よく言われる「●年に一人の逸材」。今回は実際にイチローをもとに試算してみた
一人のイチローという名プレーヤーを産むためには、はたして何人の日本人男子が必要か。さまざまな統計データをもとに、試算してみた。

1 高校生男子における高校球児の割合


高野連発表による、全国の高校球児の数は約16万6314人。ちなみに高校野球地方大会に出場するチーム数は約4000なので、1チーム約40人の選手を抱えることになる。

このうち、高校3年生の数は3で割って、約5万5千人となる。
一方、日本における18歳の男子人口は約71万人だ(2004年、人口問題研究所発表)。

71÷5.5=約13なので、高校生男子の13人に1人は高校球児である。

2 高校球児が日本のプロ野球選手になる割合


日本プロ野球のドラフトで指名される選手は、1チーム8人×12球団と考えると、年間100人のプロ野球選手が新たに誕生することになる。

55,000÷100=550なので、高校球児の550人に1人はプロ野球選手になる。

710,000÷100=7100なので、男子の7100人に1人はプロ野球選手になる。

またちなみに、甲子園に出場経験のある高校3年生は年間約1000人だ。

つまり、高校球児の55人に1人、男子710人に1人が甲子園経験者である。

【プロ野球選手がメジャーリーガーになれる割合】→

3 プロ野球選手がメジャーリーガーになれる割合


これは概算になるが、メジャーリーガー=日本の一流プレーヤーとし、日本の一流プレーヤーの定義を、投手なら100勝・野手なら1000本安打とする。

2006年9月現在、投手100勝達成者は121人、野手1000安打達成者は242人で、合計363人だ。これを戦後プロ野球史60年で割ると、363÷60=約6人と、年間6人の一流選手が誕生することになる。またこの6人を、メジャー球団の25人枠相当の力を持った選手とみなす。

過去5年間で日本人メジャーリーガーは合計23人おり、年平均すれば4.6人ということになるが、メジャーリーガー相当の選手も国内に残留しているため、年あたり6人ということで納得してもらおう。

すなわち、1年で誕生する100人のプロ野球選手のうち、6人が一流プレーヤーになり、メジャーリーガー相当の実力を持っているとする。

100÷6=約17なので、プロ野球選手の17人に1人はメジャーリーガーになれる。

55,000÷6=約9000なので、高校球児の9000人に1人はメジャーリーガーになれる。

710,000÷6=約12万なので、男子の12万人に1人はメジャーリーガーになれる。

4 メジャーリーガーがオールスター常連選手になる割合


メジャーリーグ30球団25人枠にいるメジャーリーガー、30×25=750人から、オールスター選手64人が選ばれるとしよう。オールスター出場選手の平均出場回数は約3回だ。よって、毎年新たに選出されるオールスター選手は、約20人である。

750÷20=約38なので、メジャーリーガーの38人に1人はオールスター選手になれる。また、2006年メジャーオールスター出場選手64名中、5回以上出場した常連選手は15人だ。例年、オールスター選手4人に1人程度が常連選手である。

すなわち、38×4=約150と、メジャーリーガーの150人に1人はオールスター常連選手である。

【結論】→

5 結論


さて、ここで本稿の結論だ。オールスター6回出場のスタープレーヤーであるイチローは、150人に1人のメジャーリーガーだとすれば、以下が成り立つことになる。

17×150=約2500なので、イチローはプロ野球選手2500人に一人の存在

9000×150=135万なので、イチローは高校球児の135万人に一人の存在

12万×150=1800万なので、イチローは男子の1800万人に1人の存在

ということだ。日本人男性は現在約6000万人なので、計算上では日本に3人のイチローがいるのかもしれない。1800万人に1人というのを人口比から考えると、イチローは約25年に一人の天才ということができるだろう。

結論:イチローは1800万人に1人の天才である。


関連リンク:イチローを超えた「イチロー」
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。