エギングどこで釣る?

前回「エギングにぴったりのラインシステムとは?」に引き続き、アオリイカを釣るための講座第5回目。今回はエギングのポイント選びのコツを紹介します。

アオリイカの寄りやすい場所は?

26番
やみくもにエギを投げてもなかなか釣れないアオリイカ。しっかりとポイントを見極めよう!
エギングのメインターゲットであるアオリイカを岸から釣るには、彼らの寄りやすい場所を知る必要がある。堤防、ゴロタ場、磯、ほぼすべての沿岸で活動することができるが、やはりイカにとって住み心地のよい場所というものが存在するのだ。エサとなる小魚がたくさん生息する海域、産卵に適した場所などが代表だが、岸から直接狙えるポイントというのは意外に絞れるもの。実際にどういうところがポイントとなりやすいか解説していこう。

環境によっては周年狙える「堤防」

26番
防波堤は足場もよく、釣りしやすいフィールド。エギングの主戦場といっても過言ではない。
堤防はエギングがしやすいポイントのひとつ。エサが豊富で地形も変化に富んでいるため、アオリイカが寄りやすい環境が整っているのが特長だ。堤防で一番最初にチェックしておきたいのは先端部分。ここは潮流がぶつかりやすかったり、複雑に流れたりするので、エサとなる小魚が集まりやすく、一級ポイントになるケースが多い。エギが届く範囲に舟道などがあれば、かけ上がり部分もポイントになる。また、根が多く点在し近くに深場があるような堤防なら、真冬でもアオリイカを狙うことが可能だ。

次にチェックしたいのは堤防の基礎部分やテトラなどの障害物周り。こうした場所はエサが豊富なため絶好のポイントになりやすい。さらに沖にある隠れ根周りもしっかり狙いたい場所になる。最初は隠れ根は分かりづらいかも知れないが、日中に高い場所から海を見ると周囲より濃い色をしている部分や黒ずんで見える場所があるはずだ。こうした場所には海底に根があるので、その周囲をチェックすればよい。また、春先に海草が根付きやすいところなら、大型アオリイカが産卵のために寄ってくる可能性が高いので、シーズンによっては海草が密集している周囲も好ポイントになる。


>>まだまだ続きます、エギングのポイント選び!>>

活性の高いイカが狙える「磯」

26番
磯やゴロタ場も攻ポイント。この写真のように堤防と複合しているような場所なら釣りもしやすい。
26番
複雑な地形なのでエギを着底させるのは難しい。慣れるまでは表層からカウントダウンしながら沈める範囲を広く探ろう。
磯はその周囲すべてがポイントになるといってもよい。複雑な地形は多くの小魚を育み、エサを求めてアオリイカも訪れる。磯の場合は根や潮目の周囲や潮目など、変化のある場所がポイントになる。磯やはその複雑な地形から、エギの着底が分かりづらいことが多い。そのような場合は、表層からカウントダウンして行く方法もある。最初は15秒、次は20秒、という具合に少しづつカウントダウンを長くしてゆくと、いずれエギが底に当たる感覚がつかめるはずだ。

また、このような場所では潮流が早くなることも多い。どうしても釣りづらい場合は、シンカー部分に糸オモリを追加してやると沈下スピードをコントロールすることができる。ただし、あまり自重を増やすと根ガカリしやすくなるので注意だ。

究極の技は実績ポイントにあり!

アオリイカのポイントは冒頭で述べたとおり無数にある。代表的な防波堤や磯、ゴロタ場などを中心に、エサとなる小魚の存在や産卵場所などが複合した環境になっているポイントが最有力になる。とはいえ、エギングを始めたばかりのアングラーが、すぐにそうしたポイントを開拓できるかというと、これが中々難しい。ガイドもエギングを楽しむときはポイント選択に苦しむこともしばしばある。久々に訪れたフィールドの場合はなおさら、その年の傾向や地形、潮流の変化が読み取りづらいケースも多いからだ。

そんなときはあまり難しく考えず、とりあえず実績のあるポイントを探すほうが賢明だ。地元の釣具店にお邪魔して近況を聞くのも悪くないし、そのフィールドがメインの釣りチームに事前に状況をチェックしてもらうことも良いだろう。そういったこと以外にも、防波堤や磯をよく観察すると、まるで墨汁をこぼしたような痕跡を見つけることがある。これはアオリイカを釣り上げたあと、スミを吐いた証拠になる。もちろん、スミ跡は新鮮なものほどよい。悩んでしまったら、こうした痕跡を見つけてその場所で粘るのもアリだろう。

アオリイカがよく釣れる実績ポイントは、ここで説明した環境が揃っているケースが非常に多い。潮流、根、障害物、カケアガリ、海草、そして実績ポイント。これらの状況をよく観察し、ポイントを絞り込むのもこの釣りの楽しみのひとつだ。

次回から、実戦向けのエギングテクニックを紹介してゆきます。お楽しみに!

ガイドメルマガは、本編で書けないぶっちゃけ釣り情報満載!ぜひご購読を!


画像の代替テキスト
【おすすめ書籍情報】Salty!

ガイドもライターをやっているソルトルアー専門誌「Salty!(ソルティー)」。Salty!のホームページはこちら


<関連記事>
アオリイカをエギングで釣る!
エギングに必要なタックルを揃える!その1
エギングに必要なタックルを揃える!その2
エギングにぴったりのラインシステムとは?

<関連リンク>
Salty! 全国釣り場情報
Salty! まめ辞典
Salty! ルアーショップ情報
e-angle -釣り専門用語解説-
ナチュラム フィッシング特集
ナチュラム blog@naturum
伊豆のアオリイカ釣り~アオリイカ エギング日記
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。