2008年の北京五輪を最後に、2012年ロンドン五輪ではオリンピック正式種目から除外された野球。野球がオリンピック競技に復活する可能性を探る。

正式種目除外の経緯


2005年7月に開かれたIOC(国際オリンピック委員会)総会は、北京五輪に続く2012年五輪の開催地をロンドンに決定した。その後、同総会での投票によって、野球とソフトボールはロンドン五輪での正式種目から除外された。

そして2006年の2月9日、両種目の開催復帰への嘆願書が提出されたことを受けて、IOC総会においてロンドン五輪での「復帰再考」を問う投票が再び実施された。この投票は以下の2段階が設定されていた。

(第一段階)今総会で復帰を問う「第二段階」の投票を行うかの投票
(第二段階)両種目の復帰を問う投票

結果は、第一段階の投票で過半数を獲得することができなかった。この時点でロンドン五輪における野球開催がなくなったことが決定したのだ。

危惧されていた五輪野球開催


IOCやFIFAなど、国際的なスポーツ組織は、利権の絡み合う世界である。なぜロンドン五輪で野球が除外されたかは、事細かな真相は霧の中だ。しかし、これが決定する以前から2012年オリンピックにおける野球開催は危ぶまれていた。

その理由はいくつかある。開催地の有力候補が本命パリ・対抗ロンドンという、野球が盛んでないヨーロッパだったということ。2004年アテネ五輪でも、開催国ギリシャがかなり無理をして野球の開催を敢行したこと。そのアテネで、MLBがメジャー選手の参加に制限を加えたこと。また最大の野球国であるアメリカが、予選敗退してアテネに出場できなかったこと、等々だ。アテネ五輪での野球開催を振り返ってみよう。

アテネ五輪での野球はどうだったか?→

アテネ五輪での野球はどうだったか?


アテネ五輪での野球競技は、五輪予選を勝ち抜いた各地区からの代表8チームによって行われた。8チームが総当たり戦の予選リーグ(全28試合)を行い、その上位4チームによる準決勝2試合と、決勝戦・3位決定戦の、合計で32試合だった。

出場8か国の中には、開催国であるギリシャも含まれている。当然、ギリシャでの野球人口は少ない。そこでギリシャは、ギリシャ系アメリカ人などを集めて即席ナショナルチームを作った。オリンピック開催国において野球がマイナー競技だと、このように強引な話になってしまう。野球マイナー国では、チーム編成だけでも相当にコストがかかるのだ。

また、「参加することに意義がある」とは言え、世界でたったの8枠しかない出場チームのうち1枠を、他の有力国をおしのけてまで開催国ギリシャに充てる意義があったかどうかは議論の余地があるだろう。

スタジアム建設の負担


さらに、全32試合のスケジュールを消化するためには、野球場が2つ必要になる。しかもただグラウンドであればいいというわけではなく、スタンド等も設けた「スタジアム」でなくてはならない。かくしてギリシャは、五輪後に使われるあてのない専用スタジアムを新たに建設したのである。これは開催国にとって大きな負担だ。

IOCが最も気にするであろう、「人気」--放映権などの収入につながる--という面でも、ギリシャでの開催は辛いものがあった。ヨーロッパでは野球がまだまだマイナースポーツであるがゆえに、ギリシャにはTV中継やデータ処理(記録など)などのノウハウもない。スタンドもガラガラだった。メジャーリーガーやアメリカの不参加などもあって、「アテネ発野球中継」は、五輪種目としては立ち位置の難しいものだったのだ。

ロンドン五輪で野球が除外された理由→

ロンドン五輪で野球が除外された理由


野球の原型であるイギリス発祥のクリケットは、イギリスではもちろんポピュラーなスポーツだが、野球はそうではない。フランスの方がまだ野球が盛んだ。ロンドンが開催地争いでパリに競り勝った背景には、「野球開催の可否」も具材の一つになったのでは、とも勘繰りたくもなる。

しかし、主に野球マイナー国のIOC委員に多い「開催反対派」の立場から見れば、野球を正式種目から除外すべき合理的な理由はいくつもある。アテネ五輪を顧みてわかる通り、仮にロンドン五輪で野球が開催された場合、イギリス側にはスタジアム建設など、多大なコストがかかり、それに見合った採算性(興行収入)も計算できない。「開催することに意義がある」とばかりは言い切れないからだ。

そしてもう一つの除外理由には、IOCのMLBに対する「注意喚起」が考えられる。MLBは事実上、世界の野球状況に強い影響力を発揮している。IOCは世界のスポーツを牛耳りたい。しかしMLBはオリンピックに対して協力的ではない。そこでIOCは五輪種目から野球を外すことによって、「もっとIOCに協力しろ、そして野球を世界に普及させろ」というメッセージを発したと取れなくもない。

かなりの僅差だった「野球除外」投票


2005年7月の「可否投票」の結果は後に明らかになった。ロンドン五輪の野球開催に対しては、賛成50票・反対54票。そして野球と同時に除外されたソフトボールの結果は、賛成52票・反対52票・棄権1票。

実際のところ、投票結果はあまりにも接戦だった。野球をやる国・やらない国でくっきりと二分された印象がある。そして後に「嘆願書」が提出されたのは、「やる国」側にとればこの結果があまりにも僅差だったからだ。特にソフトボールの投票結果は、「過半数=50%超」という解釈問題、すなわち棄権票をどうみなすか、50%は過半数ではないのか、という微妙な話なので、動議が出て当然という状況だった。

そしてこの投票結果の意味するところは何か。オリンピックで野球はどのように復活するのか。そのシナリオをタイムラインで探ろう(続く)。

後編に続く→
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。