遠藤保仁選手

「前半から積極的にいけた。でも後半は相手も2人メンバーを交代してきて、こっちのディフェンスラインの前に小さいのがうろちょろしていた。それを僕とフクさんのどっちかがつくかという話をしながらやった。ただ、向こうの6番と10番がフリーでボールを受けていた時があった。スペースを空けすぎたのが後手後手になった理由だと思う。後半の頭からちょっとずつ間延びして、しっかりやろうといっていたけど、できていない面もあった。この反省を次に生かせればいい。

今日は中を絞って外からの攻撃というのはいい時はできていた。特に前半は玉田や大黒が裏でもらう意識が高かったんで。バックパスよりも裏へ裏へという意識が高かった。(狙い通りですか?の質問に)はい。試合前から話していたし、意図してやったこと。今日は勝てば1位通過だったし、モチベーションも高かった」

宮本恒靖選手

「最後はへばったけど、最初から飛ばして、早い段階でボールを奪えるようなサッカーがよくできた。最初飛ばした分、後から疲れたけど。立ち上がりから積極的に行こう、今日はホームやしという話をしていたし。(シンプルな攻撃ができた?の質問に)それは意識してやったけど、もう少し落ち着けばいいところで蹴ってしまったりした。ダエイにPKを与えたシーン? 佑二とダエイを孤立させてしまった。

もう少しサポートできるところにいればよかった。ポジションを修正する必要がある。ちょっと意識的にラインを上げている時間帯と下げている時間帯があって、あの時間帯は下げてしまった。ダエイというターゲットにロングボールを蹴ってきていたから、ラインを上げた方がよかったかなあ」

大黒将志選手

「シュートは入ってよかったです。アレ(三都主)がいいボールをくれたんで、そのおかげです。足も痛くなかったし、体調もよかったから。ジーコ監督もスタメンで使ってくれて結果を出さないといけなかった。でももっと取れるチャンスがあったから取りに行きたかった。

(玉田とのコンビは?の質問に)相手が強いチームだし、出てきてくれるからやりやすい。前半も何回かいい場面があったし。コンビはやればやるほどよくなっていく。1点目のシーンはニアに行って届きそうだったけど、加地君がフリーになった。1点を取ったことで相手がかりになったし、こっちはさらに取りやすい状況になった。とりあえず勝つという目標を果たせた。出足からよかったし、ああいう立ち上がりは理想的」

三都主アレサンドロ選手

「イランは高さのある選手が多いんで、できるだけ早くセンタリングを上げてくださいとFWも言っていた。自分もなるべく時間をかけずにスペースにどんどん上げていった。最初から狙いがあったからリズムが出てきたんじゃないか。なかなか点が取れなかったけど、加地が決めてくれたんでよかった。2点目はどっちかというと、オグリが難しいボールをよく決めてくれたという感じ。GKがファーのボールを読んでて、ダエイがニアにいたから、速いボールでダエイを外しながら前半から蹴っていた。あの時もある程度、いいところにいったと思う」

加地亮選手

「1位通過できたのが一番うれしい。(得点時のガッツポーズ?について)無意識でした。ファーに直接くるかなと思ったけど、ニアに来た。誰かがつぶれて裏に来てくれたらいいなと思ったけど、詰めててよかったです。いい時間帯に取れてよかった。気持ちいいもんですね。最終予選を通じて伸びたのは気持ちの部分。やれるんだという自信ですね。1次予選が一番苦しかったけど、最終予選は自信をもってやれたと思う」

玉田圭司選手

「(大黒とのコンビがよかったのでは?の質問に)今日だけじゃなくていつもああいうプレーをしようと狙っていた。中盤がいい形でボールを奪えていたのでやりやすかった部分はある。アシストは大黒を狙ったので、加地君は全然見えていない。後半は相手が積極的に上がってきたし、自分たちに疲れもあった。今日は勝ってよかった」

中澤佑二選手

「前線から選手が連動してボールを奪うというディフェンスがしたかった。前半はできたけどそれが原因で体力がなくなって後半できなくなったことは今後の課題。(PKを与えたシーンについて)北朝鮮戦でミスしたことをすごく反省していただけに今回はすごく落ち込んでいる。こう見えても落ち込むタイプだから。(予選のMVPですね?の質問に)浮き沈みの激しいサッカーですから。まぁ、寝れば治るけど(笑)」

今野泰幸選手

「出られてよかったし、僕が入ってから相手を0点に抑えられたのはうれしい。1本シュートブロックすることができたし、相手からパスをもらうこともできた(笑)。持ち味である球際での強さを発揮することや全員に前線でキープさせろとジーコ監督から指示を受けた。

(3ボランチについて)ポジションは3人がバランスよく守備をするということで特に場所は決まっていなかった。ただ、日本もいっぱいいっぱいになっていたのであまりボールを触ることはできなかった。前半の守備は安定していて相手の恐さは感じかったけど放り込みだけは注意していた。もし競り合いに負けてもこぼれ球やシュートブロックだけはがんばろうという気持ちだった。こういう試合は久しぶりだったので緊張したけど自分が強くなるためにはいい舞台。まだまだアピールは足りないけど、自分はこれから伸びていけると思う」

3P 日本vs.イラン戦試合レポートへ続く…
1P ジーコ監督、イバンコビッチ監督コメント

(取材・文/元川悦子)