玉田圭司選手

「出足が悪かった。初めが大事だと分かっていたのに。気持ちで負けたわけでもないけど、相手らしいサッカーをさせてしまった。(引いて守られてどうでした?の質問に)いや、いい時もあったけど、こっちはコンビで攻める機会が少なかった。次に向けてはもう切り替えてるから大丈夫です」

田中達也選手

「最後にチャンスがあったから、点を入れたかった。いつ出番が来てもいいようにいい準備はしていた。北朝鮮はフィジカルが強いし、精神的にもタフだったと思う。自分が突破してシュートしたようなシーンをもっと沢山作っていきたい。今日は初代表だったけど、チームが負けたからよくない。もっと試合に出られるように練習からアピールしたい。国際試合はやっぱりすごくレベルが高いと感じた」

宮本恒靖選手

「(入り方はどうでした?の質問に)強い気持ちで入ろうと思ったけど、試合への気持ちの強さという意味では北朝鮮は相当だったし、こっちが受け身になってしまった。しのいだところで行きたかったけど、先に失点してしまった。(北朝鮮のメンバーが入れ替わっていたが?の質問に)あまり気にしていない。相手が守備で頑張ってくるというのは今までと同じだったし。でも相手が先取点を取ったところで勝利への強い意識が見えた。自分たちの課題が見えた試合だった。

(試合疲れがあったのでは?の質問に)どんな状況でも試合に負けたらダメ。敗戦をきっかけに切り替えていくしかない。ハーフタイムには慌てずサイドから攻めようという話をした。真ん中を固められていたんで、もっと外を使おうとした。(初代表の選手たちに関しては?の質問に)自分たちのいいところを出したと思うし、達也の突破からのシュートを大黒が詰めたシーンなんかはチーム全体にとってプラスだったと思う。でも今回は引いている相手への工夫が足りなかった。全員で機転をきかせたりするのが少なすぎた」

大黒将志選手

「悔しいです。点も取れなかったし、シュートも打てなかったから、残念です。自分自身は良くも悪くもなく普通にできたと思う。でも結果はしゃあない。あれだけ相手が引いていたし、どうやってゴール前に行こうかずっと考えていたけど。自分が相手を引っ張っておけば、満男さんがその空いたスペースに入れたりするとか考えた。

(新たなメンバーはどうでした?の質問に)達也のドリブルなんかはよかったと思う。点を取りにいくためのプレーをどんどんやっていた。ジーコも優勝を諦めないと言っているし、次はもっと集中してやりたい」

遠藤保仁選手

「今日ミーティングがあったけど、特に相手に対しての特別な分析はなかった。監督も変わったし、メンバーも多少は変わっていた。前の試合のビデオも見たからイメージはだいたいできていた。だけど失点を先にしたのが敗因。最初からがんがんくると思ってたし、落ち着いて戦おうとしたら、先に失点してしまった。先に点を取られると必ずああいう展開になる。それでも何度かチャンスを作れたし、続けていくことが大事。自分もミドルシュートを1本しか打っていないんで、もっと打ちたい。しっかり反省して次に生かしたい」

加地亮選手

「間違いなく北朝鮮は気持ちが入っていた。気持ち的には負けていたし、球際も負けてた。それが結果として1点につながってしまった。ここまで気持ちが入っている入ってないで流れも変わる。球際でもボールを取れないと攻撃がつながっていかない。やらないといけないことは分かってる。攻めを急がずにサイドから突破しようと思っていたけど。後半はセンタリングが増えてチャンスになった。今回は若い選手も出たけど、出場時間も短いし、相手が引いててスペースもなかった。そういう意味で厳しかったのかな」

(取材・文/元川悦子)

3P 日本vs.北朝鮮戦 マッチレポート前半戦
4P 日本vs.北朝鮮戦 マッチレポート後半戦