矢部次郎

ポジション:MF
年齢:25歳 (1978年05月26日生)
出身:愛知
履歴:奈良育英高→名古屋グランパスエイト→サガン鳥栖

昨年末に柏で行われた第一回トライアウトの会場で、笑顔の彼を見つけた。5シーズンを過ごしたサガン鳥栖を解雇され、新しいチームを探す身でありながら、そんな悲壮感をほとんど感じさせない表情が印象的だった。

「なんとかなるんじゃないですかね」

そう楽観的に答えた矢部次郎は、結局どのチームからも声をかけられないまま年明けの第二回トライアウトに臨む事となる。

「コンディション調整が難しかったです」

そうトライアウトを振り返った矢部の表情は、柏で会ったときとは全く違ったものになっていた。「サッカーの楽しさをもう一度」。そう願いつつも、その思いとはかけ離れた現実がある。そんな厳しさと直面している表情に思えた。

取材/文・江藤高志

---

名古屋へ入団

サッカーを始めたのは小学校三年の時でした。二名(にみょう)FCから二名中学サッカー部。そして奈良育英へと進学しました。一学年上に楢崎(正剛・名古屋)さん。一コ下には鳥栖で一緒にやっていた中村祥朗がいました。同期に名古屋の中谷勇介がいて、年代別に入っていたこともあって学校にスカウトの人が来てたんですが、その時に『あいつもいいんじゃない』という感じで拾われたんですよね。

プロの世界に入るときですが、監督に呼び出されて『お前プロと大学とどっちに行くつもりにしているんだ』って言われて、『まだ親と話をしてないんで』って答えたら『お前の人生だからお前が決めろ』って言われて。それで『大学断ってください』って。

そうやって名古屋に入団させてもらったんですが、サテライトだった最初の2年間は、4人とか5人くらいで別のグラウンドで練習するという形でした。トップチームと一緒に練習させてもらえなかったんですよね。だから、それこそ試合会場でピクシーを見るという感じでした。熱心なサポーターの方がよほどピクシーを見ていたかもしれません。

不完全燃焼の状態が続いてたんですが、そんなときに大熊監督(当時)のルートから東京ガスの練習に参加できそうなチャンスがあったんです。当時の東京ガスはみんながんばってて、今もそういうスタイルですけど、むかしからそういうスタイルで、やっぱサッカーはこうあるべきだと思ったんですね。そういうのにサッカーの原点みたいなものも見えましたから。それでチームの人に相談したら最初は賛成してくれてたんですが最終的にダメになって。残念でしたね。それが二十歳くらいの時でした。

思い通りに行かなくて当時はノイローゼ気味でした。練習に行くのが苦だったというか、練習場に付くと腹が痛くなったりしましたからね。『ああ、不登校というのはこういう事を言うんだな』とその時思いました(笑)。

鳥栖への移籍後、浦和を破る

だからなんとかして自分は環境を変えたかったんですけど、クビを覚悟していた4年目(2000年)に契約を許されて、もう一度がんばろうって思って臨んだキャンプがいいコンディションだったんです。だけどやっぱり思い通りに行かなくて、どうすればいいんだろうか、って相談した人が鳥栖とつながりを持っていたんです。すぐに『ビデオを送ってくれ』って話になって、縁があってレンタルで移籍する事ができました。名古屋のチームメイトは『J2ってなに?』とか『何チームあるの?』という感じだったんですが、ぼくはそういうのを調べ尽くしてたのでJ2のクラブへの移籍には抵抗なかったですね。その時一緒に移籍したのが三原(廣樹・現札幌)でした。

鳥栖にはエースのタケさん(竹元義幸・すでに引退)という人がいたんですが、(2000年23節のホームでの)レッズ戦でケガから復帰する予定でした。ただ、その試合直前の練習中にケガをするという事件があって、ぼくがその当事者だったんですよね。タケさんがずっとリハビリしていた事も知っていたんですが、タケさんのシュートチャンスがあって、その時にボールにタックルに行ったんです。ちょうどボールを挟んで両側から蹴る形になって。普通ならボールがはじき飛ぶはずなんだけど、飛んでいかなかった。

ぼくの足は無事だったんですがタケさんはまたケガをしてしまって。タケさんの両親も見に来ていて、だから頑張っていたという事もあったと思います。それで練習後にサプリメントとか小魚とか買って持って行ったら、タケさんは『気にするな、おれもトレーナーに止められていたし、それでもやっていた自分が悪いんだから』と言ってくれたんですがやっぱり申し訳なかったです。

で、タケさんが出たがっていたレッズ戦で三原が点を取った後みんながアンダーシャツに『20』て書いてたのを見せたんです。タケさんの番号です。で、おれもその日点を取ったんですが、すごく複雑な気持ちでした。タケさんが本来は決めたかったんだろうなと。だからぼくはシャツに『20』とは書けなかったですね。

その試合は2-0で勝ちました。開幕戦では7-0で負けてたんですけどね。その試合はぼくが鳥栖に入ってすぐの試合で、スタメンで出はじめて3試合目でした。相手には(小野)伸二がいて、福田さん(正博)がいて、岡野(雅行)がいました。

入団前の鳥栖はどべ(下から)2位くらいだったんですが、最終的に中位くらいまで盛り返したんですかね。最初は蹴ってばかりだったんですがぼくと三原がダブルボランチで入って、ワンクッションを置くようになったのが良かったんだと思います。もともとみんなサッカー好きな選手ばかりだったしがんばる選手ばかりだったから、パスを出せばどんどん走ってくれるし、雰囲気もすごく良かったですしね。

鳥栖での日々

鳥栖での二年目に完全移籍をしたのが2001年だったんですが、このシーズンはそれほど成績は良くなかったですね。

鳥栖で一番やりやすかったのが副島(博志)さんが監督をされていた2002年でした。すごく理論はしっかりしてますし、情熱もあったですしね。練習に対する準備もしっかりしてて、選手スタッフとかの信頼関係も良かったです。毎朝8時とかにミーティングをして『今日の練習はこういう事をするから』という話をしてグラウンドに行くともうすでにそういう準備がされていて、すぐに練習に入って行ける。合宿とかも全員で戦術について勉強して共通意識を持たせてやってました。プレシーズンマッチはめちゃくちゃ強くて、グランパスにも勝ったですしね。

副島さんから評価してもらっていたのか、人がいなかったのかわかりませんが、出場停止や累積以外は全部スタメンで出させてもらいました。このシーズンにはビスコンティとかも来てすごく勉強になりました。ぼくの中では、2000年の半年と2002年が一番楽しかったですね。サッカーが楽しいという事を思い出したのが鳥栖でした。

で、2003年。はじめは攻撃的に行く。2点取られても3点取れたら勝てるという話でスタートしました。ただ、かみ合わなくて、チームは荒れて行きました。そんな中でもなんとか出なあかんと思いながら毎日一生懸命やりましたけど、13試合ですか。ちょこっと出ては外され、他の選手がダメになるとまた出てまた外され、ローテーションで。

そんな中、ぼく、8月の頭のアビスパとのダービー(2日・26節)だけはなんとしても出たくて、それでアピールして先発で出してもらえたんですが、そこで開始5分くらいでケガしてしまったんです。なかなか出られないし出るチャンスも滅多にないしダービーだし、という事でプレーを続けていたんですが後半の頭くらいに点を取られてしまった。

そのシーズンは、点を取られるとたいがいぼくは代えられていました。ボランチを一人削ってFWを一人入れる、という交代がパターン化していて。で代えられたんですが、そのケガが実は全治2~3ヶ月くらいの重傷だった事がわかったんです。結局最後の43節かな。広島の昇格が決まった試合の残り15分くらいに出てそのままシーズンが終わったという感じでした。その時は会社もごたごたしてましたし、現場もまとまってなくて『もうケガもしてもーたし、自分のためだけにトレーニングしよう』と思ってパーソナルトレーナーを雇って筋トレとかを教えてもらったりして。そういう事がきっかけで自分の体に気を遣うようになったんです。

2004年シーズンの監督になった松本(育夫)さんは、昔のサッカーは詳しいですね。プレーに対する例えでソ連とかハンガリーとか釜本とかの名前が出てきてました。自分の考えを持っている人なので、そこに合わせるのが大変でした。結局1年間一緒にやらせてもらって解雇。鳥栖の生活を振り返ると、いい思い出も苦しい思い出も、両方ありましたね。

サッカー選手として社会と関わる

鳥栖にいて一番気持ちが変わったのが、社会貢献というか、サッカー選手の立場から社会の中で行動するって事でした。鳥栖ってスタッフの数が絶対的に少なくて、スタッフみんながいくつかの役職を兼務しているんですよね。だからいろいろ手伝いました。

小学校の朝礼に朝8時から出て行って宣伝したりとか、鳥栖市内の小中学校の生徒が無料という日があるんですが、そういうときも学校に昼休みに行って校内放送で宣伝をしたりしました。分校にサッカーを教えに行った事もありましたね。場所にもよりますが10数人とかの学校です。一応会社の人に間に入ってもらうんですが、教育委員会に話を通してもらって。行くのはオフの日なので他の選手は誘えない。だから一人でやるんだったら分校がいいかなと。ぼくもそういうのんびりしたところが好きでしたし。ただ、去年は会社がそういう活動に手を出せなくて、全然活動できなかったのが残念です。

そういう活動をする最初のきっかけは、心臓病の子どもとの出会いでした。その子は鳥栖市内に住んでいて、お母さんから『矢部選手のファンなんです』という手紙をもらって。2002年のシーズンだったんですが、手紙には住所が書かれていて、家の近くだったので調べて訪ねて行きました。連絡せずに行ったので相手はびっくりしてました(笑)。で、スパイクをプレゼントして次の試合を見に来てください、って招待しました。その話が膨らんで、その子が通っていた幼稚園にお願いして、そこの子どもたち11人と選手が手をつないで入場したんです。シーズンも最後の方(39節)の山形戦でした。

その試合中は点を取ってやろうなんて思ってませんし、忘れてて、普段どうりにプレーをしていたんですが、結構押せ押せで勝ちたいと思っていたら、残り数分のところで(後半37分)にぽろっとぼくのところにボールがこぼれてきたんです。それがそのシーズンの初ゴールでした。そのまま試合が終わってから『ああ、そういえば』と思い出しました。次の日に練習に行ったら、その話を取り上げた新聞記事をコピーしたものをスタッフが持ってきていて、みんなが『いい話じゃん』という感じで言ってきました。そういう事がきっかけで地域に貢献する、関わる、という事に興味がわいてきたんです。

その子の家には鳥栖を離れる日に顔を出してユニフォームとかプレゼントしてきました。普通には生活できるみたいですが、水泳とかマラソンとか、サッカーとかの激しい運動はできないみたいです。

昔の鳥栖にはチームの手伝いをする人が多かったんですよ。島岡健太さん(2001年に退団)は『お金ないなら手伝おうか、おれらの方が顔は利くだろうし』みたいなノリで。そうやって選手たちが会社の活動に協力する姿勢があるチームでしたね。

現役にこだわりたい

もうちょっと現役にこだわりたいんです。鳥栖をクビになってからここまでにザスパ、トライアウト一回目、山形、ロッソ(熊本)も受けました。徳島、トライアウト二回目、で次がホリコシ。やっぱり体が動けてしまうという事もありますし、あまりいいサッカー人生ではなかったというのもありますね。

特にこの2年間はきつかった。自分の中では練習も一生懸命やりましたし、それなりにアピールできていたと思うんですが、それでも去年に関しては出場時間が短かった。松本さんの下で、サブの選手たちもモチベーションを落とさずに腐らずにやってましたから『なんで』という思いがあります。とにかく自分の中で伸びているな、という感覚があったんですよね。うまくなっているという実感です。

ただ、やっぱクビになってから思うのはサッカーが好きだったんだな、という事ですね。今までいろんな苦労をしてきたからあっさりやめたくない。やりきったという思いがないのでもういいや、とは思えないんですよね。

それこそ2003年とかはサッカーが嫌になりましたし、素人の友達がやっているフットサルに顔を出してみんなが楽しそうにサッカーをやっているのを見ながらサッカーは楽しいんだな、って改めて思いました。やめるのはいつでも簡単ですしね。他の仕事をするにしても同じモチベーションでできるような仕事がまだ思いつかないんですよね。

国内がダメになったら海外もあるかなって考えてます。年が年だし(26歳)海外に行くとすればそろそろラストチャンスなので。ただ実績がないのでどこまで評価してもらえるのかな、というのはあります。

FC岐阜の森山(泰行)さんからは『いつでもいいから、どうしてもなくて、どうしてもやりたいんだったら来い』って言ってもらってます。働きながらですけどね。東海2部と言ってましたが、1部に上がって、でJFLですか。そういうのもいいかなと思ってます。

それにしても決まらない時は決まらないですね。だけど今回思ったのはうまい選手はいい選手が多いと思いました。トライアウトとかセレクションに来てた選手って。そういう場って楽しかったりするんですよね。みんなサッカーをやりたいという気持ちで来てますし、一生懸命にやってますから。そこで共通の話になりますし、そういう経験ができたのはよかったです。

この世界で生きようと決めたのは自分だという事もありますしまだやめられないという感じです。自分の中で自分が完成したプレーヤーだとも思ってないですし、まだ伸びると思っていますし。でも最近『みんなどんな思いでやめていっているのかな』って思っているんですよね。まだできるんじゃないのかな、って選手までやめてますしね。

ここまでこだわっているぼくは、サッカーが好きなんやろうなぁ(笑)。

---

現在(1月20日時点)あるチームと話を進めており、話がまとまりそうだと
連絡が入った。条件は厳しいようだが、ぜひとも今季もプレーする姿を見せてほしいと思う。

取材/文・江藤高志