ライトゲームで使うタックル

26番
コンパクトでシンプルなタックルだけに、各パーツにはこだわりたい
海のライトゲームの場合、特別なタックルはあまり必要ない。基本的にトラウトタックルや柔らかめのバスタックルがあればそれを流用することができる。しかし、舞台は海となるので、狙った魚以外の大物が掛かることがあるからやっかい。メバル狙いならトラウト用のウルトラライトロッドに3lbラインで十分だが、これに40cm以上のシーバスがヒットすると… 楽しいが結構しびれてしまうことになる。やはり、こうした事態に備えるには、やはり専用ロッドが欲しいところだ。では、どんなタックルを用意すればよいのか解説してゆこう。

ロッド

26番
Uガイドと呼ばれる絡み防止機能を搭載した製品もある
26番
手軽という意味ではこうしたコンパクトロッドがもっとも似合う釣りでもある
ライトゲーム用に開発されたロッドはティップが柔らかく、強いバットを持っているものがほとんど。極小ジグヘッドが投げられ繊細なアタリが取れる竿先と、不意の大物でもある程度粘りが効くようなバットでできているのだ。専用ロッドの長さは6ft~7.5ft程度が主流で、スピニングリールを装着するように作られている。値段も比較的手ごろな5千円代のものから、2~3万円を超すような本格仕様まであるが、これは財布と相談ということになる。

ロッドの長さはフィールドに合わせるのが基本になる。足場の高い防波堤や磯がメインなら7ft以上あると使いやすいし、テトラ周りやゴロタ浜を狙うなら小回りの効く6ft前後のショートロッドが便利だ。値段は安くても構わないから、とりあえず専用ロッドは用意しておくと安心だろう。

リール

26番
ライトゲームでは小型でドラグのしっかりしたスピニングリールが主流
リールは小型スピニングリールがメインとなる。具体的な番手でいうとダイワなら1500番クラス、シマノなら1000~2000番クラスが使いやすい。手持ちのトラウトやブラックバス用のリールを流用しても構わないが、新しく買う必要があっても安価なもので十分といえる。ただし、大物が掛かったときのことを考えるとドラグはしっかりしたものが欲しいところ。細いラインが主体となることを考えて、ドラグだけは信用のあるタイプにしておくとよいだろう。

>>まだまだ続きます、ライトゲームタックル編!>>

ライン

26番
ライトゲーム専用ラインもある。こうした製品を選んでおくのもひとつの方法だ
メバルやアジなど、小型魚がメインなら3~4lbで十分いける。ラインの種類としてはナイロンとフロロカーボンが中心となるが、微細なアタリがとりやすいフロロカーボンがオススメだ。値段もピンキリだが、なるべく品質の良いものを選んでほしい。ライトゲームはラインが非常に重要なポイントとなるので、ここだけは妥協しないようしきっちり吟味しておこう。分からない場合はショップに相談してみるのもよいだろう。

また最近では、PEラインでも極細のラインが入手できるようになってきている。100mで3000円以上と高価だが、より細く高い感度を求めるなら、こうした製品を選んでもよいだろう。しかし、扱い方が悪いとライントラブルが起こりがちなので、慣れも必要になる。ある程度自信がついてきたらぜひ試してほしい。

ジグヘッド

26番
ジグヘッドにはヘッドの重さとフックサイズによっていくつかのバリエーションがある。これはヘッドの重量が違うものを揃えた画像
26番
こちらはヘッドの重量が同じでフックサイズが違うパターンだ
ライトゲームの主役はなんといってもジグヘッドとソフトルアーの組み合わせだ。ソフトルアーについては次回の記事で詳しく解説するが、ジグヘッドは基本的な特長を把握し、組み合わせてゆくだけなので、ここで説明しておこう。

まず、ヘッド部分はシンカーの重さによって違いがある。0.3g程度からはじまり0.5g、0.7g、1g、1.25g、といった具合だ。メバルが主体なら、軽めの0.3gから1.5gぐらいのものがよく使われる。メバルは夜になると表層に浮いてくるので、軽いシンカーでゆっくり表層をトレースするような使い方がメインとなるからだ。逆にテトラの穴に潜むカサゴなどを狙うなら3g、あるいは5gといった重めのヘッドのものを使う。一気に底まで沈める必要があるためだが、対象によっていくつかの種類を使い分けることが重要になるのだ。全種類のジグヘッドを集めるのは大変なので、最初は0.5g、1g、2g、3g、5g、という感じで間を空けて揃えるのもよいだろう。

26番
バスフィッシングでお馴染みのダウンショットリグも活用できる。これも持っておくと役に立つアイテムだ
フック部分はシャンクの長さや、フックの大きさによっていくつかのサイズに分けられる。同じ0.5gのヘッドでもフックサイズが違う製品もあるのだ。基本的に対象の魚が小さい場合は小型フック、大きければ大型フックという組み合わせでよい。シャンクの長さの違いはジグヘッドに装着したいソフトルアーのフォルムによって決めればいまのところはオッケーだ。細かいテクニックはいろいろ存在するが、それは今後の記事で紹介してゆこう。

その他の小物

このほかに必要なものは、ハサミ、ペンチ、グローブといった小物類になる。基本的にタックルはコンパクトなので、ウエストバッグひとつあれば全部収納できるはずだ。軽装であることも、この釣りを楽しくできるポイントになるので、なるべくタックル全体をすっきりまとめるように工夫してほしい。

次回はライトゲームで使うルアーを解説します。お楽しみに!


<関連記事>
スリリングな海釣りライトゲームに挑戦!

<関連リンク>
Salty! まめ辞典
ナチュラム フィッシング特集
ナチュラム blog@naturum
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。