ドイツやイタリアなどの海外サッカーや、日本のボクシング界などにおいて、八百長事件や八百長疑惑が頻発している。かつて台湾プロ野球を揺るがせた事件を通して、八百長の根幹を探る。

【台湾野球】八百長はなぜ起こるのか(1)→

台湾球界大激震、新リーグの誕生


96年のペナントレースが終了し、97年を迎えようとするにあたって、台湾プロ野球界には二つの大激震が起きた。リーグの分裂と八百長選手の摘発だ。

リーグ分裂の話は話が厄介だ。もともとのリーグは中華リーグと言うが、ここで新たに台湾リーグが設立されてしまったのだ。台湾リーグの設立の経緯を説明しておこう。

中華リーグのCATVでの放映権を緯來(TVIS)に奪われたTVBSの総裁が、「棒球番組が放送できないなら、球団を作っちまえ」という勢いで作ったのが、4チームからなる台湾リーグということなのだ。なかなかのやり手のこの総裁は、この案を思いついてたった1年でリーグを作り上げ、開幕までこぎつけてしまった。

さらに、もともとの中華リーグは創設前から、中信(現和信)球団の参入を約束していた。97年に中信が加入して、中華リーグは7球団という奇数変則形のリーグになってしまった。そして中華リーグにはさらなる大問題が起きた。選手がどんどんいなくなっていくのである。

その理由は、新リーグの台湾リーグだ。台湾リーグは、中華リーグの中心選手を破格の契約金でごっそり引き抜いていった。各チームのレギュラークラスを平均4人ずつと考えていい。残された中華リーグはたまらない。7年間かけてチームとスター選手を育て、作り上げてきた「ドラマの文脈」が壊滅状態になり、ただでさえ薄い選手層がますます薄くなってしまった。果たして人口二千万そこそこの台湾に、プロ野球が11チーム存続できるのか、という異常事態に陥ったのである。

【八百長選手の摘発】→