イングランドのマイケル・オーウェンは98年フランス大会において、当時代表最年少の18歳でW杯デビュー。アルゼンチン戦でセンターサークル付近からのドリブル突破の強烈なゴールを叩き込み、一躍「ワンダーボーイ」として世界にその名を轟かせた。今大会はイングランドのウェイン・ルーニー(20)を始め、多くの若いルーキー選手たちがW杯という“夢舞台”にデビューする。

「新ワンダーボーイ」と「アッズーリのエース」

ルーニーはケガから復帰して“爆発”するか!?(©Soccer-Europe.com)
イングランド代表の「新ワンダーボーイ」ことFWウェイン・ルーニー(20)は、W杯での活躍を期待されていたさなか、4月29日のチェルシー戦で骨折。スヴェン・ゴラン・エリクソン代表監督は彼を招集したが、出場は微妙とされていた。しかし、今月2日の練習でボールを触ったトレーニングをし、7日の精密検査で問題がなければW杯デビューにゴーサインが出る模様だ。自国開催の66年大会以来の優勝を狙うイングランドにとっては、ルーニーのスーパーゴールが不可欠である。

ジラルディーノは“イケメン”としても今大会の注目選手だ
もう一人、国民の期待を背負う若きストライカーがいる。イタリアのFWアルベルト・ジラルディーノ(23)だ。アテネ五輪で日本と対戦したイタリアの中心メンバーだったため、覚えている方も多いことだろう。昨夏にACミランに移籍し、今大会はアッズーリことイタリア代表のエースとして臨む。初挑戦したチャンピオンズリーグ(CL)ではノーゴールに終わってしまったが、先月31日に行われたスイスとのテストマッチでゴールを挙げ調子は上向きだ。ドイツでは記念すべきW杯初ゴールをあげ、スキャンダルに揺れるアッズーリに明るい話題を提供したいところだ。

“バルセロナ育ち”の新星対決なるか

中盤の層の厚いスペインので、ファブレガスはW杯出場チャンスをうかがう
初優勝を狙うスペインにも若き司令塔がいる。今年5月、クラブ創設史上初めてCL決勝に進んだアーセナルのMFセスク・ファブレガス(19)だ。2003年にバルセロナの下部組織である“カンテラ”からアーセナルに入団。今シーズンはユヴェントスへ移籍したフランス代表パトリック・ヴィエイラの穴を埋めるプレーを見せ、レギュラーポジションを獲得。CL決勝トーナメントでもレアル・マドリーやユヴェントスなどの強豪を退けたその活躍が認められ、今年3月にスペイン代表に初招集。コートジボワール戦でスペインの先制点をアシストし、好評価を受けそのままW杯本大会でも代表入りを果たした。

もう一人今大会のスター候補となるアルゼンチン代表選手がいる。ファブレガスと同じカンテラで育ったバルセロナ所属のFWリオネル・メッシ(18)だ。早くから「マラドーナ2世」との呼び声高いメッシは、昨年行われたワールドユースで得点王に輝いた。13歳でバルセロナの下部組織に合格し、昨年バルセロナのトップチームに加入後すぐさま主力として活躍。昨年5月1日にエスパニョール戦で初ゴールを決めたときはなんと17歳11か月と、バルセロナの最年少ゴール記録を樹立した。

メッシは、アルゼンチン代表としては昨年8月のハンガリー戦でデビュー。11月に行われたクロアチア戦で初ゴールを決めるなど、若いアルゼンチン代表のエースに急成長。だが、今年3月にCLで負傷し、W杯出場が危ぶまれたが、5月23日のテストマッチで復帰した。コンディションは順調のようでアルゼンチンサポーターの期待は大きい。
メッシはバルセロナ・ライカールト監督からも“バルセロナの未来”と称されている(©Barcelona)


ファブレガスとメッシ、どちらも同じ年でバルセロナのカンテラ育ちのライバル同士だ。CL決勝ではメッシの負傷のためかなわなかったが、W杯ではこの2人の対決が、決勝ラウンドで見られる可能性は十分ある。

他にも、ブラジルのFWロビーニョ(22)や、クロアチアのMFクラニチャール(21)、イングランドのFWウォルコット(17)、ドイツのFWシュバンシュタインガー(21)、ポルトガルのMFクリスティアーノ・ロナウド(21)など、W杯に初お目見えする若手選手がたくさんいる。

この中で、世界中のサッカーファンを驚嘆させ、大ブレイクする選手はいったい誰になるのだろうか……。

<関連リンク>
All Aboutスポーツチャネル
スポーツナビ
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。