前回「山で楽しむ!渓流のフライフィッシング!」に引き続き、フライフィッシングをはじめるための基礎講座第10回目。今回は湖に出掛けます。大物への期待たっぷりの釣りを楽しみましょう!

湖を舞台にしたフライフィッシング

早朝、朝靄がけむる中、祈りと願いをこめた第一投。大物の気配がただよく期待溢れる瞬間だ。
日本には湖沼が大変多い。山間部と平野に点在する水流の集合地点、あるいは渓谷をコンクリートで固めた人造の水がめ。いろいろな湖があり、そこに住むトラウトたちの種類も非常に豊富だ。

渓流と違い、湖はトラウトたちにとって海の代わりになっていることもある。トラウトたちは降海するという行動が遺伝子に組み込まれている。日本では砂防ダムや河川の改修などの影響で、降海がままならない地形の地域も多い。そういう地域に湖がある場合、トラウトはこれを海の代用としてエサをたくさん食べて大きくなるのだ。

湖でのフライフィッシングはそうしたネイティブに近い大型トラウトもターゲットになる。もちろん、放流を盛んに行っている場所ではいつもどおりの小~中型トラウトもよく釣れる。しかし、せっかく湖で狙うからにはぜひとも大型に的を絞った攻め方をしてほしい。そう、気分はまさにハンターなのだ。

湖に適したタックルは?

湖に持ち込むタックルだが、これは非常に幅広い。湖の規模、浅瀬の有無、トラウトの泳層、エサとなる生き物の種類など、様々な要因を考えて選ばなければならないので、一概にこれであるということは中々言いづらい。しかし、ガイドの経験からオススメのタックルを紹介させてもらうと5番ロッドと8番ロッドの2種類だ。小回りの効く5番ロッドは浅瀬が連続するような湖で効果的。深場狙いや遠投をせずテンポ良く釣るにはこれぐらいがちょうど良いと感じる。また、8番ロッドは後述するシューティングヘッドと組み合わせて、様々な泳層を狙うときやカケアガリのブレイクライン(急に深くなる場所)を攻めるのに最適だ。ある程度遠投し、じっくり沈める釣り方に適したロッドだ。
ラインは5番タックルならWF5Fとシンキングラインのタイプ2。8番タックルの場合はWF8Fとシューティングヘッドシステムを持ち込む。シンキングラインとは、その名のとおり沈むフライラインのことになる。形状や重量はいつも使っているフローティングラインと同じ感覚だが、着水と同時に沈んでいくところが特長だ。沈み具合によってタイプ1、タイプ2、と分けられていて数字が大きいほど早く沈んでゆく。詳しくは図を見て感覚を掴んでほしい。ちなみに、ガイドの経験から言わせてもらうと、岸から狙うフライフィッシングの場合、あまり深いところは意識せず、タイプ2あたりで5m以内を攻めるやり方がオススメ。あまり沈ませてしまうと手返しも悪くなるし、疲労度も増してしまうからだ。そしてなによりも、リズムが良くなることでジアイ(魚がエサをとる時間帯)を逃さず、テンポの良い釣りができてキモチがたいへんよいのだ。
これがシューティングヘッドシステム。ヘッド部分はすぐに取り替えられるので、沈下スピードの違うヘッドなどを数種類用意しておきたい。
もうひとつのシューティングヘッドシステムだが、こちらは全長10ヤード前後のヘッド部分をランニングラインに結んで使うというもの。飛距離が稼げるうえ、ヘッド部分の取替えが容易なので沈下スピードの違ういくつかのシューティングヘッドを簡単に持ち込むことができる。複数のシューティングヘッドを用意するだけで広範囲の様々なタナを探ることができる優れものだ。湖だけでなく大型河川や海でも使うことが多いシステムなので、本格的にやりたくなったらぜひ入手してほしいアイテム。

ただし、ちょっと投げ方にはちょっとコツが必要になる。簡単にいうと、最初からシューティングヘッド部分を全部出してフォルスキャストし、軌道に乗ったらすぐにリリースする。フライキャスティングとルアーのキャスティングが組み合わさった感覚だ。達人になるとワンキャストで50m以上の距離を出すことが可能。一般のフライラインの全長が26~28m程度なので倍以上の飛ぶのだ。もっともロッドとのバランスが悪いとどうにもならないので、シューティングヘッドシステムを購入するときは必ず店員さんにアドバイスしてもらおう。

さて、最後にリーダーとティペットだが、こちらは5x~3xを用意しておこう。大型トラウトばかりの湖ではそれ以上が必要になることもあるが、その場合は別途準備すればオッケー。通常の湖で最大60cmクラスを狙うのなら5xでも十分余裕がある。太いリーダーやティペットを用意しておくのは浅瀬を攻めるときの根ズレ(ラインが障害物や底をこすること)対策の意味合いが大きい。地形的に不利だな、と感じたらワンランクかツーランク太いラインを使うように心がけよう。
>>まだまだ続きます、湖釣り編!>>

湖で使うフライは?

ゾンカーはガイドの記事で何度か紹介しているフライだ。通常はフックが下を向くように作るがこちらはキールタイプといってフックを上にして泳ぐフライ。根ガカリに強いので湖で役立ってくれる。
なんともいえない愛嬌のあるシルエットのマドラーミノー。浅瀬や根の周辺を狙うと特によく釣れる。
リアルタイプストリーマーには様々なマテリアルが使われる。こちらはチューブマテリアルを使ったタイプ。ガイドはボディーがクリアなタイプが好みだ。
モンカゲニンフもたくさんのパターンがある。ガイドはこのフライを使うときはスイミングさせて使うことが多いので動きの出るタイプを用意している。
こちらは同じモンカゲフライのキールタイプだ。根ガカリが多いときにはこちらの出番になる。
ウーリーバガーはボディーに巻かれたハックルがボリューム感とアクションを生むフライ。水生昆虫にはこんなのは居ないがとにかく良く釣れるフライだ。
主にルースニングで多用するモンタナマラブー。縦の動きをさせるとトラウトに猛烈にアピールするパターンだ。
高い浮力と大きなシルエットが特長のエクステンドボディーフライ。湖で大型昆虫がハッチしていたらこれの出番だ。ただし、非常に壊れやすいので、一匹釣るとボロボロになることも… フライケースに複数入れておきたいフライだ。
セミをモチーフにしたフライがシゲータだ。湖に張り出した木でボコンと単発で大きくライズしているようなときはこれをキャストしてみよう。食い気のあるトラウトなら一発で出てくるはずだ。
湖で使うフライについて解説しておこう。大別するとトラウトが食べることができるワカサギやヨシノボリ、そのほかの小魚が住んでいるなら「ストリーマー」、水生昆虫が豊富なら「ニンフ」「マラブー系」、それらがハッチする可能性のある種類なら「ドライフライ」といったところになる。また、暖かい季節には盛んに陸生昆虫を捕食する地域もあるので「テレストリアル」もケースに入れておきたいところだ。

ではまず、ストリーマーから解説しておこう。これは小魚をイミテートしたフライで、「ゾンカー」や「マドラーミノー」などがある。ゾンカーは(※管理釣り場編参照)でも紹介したフライでとにかく動きのある生物のイミテートには欠かせないフライだ。また、マドラーミノーもトラウトが好むフライのひとつ。浅瀬で小刻みに動かしたり、障害物の周りをスーっと流したりすると良く釣れる。いろいろなシチュエーションで使えるようにガイドは重り入りとそうでないものの2種類をいつも持っていくことにしている。もうひとつ、リアルタイプもあって、こちらは素材やフォルムなどが非常に豊富なカテゴリーのひとつ。概ね小魚に似せて作られていて、ワカサギなどを偏食しているときに特に効果があるフライだ。

次にニンフ・マラブー系だが、これが非常に難しい。ガイドは基本的に水中を動く虫を表現したい場合はニンフ、何か分からないがとにかくアピールさせたいときはマラブー系という感覚で使い分けている。湖で使うニンフの代表は「モンカゲニンフ」だ。モンカゲロウの幼生をイメージさせるフライだが、肝心なこの生き物は水がきれいなところを好むので、ここ数十年でめっきり存在箇所が少なくなっている。

しかし、大型ニンフの代表であるこのフライはモンカゲロウの幼生が居ない湖でも猛烈にアピールしてくれるから不思議だ。ちなみに、ガイドはシンキングラインで引っ張りながら釣るとき用のキールタイプ(針が上を向く)と浮かせてアクションさせるためのオーソドックスタイプを持っていっている。また、マラブー系の代表として「ウーリーバガー」は良く使われるフライの代表だ。独特のボリューム感があるので、非常に良く釣れるフライなのだが、ガイドにはいつもトラウトがこれを何に見立てて食いついているのか分からないタイプのひとつ(笑)。講釈はともかく釣れるのだからしょうがない、という魔法のフライといえる。また、湖の定番「モンタナマラブー」、以前にも紹介している「MSC」(※渓流釣り編参照)なども外れの無いフライだ。

ドライフライについてはハッチしている虫に合わせることが重要になる。湖といえど、河川が流れ込んでいる周辺だと、渓流と変わらない虫達が飛んでいることも多いので、その場合は前回紹介したフライ(※渓流釣り編参照がそのまま使える。ただし、それだけでは大型昆虫をバクバク食べているようなときに対応できないので、それらを意識したフライも揃えておきたい。最初に紹介しておきたいのは「エクステンドボディータイプ」だ。これはフックサイズよりもシルエットを大きく、そして水面上の高い場所に作ることができるので、トラウトが大型昆虫を捕食しているシーンで役立つフライだ。

もうひとつ、モンスターキラーの「シゲータタイプ」も忘れたくないフライのひとつ。これはセミを模したフライで、その圧倒的なボリュームによりアピール力が高いタイプになる。湖に張り出した木の下でトラウトが何かを捕食しているようなケースで使うと一発で出てくることがある。おそらく、陸生昆虫を食べていたと思うのだが、なんとなく曖昧でボリュームのあるシルエットがアピールした結果だろう。大型トラウトが多い湖の場合、こうした大型昆虫を模したフライをいくつか用意しておくと安心だ。

>>まだまだ続きます、湖釣り編!>>

どこを狙う?

始めてくる湖の場合、高所から見下ろしてみるとポイントが絞りやすい。ある程度釣り場が決まったら、そこへ安全に降りられるルートを見つけて楽しもう。
事前の情報がないまま湖に着いたとすると、どこを狙ったらよいかは非常に分かりづらいはずだ。しかし、慣れてくれば魚たちが溜まりやすい場所、あるいは回遊しやすい場所というのは周囲を見渡すとある程度把握することができる。

もっとも簡単なポイントは河川の流れ込みや湖へ地形が張り出している岬周辺やワンド、それに透明度が高い湖なら浅瀬も肉眼で確認できるポイントだ。そのほか杭や水没した木、人工物などの障害物周りも有望なポイントとなる。ひとつの湖を例にしたとしても、それだけでかなりの狙い目となるポイントが分かるだろう。

岸沿いがシャローとなっているワンドの奥に流れ込みが見える。トラウトにとっては格好のエサ場だろう。濁りなどで地形が分かりづらいときは山の稜線を辿るとある程度察しが付く。切り立った山がそのまま落ち込んでいるような場合は急深となり、稜線がなだらかなら浅瀬が広がっているケースが多い。
さらに、そこに住んでいるトラウトの種類が分かるような場合は、それらの習性からある程度有望なポイントを絞ることさえ可能だ。例えばニジマスは活発な魚なので、非常に広範囲を回遊する。岬周辺は水通しがよいので、回遊待ちには絶好のポイントだ。ブラウントラウトが居るなら障害物周りを狙いたい。ブラウントラウトは定着性の高い魚で気に入った障害物があれば、そこを住処にしていることが多いからだ。浅瀬や河川の流れ込みはベイト(エサ)となる生物が豊富なので、朝夕などにはすべての魚種が集まりやすいポイントとなる。釣り場に着いて周囲をちょっと観察するだけで、ある程度のポイントを絞り込むことはできる。自分にとって分かりやすい場所や入釣(湖岸に近づきやすい場所)しやすい場所をとりあえず攻めてみて、その湖の傾向を早く掴むことが重要だ。

どうやって釣る? その一、水面を攻める

ポイントが決まったらいよいよ実釣開始だ。湖の狙い方は概ね3通りある。ひとつは水面でこれはドライフライの独壇場だ。トラウトが盛んにライズしているときはドライフライのほうが勝負が早いことが多いので、よく水面を見て捕食対象の虫を見てみよう。もし、見分けが付かなかったら小型のドライフライからキャストしはじめて、反応が出るまで徐々に大きくするとよい。とはいえ、チャンスタイムは短いので、常に飛んでいる虫を観察しておくとよい。


また、ライズをよく見てトラウトの進行方向を観察することも重要だ。いきなりライズしている水面をうっかりフライラインで叩いてしまうとすぐに魚は散ってしまう。地形にもよるが、渓流や管理釣り場とは違いかなり遠投する必要があるケースなどではミスキャストはありがちなトラブルといえる。最初のうちはライズしている水域の外輪にフワッとキャスト、なんてことはなかなかできないと思うので、あらかじめ進行方向を見極めて、そこにキャストしておきじっくり構えておくほうが得策だ。そうしておけば、もしミスキャストしてもフライの位置を修正する時間もあれば、投げ返す余裕もある。これは混雑している人気ポイントでも使えるテクニックなので是非覚えておいてほしい。

ライズの方向を見極めるには「流れ」を読むことが大切。どうしても湖というと止水であるイメージが強いが、風の影響でゆったりと水が流れているものなのだ。よく見ているとライズの移動は風上から風下に向かっていることが多いので、自分の立ち位置と風の関係は常に考慮にいれておくと良いだろう。ちなみに、この流れは湖全体をかき回すことになり、その動きはそこに住む生き物全体にとっても重要なサイクルになる。たとえば、強風が吹きつける湖岸にはプランクトンが多く集まり、それを食べに小魚も寄ってくる。向かい風でキャストは苦しいが足元で意外な大物が釣れることだってあるのだ。

ライズの話が出たところでもうひとつ解説しておきたいことがある。それはライズの種類だ。通常、魚の捕食行動によって引きこされる波紋をライズと幅広く呼んでいるが、ポツーンポツーンと小さな波紋を起こすこともあれば、バシャバシャバシャと派手に水面が泡立つこともある。これは捕食されている生き物によって決まることが多い。小さな波紋のときは小型の水生昆虫の羽化したて、あるいはこれから羽化しようとしている亜成虫を捕食しているケースが多く、派手にバシャバシャっとやるときはワカサギなどを追っていることが多い。また、ゴボンっと単発で出ているときはセミなどの大型昆虫を捕食しているシーンが考えられるのだ。これらが複合したケースや地域特有のライズもある。そのあたりは釣り場で学ぶしかないのが実際なのだが、参考としていま解説したことを覚えておくとよいだろう。
>>まだまだ続きます、湖釣り編!>>

どうやって釣る? その二、水中を攻める

さて、もうひとつの狙い方は水中がステージになる。もっとも簡単なのはルースニングだ。基本的に管理釣り場と同じ考え方で構わないが、湖の違うところは広範囲を攻める必要があることと、魚の密度が圧倒的に低いことがあげられる。運よく回遊コースに当たってもタナが泳層と合っていなければ見向きもされないし、ぶら下がっているフライだと興味を示してくれないこともある。なので、湖でルースニングをする場合は積極的な姿勢を持つことが重要だ。

キャストしてフライが落ち着くまでしばらく待ち、スーッと手前に引いてやる。これを繰り返すだけで水面直下からタナまでくまなく狙えることになる。簡単なテクニックだが、広大な浅瀬を狙うようなときにはとても有効だ。

3つめの狙い方は同じく水中を攻める方法でシンキングラインを使う釣り方だ。先ほどとちがい、フライラインを沈めて様々な泳層を積極的に引いてやる。フライフィッシングの場合、沈下スピードによってラインの種類があることは先ほど述べたとおり。近いポイントならシンキングラインで、遠いポイントならシューティングヘッドでキャスティングし、一定時間待つ。この「一定時間待つ」ことを釣りの世界では「カウントダウン」と呼んでいて、秒数によって深さをコントロールするという意味がある。通常は短いカウントダウンからはじめ、徐々に長くする。そうすることで、様々なタナをくまなく攻めることができるのだ。

うまく反応がある泳層を見つけたらこちらのもの。秒数をしっかり覚えておき、次回のキャストからはそのタナまで直接届ければ無駄が無い。あとはフライのチョイスとアクションさえ合えば魚はたまらず食いついてくるはずだ。

湖のフライフィッシングのポイント

雄大な景色と大物への期待。これが湖のフライフィッシングで一番楽しい瞬間だ。一つずつ釣り方を覚えてなるべく多くの引き出しを持つようにすれば、夢の大物へも確実に近づけるぞ。
湖は非常に広大なフィールドだ。一日ですべて回ろうとせず、数箇所でじっくり粘るもよし、足を使ってガンガン攻めるのもありだ。それぞれのスタイルがあるし、どれでも釣果は望める。ようは早く自分が釣りたいスタイルを決め、それに沿ったテクニックを磨けばよいのだ。ちなみに、ガイドはじっくり派。湖だと、一日中、同じポイントに居ることも多い。トラウトたちは広大な湖に不均等に住んでいるが、エサを求める結果群れとなり概ね岸沿いを回遊する。あまり足を使いすぎると、このベストチャンスの時間帯に見当違いのポイントで一生懸命ロッドを振らざるを得ないこともしばしばだ。というか、ガイドは何度もそうした苦い経験がある(笑)。とはいえ、逆に移動した結果、ベストポイントを開拓したこともあるので、この辺はやはりスタイルだろう。みなさんは自分が楽しいと感じるほうを選ぶようにしてほしい。

雄大な景観に隠された様々な自然を楽しむ。これが湖のフライフィッシングの醍醐味のひとつともいえる。みなさんもただ単に釣りだけをしにいくのではなく、地形、風、季節などを味方にできるよう、周囲を見渡しながらフライフィッシングを通した「湖」を楽しんでほしい。



<関連記事>
フライフィッシングとは、どんな釣り?
フライフィッシング専門用語徹底解説!
釣りに必要な「結び」のテクニック
ショップへ行って、買い物をしよう!
フライキャスティングを覚えよう!
釣りに行くための事前情報を入手する
知ってて当然!釣りのルールとマナー
釣果確実!管理釣り場で気軽に遊ぼう!
山で楽しむ!渓流のフライフィッシング!

<関連リンク>
WILD-1 HOW TO講座 フライフィッシング
WILD-1 フライフィッシングのマナー
Flyshop Online
アングラーズコム バランスタックル
富士五湖の釣り情報 
芦ノ湖漁業共同組合 芦ノ湖のポイント  
中禅寺湖漁業協同組合 釣りポイント  
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。