チャンピオンズ・リーグ(CL)はベスト8の組み合わせも決定し、いよいよ佳境に入った。イングランドは昨年同様出場4クラブがすべてベスト8に入った。だが一方で、イタリア・セリエAはベスト16までの全クラブが敗退と寂しい状態だ。なぜイタリアのチームは弱くなってしまったのだろうか……。

八百長事件を境に立場が逆転

今季のCLの決勝トーナメント1回戦では8試合中3試合がイングランド勢対イタリア勢であった。結果はご承知の通り、イングランド勢がすべて勝利。いわゆるイングランド「4強」はすべてベスト8に進出し、イタリア勢は決勝トーナメントに出場できなかったフィオレンティーナだけでなくインテル、ユヴェントス、ローマと全チーム敗退してしまった。

だが、3シーズン前の2005-06シーズンのCLの結果を見てみると、結果としてはイタリア勢の方が好成績であった。CL初出場のウディネーゼこそグループリーグで敗退したもののミランはベスト4、ユヴェントスとインテルはベスト8まで進んでいる。

翌2005-06シーズンのイングランド勢はアーセナルが決勝まで進んだが、リバプール、チェルシーはベスト16止まり。マンチェスター・ユナイテッドにおいてはグループリーグ最下位で敗退。

しかしそのシーズン終了後、イタリアサッカー界を揺るがした八百長事件(カルチョポリ)が発覚。2006年5月、セリエAの八百長事件でユヴェントスはセリエBへと降格した(ユベントス降格!?カルチョ史上最悪の醜聞を参照)。ドイツで行われたW杯でこそイタリアは優勝したが、CLにおいてはそのシーズンを境にイタリアとイングランドの状況が逆転し始めることになる。

2006-07シーズンこそはCLの優勝杯である「ビッグイヤー」はミランが獲得し、ローマはベスト8入りしたが、インテルはまたしてもベスト16で涙をのんだ。その一方でアーセナルはベスト16だったが、リバプールは準優勝、マンチェスター・ユナイテッドとチェルシーは準決勝まで勝ち進んでいる。

そして、2007-2008シーズン。決勝はマンチェスター・ユナイテッドとチェルシーのイングランド対決だった。リバプールは準決勝でチェルシーと対戦し、アーセナルはそのリバプールに準々決勝で敗れている。イタリアといえば、ローマだけはベスト8まで残ったが、前回王者のミランとセリエA覇者のインテルはいずれもイングランド勢に屈しベスト16で敗れ去っている。

財政面でもイングランド「4強」はベスト10入り

今シーズンもすでにイタリアのクラブは姿を消したが、イタリアの報道ではその理由の1つをクラブ財政面での差にあるとしている。

最新版「デロイト・フットボール・マネーリーグ」の調査によると、昨シーズン、イタリアは特に財政面ではイングランドに大きく水を空けられており、イングランドの4強とバイエルン、スペインのバルセロナとレアル・マドリーが財政面では上位を占め、インテル、ユヴェントス、ミラン、ローマはいずれもその後塵を拝している(表1参照)。

もっともインテル、ミラン、ローマは収入自体増えているのだが、セリエBに降格していたユヴェントスや、クラブの破綻危機にあったラツィオなどは、放映権収入などの激減もあり、かなりシビアな懐具合となっていた模様。

特ユヴェントスは、昨年発表された同じ調査において、セリエBに落ちた2006-07シーズンは3位から一気に12位にランクダウン。放映権やチケットの売り上げなどCLで上位に進出することが、クラブの財政面は大きく影響を与えていることがうかがえる。

また、イングランドでは上位クラブだけでなく、中位、下位のクラブが外国資本の買収が続き、イングランドのプレミアシップが選手にとって収入面でもレベルの面においても魅力あるリーグになっていることも要因の1つとなっているだろう。

若手選手の活躍が少ないイタリア

すべてお金だけの問題とも言い難く、もともとイタリアには言葉の問題もあり、イングランド人やスペイン人は多くなかったものの、外国のトップ選手があまりイタリアのセリエAに来なくなった一因もあるだろう。

セリエAでプレーする外国人選手を見ると、ベッカムやロナウジーニョ、フィーゴといった2002年、2006年のW杯に出場した選手が名を連ねているものの、現在のところトップレベルで活躍しているとは言い難い。

また、イタリアは他の国と比べて若い選手が育ってきていないことも悩みの種となっている。インテルのDFサントンやFWバロテッリ、ユヴェントスのFW/MFジョビンコなどを見ると若手の成長を感じられるが、それでもA代表に招集されるエースまでに成長していない。

セリエAの復権は選手の育成にアリ

そうは言っても欧州の各リーグの実力差は大きくあるわけでもなく、イタリアが凋落の一途をたどっているわけではない。ただセリエAは八百長事件以降、インテルの独走が続き、力が拮抗しなくなってセリエA全体のレベルを下げってしまったことが、今回イタリア勢がすべてCLで敗退してしまった一番の要因なのではないだろうか。

1992年にCLが始まって以来、ミランやユヴェントスのどちらかが毎年のようにファイナリストとなり、2006年のW杯はイタリアが4度目の優勝を果たしたように、イタリア勢の潜在能力は高い。各チームが地道に若手選手を育成し、セリエAのレベルを上げることがイタリア勢復活の近道となろう。

表1 2009年2月にデロイト社が発表した昨シーズンの収入額上位の20クラブ

※( )は一昨年シーズンの順位、1円=130円で計算。

1 (1)  レアル・マドリー 約366ミリオンユーロ(約476億円)
2 (2)  マンチェスター・ユナイテッド 約325ミリオンユーロ(約423億円)
3 (3)  バルセロナ 約309ミリオンユーロ(約402億円)
4 (7)  バイエルン 約295ミリオンユーロ(約384億円)
5 (4)  チェルシー 約269ミリオンユーロ(約350億円)
6 (5)  アーセナル 約264ミリオンユーロ(約343億円)
7 (8)  リバプール 約211ミリオンユーロ(約274億円)
8 (6)  ミラン 約210ミリオンユーロ(約273億円)
9 (11)  ローマ 約175ミリオンユーロ(約228億円)
10 (9)  インテル 約173ミリオンユーロ(約225億円)
11 (12)  ユヴェントス 約168ミリオンユーロ(約218億円)
12 (13)  リヨン 約156ミリオンユーロ(約201億円)
13 (16)  シャルケ04 約148ミリオンユーロ(約192億円)
14 (10)  トットナム 約145ミリオンユーロ(約189億円)
15 (15)  ハンブルグ 約128ミリオンユーロ(約166億円)
16 (19) マルセイユ 約127ミリオンユーロ(約165億円)
17 (14)  ニューキャッスル 約126ミリオンユーロ(約164億円)
18 (-)  シュトゥットガルト 約112ミリオンユーロ(約146億円)
19 (-)  フェネルバフチェ 約111ミリオンユーロ(約144億円)
20 (-)  マンチェスター・シティ 約104ミリオンユーロ(約135億円)



<関連リンク>
欧州サッカークラブ最強「事情通」読本
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。