。近鉄球団が消滅し、中村がメジャー挑戦に向かった2004年オフには、複数年契約がまだ残っているという理由で、3億円とも5億円とも言われる「功労金」を貰っているからだ。

もちろん、中村には自宅豪邸などの「資産」はある。しかし、「ストック」はあっても「フロー」に困ることがあるのは世の常だ。個人事業主扱いで2億の収入があれば、国税+住民税で半分近くは税金を払わなければならない。年俸が8000万円にダウンすれば、税金にも満たないのである。

もちろん、これまでの収入を考えれば「どうにかなる」筈の金額なのではあるが、中村サイドは毎年、億レベルの自転車操業に陥っているという話もある。中村紀洋の態度を単なる「守銭奴」と批判するむきもあるが、実際にはもっと切実なものだということなのだ。

ノリにはまだ可能性がある筈だが…

他人の懐具合を探るというのは気持ちいいものではない。しかしながら、この契約更改がここまでもつれた本当の理由は、ボタンの掛け違い以上のものが横たわっていたということが感じ取れるだろう。もちろん、オリックス側の強気の交渉態度もいたずらに中村サイドを頑なにさせたという面があるし、その後他球団によるオファーの動きが結実しないのも不自然だ。球界的に「中村はトラブルメーカー」とみなす向きもあるかもしれないが、現在の動きはやや懲罰的すぎる。

2月現在、北海道日本ハムなどのチームが、中村に対する契約の含みをまだ残してはいるが、キャンプが開始する段になっても中村が招聘されるということはなく、中村は事実上の「浪人生活」を余儀なくされている。2006年の成績だけを考えれば、確かに二の足を踏む球団が多いのはわかるが、潜在能力としては、フル出場して年間20~30本塁打が望めるバッターではある。そして33歳と、まだまだひと花咲かせられる年齢だ。このまま引退へと向かうには、あまりにも惜しい人材である。

【中村の今後は?】→

中村の入れるチーム

冒頭の問い、「中村を獲る国、リーグはあるか」ということだが、ひとつひとつ見ていこう。まず、海外のリーグだ。

韓国リーグは外国人枠が2名だが、既に全8球団とも補強が終了している。台湾リーグは2月1日にトライアウトが終了した(しかしまだ可能性がないわけではない)。メジャーリーグは2月半ばにキャンプがスタートし、そこに招聘されるにはビザの問題がある。この時点でメジャーからオファーがないので、メジャーキャンプ招待選手つきのマイナー契約とすれば、短期労働ビザを取得しなければならないが、このビザが降りるには時間がかかることが多い。

中南米に目を向けると、キューバ国内リーグはナショナルチームを作るためのリーグ戦という側面もあり、外国人の受け入れはない。可能性があって現実的なのは、メキシカンリーグだろう。

そしてそれ以外のリーグを考えると、はなはだ現実的ではない。イタリア・セリエAや中国リーグに加入した日本人選手は過去にもいるが、リーグのレベルは高くなく、年俸も低く、試合機会も少ない。かつてのホームラン王、中村紀洋には向いているとは言えないだろう。

国内では、四国アイランドリーグや北信越BCリーグなどの独立リーグがあるが、年俸面や年齢面が問題になる。基本的に若い人のためのチャレンジリーグなので、NPBで一流の実績ある選手を受け入れるためには不向きだろう。またそれは社会人野球(クラブチーム)も同様だ。

中村の今後は?

現状の中村サイドの態度を見るに、獲得を望む球団からのオファーを待っていると思われる。自分から売り込みに行くよりも、望まれて入団する方が高条件を得られることは間違いないので、ひたすらその状況を願っているのだろう。

確かにシーズンが始まれば、どこかの球団で強打の三塁手が必要な局面が訪れるかもしれない。そこで契約を得られれば幸運なのだが、しかしそれは確実なものではないし、下手をすれば一年を棒に振るというリスクを伴う。試合に出られないことによって実戦感覚が落ちることは、ベテランの域に達する年齢とすれば望ましくはない。

個人的には、台湾リーグ・メキシカンリーグ・米独立リーグあたりに売り込みに行き、年間を通したプレーをしてもらいたいと思う。中村サイドの希望する年俸では契約できないだろうが、そこで通年実績を作り、翌年の移籍を視野に入れた方がいいのではないかと思えるのだ。中村サイドは目先にこだわっており、またこだわらざるを得ない状況にあることは推測できる。しかし、自分の実力に自信があるのであれば、少し遠回りも必要なのではないか。一からの出直しをするために、今年は一歩引いて考えるべきだろう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。