前回「知ってて当然!釣りのルールとマナー」に引き続き、フライフィッシングをはじめるための基礎講座第8回目。今回からいよいよ実釣編に入ります。まずは魚が確実に居る「管理釣り場」で遊んでみましょう!

管理釣り場とは?

都市近郊型に多いのがポンド(池)型管理釣り場。区切られた各池にはよく管理されたトラウトがたくさん泳いでいる。
最も手軽にフライフィッシングを楽しめる場所に「管理釣り場」がある。この呼び名にピンと来ない人もいるかと思うが、トラウトを区切られた池や川に放流して釣り人がそれを釣る、いわば「釣堀」といえば分かりやすい。もっとも、なんで管理釣り場というようになったかというと、古くからあるコイやヘラブナを放流した釣り場と切り分けるためであったり、イメージを変えるためであったりする。最近では管理釣り場を「エリア」ということもあるようだが、いくら表現の自由とはいえ本来の目的と合わなくなっているような気がして、ガイドはあまりこの言葉を使いたくないというのが本音。まぁ、呼び名なんてどうでもよいことなので、この際みなさんが好きな通り名で呼んでくれて構わない。ようするに放流された魚をきちんと管理している釣り場で楽しむフライフィッシングと思ってくれれば問題ない。

さて、この管理釣り場には大きく分けて2種類のタイプがある。日本の場合、ほとんどの管理釣り場は「ポンド型」で、こちらは人工、または自然の湖沼を利用したタイプだ。もうひとつの「リバー型」はその名のとおり、河川を仕切って釣りをさせるタイプの釣り場で、山間部などに多く存在している。リバー型の場合は魚が常に確保されていることを除いて、渓流のテクニックがそのまま当てはまるので、今回は「ポンド型」を想定したフライフィッシングを紹介していこう。

必要なタックル

それでは、ポンド型の管理釣り場にぴったりのタックルを考えてみよう。管理釣り場の規模によって多少変わってくるが、ガイドがこれまで遊んできた釣り場を見ていえることは、あまり大げさなタックルは必要ないということ。最近では大型のポンドで遠投(遠くまでキャスティングする)が必要になるというところもあるが、それでも池の中心まで飛ばさずに済むよう工夫すればよいだけなので、あまり難しく考えることはない。ズバリ、オススメは5番ロッドで8ft5incから9ft程度が良いだろう。リールはロッドに合う大きさで、基本的に水に浮くフローティングタイプのラインを巻いておく。ラインはDT5Fがベストと思うが、釣り場によってスペアスプールにWF5Fとシンキングライン(タイプ2)あたりを巻いておけば日本中どの管理釣り場でも使えるはずだ。

次にシステムだが、リーダーは4x~6xの8ftクラスを中心に考えておきたい。あまりリーダーが長いと手前のポイントを狙いづらくなるし、最初のうちは操作しづらいので短めでオッケー。それでも長いと思う人はリーダーの前後を50cmぐらいずつカットしても構わないだろう。ティペットも同サイズを揃えておきたい。長さも必要最小限でよいが、あとで解説する「ルースニング」というマーカーを使った釣りのときにはちょっと特殊な考え方が必要になるので、ティペットについては各釣りの解説を参照してほしい。

基本のタックルは5番ロッドにDT5Fの組み合わせ。リーダーは最小限でよいので、短めのものをセットしておこう。必要に応じてティペットで全体の長さを調整する感じでオーケーだ。

また、管理釣り場のフライフィッシングで使うフライだが、基本的に必ず魚がいて管理されているというメリットを考えれば、これはもう自由に選んでもらって構わない。あえて具体的にいうのなら、ドライフライはエルクヘアカディス、バイビジブル、それにミッジを少々。ルースニング用にはマラブー、エッグ、タコフライ。ルアー釣りのように曳いて釣りたい場合は、ゾンカー、マーチブラウン、アレキサンドラ等を持っていればよいだろう。

フライのサイズは釣り場の魚に合わせることが重要。30cm程度なら12~16番あたり、大物が多い釣り場では小さいサイズのフライに合わせて、8番程度まで大きなフライを用意しておけばどこでもそれなりの釣りができるはずだ。

12番~14番のマラブーを中心にゾンカーやエッグフライ、ウェットフライをこの日は用意した
ガイドが良くいく管理釣り場で使用頻度の高いフライはこんな感じ。12番~14番のマラブーを中心にゾンカーやエッグフライ、ウェットフライといったところ。ドライフライはシンセティックマテリアル(新素材マテリアル)を使ったパターンも用意している。

>>まだまだ続きます、管理釣り場編!>>

どうやって釣る?

管理釣り場での釣りに関していえば、ガイドは基本的にルースニングがメインだと考えている。それはなぜか? 混んでるので打ち返しの多い釣りは面倒だからだ。まぁ、これは半分冗談だが、ドライフライにトラウトが出てくる時間帯は限られるし、流れが少なく混み合うポンド型の釣り場では、ウェットやストリーマーを思い通りに投げて曳くことなどという釣りはあまりやりたくないというのが本音。ただし、時間的な問題や混雑が少なければいろいろな釣りが楽しめることも確かなので、みなさんもテクニックのひとつとしてこれから解説する内容を覚えておいてほしい。では、各釣りを紹介していこう。

ルースニングで釣る

ルースニングは先ほども述べたとおり、フライを完全に沈め、ウキでアタリをとる釣り方になる。糸の先には毛針、道具立てはフライタックルという点を除けば、普通にウキ釣りをするのとイメージは同じだ。基本的なタックルは図のとおりになる。

注意点は「ウキは必ずティペットにつける」ということ。そうすることで微小なアタリもとれるようになるからだが、これだけは必ず守るようにしないと良い釣果に恵まれないことになるので、確実に実践してほしい。また、この釣り専門で遊ぶのならリーダーは不要。フライラインの先に直接ティペットを結んでも構わない。他の釣り方と併用と考えているなら短めのリーダーをつけておくと安心だ。

ルースニング専門で釣りをするなら、リーダーなしでティペットとフライラインを直接結んでもよい。リーダーありのタックルでも、マーカーは必ずティペットに付けるようにしよう。

さて、実際の釣り方だが基本はキャストしてウキにアタリが出るまで待つ。ウキに変化があったら、すかさずロッドを立ててアワセをいれ、魚が掛かればやり取りをして取り込むだけだ。言葉では簡単だが、この一連の釣りにも色々なコツがあるのだ。

まず、キャスティングだが、ウキが付いているので思ったような投げ方はできない。みなさんが最初にこの釣りをした場合、フォルスキャスト中にカクカクと妙な振動が伝わってきて違和感を覚えるだろう。これはある意味この釣りの弱点でもあるのだが、フライラインにとっては異物のウキがカクカクする原因。そのままでも上手にループが描けているのなら、キャスティングを続けたところで問題はないのだが、人間はリズムが狂うとミスをするもの。最悪の場合はティペットが絡まったり、投げ損なって水面を思いっきり叩いたりとトラブル続出の憂き目にあう人も多いはずだ。

この状態を少しでも無くすには、可能な限り小さなウキを使うこと。5番タックルなら極小から小程度だと、あまりカクカクしないはずだ。また、キャスティングの練習が十分できているなら、キャストの動作をやや大きく、早めにしてやるとよい。そうすることで、ループが大きくなり、カクカクしてもトラブルは激減するはずだ。それでも難しい、ということならロールキャストで狙える範囲だけを使う手もある。このふたつの釣り方は、混雑時でキャスティングする場所が極端に少なくなったときには非常に有効だ。初心者のうちはロールキャストだけで岸際や手の届く範囲のポイントへ的確に打ち込めるように練習のつもりでトライするのもアリだ。

この釣りのポイントとして、ひとつは魚が捕食行動をとりやすい水深にフライを漂わせるため「ウキ下」を合わせることがあげられる。ウキ下とはウキからフライまでの距離のことで、この長さが適切ならベスト、ということになる。このウキ下の長さだが、これはもう釣り場に通うしかないといえる。しかし、もっとも的確でその日のうちにベストなウキ下を見つける方法もある。それは「上級者や常連のウキ下を真似る」ことだ。上手な人の傍に寄ってこっそり盗み見するのもよいが、どうせなら話しかけてみるとよい。ヒットフライや釣り場ならではの情報なども入手できるかもしれないし、仲良くなれれば一緒に釣りをしながらレクチャーしてくれるかもしれないではないか。「教えてください」と丁寧に話しかけられれば、たいてい快く答えてくれるはずなので、上達の近道と思ってお近づきになってみるのも悪くはないはずだ。もしそれも気後れするというならば、管理釣り場のスタッフと仲良くなるのもよいだろう。

ルースニングで使うフライ

ガイドが良くいく釣り場用に作ったマラブー。すべて同じ素材で作っているので材料費はかなり安い。これはヘッドなしのオーソドックスタイプになる
こちらは同じマラブーだがビーズヘッドが特長。アピール度が断然違うので、活性によって使い分けている。ちなみに現場で調整できるようテールは長めに作ってある
これはタコフライと呼ばれるタイプ。なんともいえない愛らしいフォルムだが、管理釣り場のトラウトのキラーフライだ。大きさや色違いを用意しておこう
「エッグフライ禁止」という場所もあるぐらいよく釣れるフライ。ガイドは自分で作っているので、大小やカラーの違いだけでなく、素材の密度にもバリエーションを持たせている
ルースニングで使うフライだが、マラブーを中心にすると外れが少ない。マラブーも様々なタイプがあるが、ボディーとテールのみのシンプルなものと、ビーズヘッドなどアピール度の高いものの2種類があればよい。これにカラーバリエーションを数種類用意しておけば万全だ。また、タコフライも効果的。エッグフライと併せて管理釣り場では非常に釣れるフライの代名詞だ。タコフライとエッグフライはカラーも大事だが、大きさのバリエーションをつけておくとよい。カラーローテーション(フライの色を変えていく)よりも、一気にサイズを変えることで釣れだすことも多いので何種類か持っているとよいだろう。ガイドはこのふたつのフライは「釣れすぎる」のであまり使わないが、低活性時にどうしても一匹釣りたいときや、とにかく数を釣りたいという人にはオススメだ。

ちなみに、ガイドがよくいく管理釣り場でルースニングするときのウキ下は60cmから1m程度。水深はそれより深いが、あまり底ギリギリにすると魚のボディーに針が掛かってしまう「スレ」が多くなるのもこの長さに落ち着いた理由。このウキ下でマラブーを中心に釣りをしているが、キャストしてほうっておくこともあるし、一旦タナまで落ちたフライを小刻みに動かしてみたり、スースーと曳いたりしてみることもある。

ポイントは遠投して沖の障害物周りを攻めることもあるが、岸際を狙うことが多い。なぜかというと、混雑している釣り場なので誰も足下を攻めないからだ。一般にトラウトは警戒心が強いという認識から、混雑していれば沖の深場へ移動する、などと思いがちだが、岸よりに大物がジっとしているケースが多いのだ。もっとも、激混みのときはさすがにその辺に魚が居てもフライには反応してくれないが、それでもじっくり待ってみるとたまらず食いついてくるときがある。ほかの人が小型のニジマスをそこそこ釣っているときに、自分だけ大型のイトウやブラウンを釣る、というのは結構な醍醐味だ。趣味が悪いと思われるかもしれないが、それも釣り人の習性だろう(笑)。

>>まだまだ続きます、管理釣り場編!>>

ドライフライで釣る

ルースニングが水面下の釣りなら、こちらは水面より上の釣り。ようは水面にフライを浮かせ、それに直接食いつかせるというもの。管理釣り場の場合、水生昆虫が自然の湖沼と比べるとそれほど多くは無いため、朝夕のわずかな時間帯になんとか反応する、という程度のことがほとんどだ。とはいえ、地域によっては盛んにドライフライを追うこともあるので、まったく無視はできない。また、管理釣り場のポンドに直接生息している昆虫類(主に蚊など)が大量に発生するようなときは、自然の環境そのままに、羽化している虫とフライを合わせることができれば水面のフライにガバガバ出てくるから面白い。トラウトが見せる野性そのものを堪能したければ、断然この釣りがオススメだ。

これはフライフィッシングから自然に何が起こっているのか? どんな虫が羽化していて、トラウトはどの虫を選んで食べているのか? そしてそれをどう釣りに結びつけるのか? というこの釣り独特の考え方「マッチ・ザ・ハッチ」いわゆるトラウトが好んで捕食している虫とフライを合わせる、というものに繋がる大切な要素のひとつといえる。マッチ・ザ・ハッチについては後々後述するが、非常に明快な答えとそれに相反する矛盾の中で釣り人が苦悩する大変面白いもの。今は言葉だけ覚えておくぐらいでよいので、とりあえず、良く行く管理釣り場にマッチするフライを使うという程度でも十分楽しめるはずだ。

エルクヘアカディスは管理釣り場でもよく釣れるフライ。水面を意識しているトラウトには効果てき面だ
バイビジブルも曖昧な感じがよいのか管理釣り場で効果があるアイテム。このフライを使うときは、捕食されている虫とサイズを合わせるのがコツになる
ミッジは小さくて使いづらいが、ほかのフライではどうしても食べてくれないときに効果がある。ブラックやグレーなどが無難な選択になる
これは発泡スティックをマテリアルに使ったパターン。管理釣り場を舞台に、こうした新しいフライも次々考案されている
管理釣り場であまり外れがないフライの代表はエルクヘアカディス。このフライはカディス=トビゲラを模したものだが、トラウトにとってはほかの虫にも見える要素があるらしく大変反応がよいフライの代表。ガイドもこのフライが大好きで、どのシチュエーションで釣りをするにも必ず持って行くアイテムのひとつだ。管理釣り場の場合でも大変効くフライで、例えばマーカーを食べに来るトラウトが多いときや、朝夕にトラウトが水面の何かを捕食しているようなときはこれを使って楽しんでいる。エルクヘアカディスを管理釣り場で使うときのコツは、あまりマッチ・ザ・ハッチを意識しないこと。捕食しているのがユスリカのような小型の昆虫でも12番、14番といった大型のこのフライにガバガバ出てくるから不思議だ。おそらく、幼魚のころ食べていたペレットに見えるのか、とりあえず活性が高いから食べているだけかは推測の域を出ないが、魚の本能を刺激する魔性のフォルムといってもよいぐらいよく釣れてくれる。

そのほか、ハックルだけで構成されるバイビジブルもかなり有効なフライのひとつ。バランスのよいバイビジブルはフックを水面に付けないぐらい、非常に高く水面上をキープしてくれる。ハックルが水面をしっかり捉えているため、水面下から見ればこれから飛び立つ羽虫のように写るからかもしれない。このフライを使うときはエルクヘアカディスとは逆に、トラウトたちが捕食している虫のサイズに合わせることが重要になる。実際に捕食されている虫の正体が分かるのなら、それより若干大きい程度のフライをそーっと投げてあげると、すぐに反応があるはずだ。

また、管理釣り場ではあまり使われないが、ミッジとよばれる極小のフライも効果的。どのドライフライにも反応しないようなときに使ってみると、思わぬ大釣りができるので面白い経験ができるはずだ。ミッジを使うときは8x以下と、ティペットを思いっきり細くするのがコツ。極細のティペットを使うことで、フライがラインの影響を受けず、小さいミッジの姿勢が良くなるからだ。ただし、極細のラインなのでやり取りには細心の注意をはらおう。
釣果だってご覧のとおり。よく浮いてよく釣れる優れものだ
ガイドがオススメするフライの特長と使い方は以上だが、管理釣り場のドライフライは予想以上に複雑だ。今回紹介しているフライだけでなく、新素材を使ったシンセティッックマテリアルフライなどもある。何度も釣り場に通って季節ごとの傾向からベストなフライを選択できるようになるまで、様々なタイプのフライを持っていき、実際に試してみるのがオススメだ。

>>まだまだ続きます、管理釣り場編!>>

ウェット、ストリーマーで釣る

水面下を引いて釣るウェットフライやストリーマーは、ルアー釣りに通じるアクティブさが魅力。自分でフライを動かして釣るので、獲物を手にした実感も大いにあるのがこの釣りなのだ。通常、ウェットフライは水生昆虫を意識しており、ストリーマーは小魚のイミテートが主流。どちらの要素も管理釣り場では、普段捕食している対象としてではなく、アトラクター的要素、つまり興味を引かせて食べさせる感覚になる。

ゾンカーはウサギの体毛を使ったフライ。水に浸かると生き物のようにフワフワと動き、トラウトにアピールしてくれる
マーチブラウンはウェットフライの中でも中核となるスタンダードパターン。ボディーがシルバーのものと、ゴールドのものがある。両方とも持っているとベストだ
とてもキレイなアレキサンドラは眺めているだけで楽しいフライでもある。実力も高く、これで爆釣できることも多い
ガイドがオススメする最初のフライはゾンカー、マーチブラウン、アレキサンドラであることは先ほど述べたとおり。ゾンカーは小魚のイミテートで、マーチブラウンは水生昆虫、アレキサンドラはテレストリアル(陸生昆虫)の要素まで加味されているスペシャルなフライだ。

使い方だが、大型トラウトが多い釣り場ではゾンカーを中心にして組み立ててみると面白い。できれば、ホワイトやシルバーなどの明るい色と、オリーブなどの淡い色の2種類とそれぞれの大小サイズを持っていると安心だ。ゾンカーは大型フックで売られているものが多いが、12番のフック程度で作られた小型のゾンカーはヒットフライになることが多いのでオススメ。あまり売っていないかもしれないが、その場合は近くにタイイング(毛バリを自作する)をする人がいれば作ってもらおう。もちろん、ガイドのこれからの記事でもタイイングを紹介するので、そちらを参考に自分で巻いてみるのも面白いと思う。

釣り方は簡単で、キャストしたルアー釣りのようにスースーと一定のスピードで曳いてくるか、スッスッスという感じちょっとアクセントをつけてやればオッケー。曳きたい層が水面直下の場合はフローティングラインでも構わないし、深ければシンキングラインを使うとよい。その日のタナやアクションの付け方で大分釣果が変わるはずなので、いろいろと試してみてほしい。また、ラインの使い分けはこの釣り全般にいえることなので、ぜひスペアスプールを購入しておき、両方のラインを巻いておこう。

マーチブラウン、アレキサンドラはオーソドックスなフォルムのフライで、管理釣り場で使用する限りゾンカーで紹介したテクニックや考え方と同じでよい。ただ、フォルムを見てもらえれば分かるとおり、マーチブラウンはより自然の水生昆虫に近く、アレキサンドラはアトラクター要素バリバリのど派手なフライだ。この両者のコントラストを利用して、その日の活性が低ければマーチブラウン、活性が高く盛んに動くフライにアタックしてくるようであればアレキサンドラ、といった具合に使い分けてみると面白いはずだ。また、マーチブラウンにはシルバーとゴールドの2種類のボディを持つフライがある。アレキサンドラは概ねゴールドが使用されるが、できれば各色を揃えておくと釣りの幅が広がるはずだ。「ここではシルバーしか釣れない」といったように釣り場の傾向もあるので、このあたりも自分で答えを出してみるとよいだろう。

どこを狙う?

水の吐き出し口は魚の着き場になっていることが多い。こうしたポイントは見てすぐに分かるポイント。この画像をよく見ると魚が密集しているのが分かる
池に水流を作るための装置。両脇の反転流や、流れがゆるくなる場所がポイントだ
思い通りの戦略が見事に的中したときの手ごたえは格別なもの。なにはともあれ、みなさんも最初の一匹を目指して釣り場に通ってほしい
さて、管理釣り場へ来たが、どこにフライを投入すればよいのか分からないという人もいるだろう。いわゆる「ポイント」というものだが、ひとことで解説するならガイドの場合「変化のある場所を狙う」と答える。流れ、障害物、岸際など目に見えて変化がある場所は概ねポイントになることが多い。

例えば流れがあれば、一番流速の早い場所の脇にある反転流や、緩やかになる場所などは狙い目。こうした場所はエサが溜まりやすく、回遊してくるトラウトも多いからだ。障害物は身を隠すために最適だし、岸際は元気なトラウトがよく回遊するポイントになりやすい。こうした場所のほかに、ポンドの底に変化のある場所、例えば徐々に浅くなる「カケアガリ」はトラウトの着き場になることが多いし、底がゴツゴツしている岩礁帯や水面に出ていない障害物の周りなども魚は好んで回遊する。もっとも、こうした目に見えないポイントは通いなれないと分からないと思うので、最初は「目に見えて変化のある場所」を狙ってみるとよいだろう。

駆け足で管理釣り場の釣りを紹介したが、とりあえずここで紹介したことを覚えておけばオッケー。あとはフライを何個か購入し実際に釣りに行くだけだ。断っておくが、3種類の釣り方全部を最初からやらなくても問題はない。ルースニングからはじめて、次はドライフライ、その次からウェット、ストリーマーを少しずつ試してみるという感じでよいだろう。あせらず、最初の一匹を手にすることが目的なので、じっくりと管理釣り場の釣りを楽しんでほしい。


<関連記事>
フライフィッシングとは、どんな釣り?
フライフィッシング専門用語徹底解説!
釣りに必要な「結び」のテクニック
ショップへ行って、買い物をしよう!
フライキャスティングを覚えよう!
釣りに行くための事前情報を入手する
知ってて当然!釣りのルールとマナー

<関連リンク>
WILD-1 HOW TO講座 フライフィッシング
管理釣り場.com
全国管理釣場情報
管理釣り場に行く前に
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。