ウーリーバッガー

ウーリーバッガーはトラウトにとって様々な要素を併せ持つパターン。長いテールは小魚やリーチ(ヒル)にも見えるし、ふっくらしたボディはニンフと捉えることもできる。均一に巻かれたハックルは陸生昆虫の足といってもよいだろう。湖やポンド型の管理釣り場では万能のフライで、主にリトリーブや流れのある場所でドリフトさせるのにぴったりだ。こちらもフックサイズの大小、カラー違いでバリエーションが付けられる。作るのも簡単なので量産も可能だ。

下巻きをしたフックにシンカーを適量巻きつけ、テールとなるマラブーを留めておく。ウーリーバッガーの場合、長めがよい。
テールの根元にヘンハックル、リブワイヤーを留め、ボディを作ってゆく。ボディマテリアルは何でもよく、シニェールなど変わった素材を使う人もおおい。いずれの場合もポッテリした外観がよいのでやや太めにするのがコツ。
ボディを作ったらハックルを一定間隔で巻いてゆく。画像のように均一の隙間ができるように丁寧に作ろう。ハックルがヘッドまできたらスレッドで巻き留めて余りをカットしておこう。
ハックルと同じ間隔で逆回転させるようにリブワイヤーを巻いてゆく。くれぐれも巻いてあるハックルを倒さないように注意しながらゆっくりと作業しよう。このリブワイヤーはハックルの補強を兼ねるのでややキツめに巻くとよい。
ワイヤーをきれいに巻きとめたらフィニッシュして完成となる。ヘンハックルが無ければコックネックハックルでも構わないが、その場合リトリーブすると水流を受けて回転してしまうのでヘッドにパートリッジなどのソフトハックルを付けるとよい。

>>まだまだ続きます、トラウトチャレンジ編!>>