ある世代の人々――それも子供の頃からの本好きであれば、ナンシー・ドルーの名前を覚えているに違いない。1930年に始まった〈少女探偵ナンシー・ドルー〉シリーズは、現在もなお新作が書かれている超ロングセラー。日本の子供が〈少年探偵団〉で推理モノに目覚めるように、アメリカの子供はこのシリーズで謎解きモノを発見するのだ。同シリーズは約200作(!)が発表されており、その約1割が日本にも紹介されている。

〈ナンシー・ドルー〉シリーズとは

『古時計の秘密』
強欲な一家が独占した遺産を分配させるため、ナンシーは隠された遺言状を探し始める。歴史的シリーズの記念すべき第1作。
このシリーズの存在を初めて知った方は、上の説明に「?」と思われたかもしれない。1930年に開幕したシリーズが現役なのは何故か――その答はいたって単純。著者名として記されている「キャロリン・キーン」は、児童文学者エドワード・ストラテマイヤーの工房で〈ナンシー・ドルー〉シリーズが書かれる際の共用ペンネームなのだ。1979年までに書かれた56冊は「オリジナル・クラシック」と呼ばれるが、その後も100冊以上のペーパーバック版が刊行されており、2004年には新シリーズもスタートした。幼い頃に母親を亡くし、弁護士の父親と家政婦に育てられた18歳の少女ナンシー・ドルーが、友人と協力して多彩な謎を解決する――というのがシリーズの王道パターン。ストラテマイヤーの児童文学者としての配慮により、殺人などの残酷シーンは登場しないようになっている。

シリーズの初期作品は何度も邦訳されているが、創元推理文庫版『古時計の秘密』は初めての完訳にあたる。ドライブ中に少女を事故から救ったナンシーは、貧しい暮らしをしている老姉妹に出逢い、彼女たちを援助していた資産家が亡くなったという話を聞く。資産家を最後に引き取った一家が遺産を独占したために――老姉妹だけではなく――多くの人々が困っていると知ったナンシーは、遺産が配分されるように遺言状を探すことにした。派手な事件やトリックはないものの、正義感の強いヒロインの冒険譚としては存分に楽しめる。ちなみに第2作『幽霊屋敷の謎』は12月に刊行予定。ナンシーが友人に頼まれて「幽霊屋敷」を調査するという物語だ。

次のページでは新シリーズを御紹介します。

21世紀のナンシー・ドルー

『ナンシー・ドルー ファベルジェの卵』
ヴァリンコフスキー家の家宝「ファベルジェの卵」が盗まれた。ナンシーは卵を取り戻すべく捜査を始めるのだが……。
前のページでも軽く触れたように、2004年からは〈ナンシー・ドルー〉の新シリーズが――年に数冊のペースで――上梓されており、最初の2冊はすでに邦訳されている。旧シリーズの邦訳版とは異なり、表紙イラストはややアニメ絵風だが、内容は堂々たる〈ナンシー・ドルー〉ものにほかならない。

新シリーズ第1弾『ナンシー・ドルー ファベルジェの卵』では、近所の「ズッキーニ破壊事件」を調べていたナンシーが――偶然知り合った――フランス人の屋敷で起きた「ファベルジェの卵」盗難事件に巻き込まれる。親友のベス・マーヴィンとジョージ・フェインの力を借り、現場に居合わせた4人の青年を調べるうちに、ナンシーは意外な事実に辿り着くのだった。ファベルジェは19世紀末から20世紀にかけてロシア王室に仕えた宝石商で、細工を施した卵形の装飾品「インペリアル・イースター・エッグ」の製作で知られている――と聞けば「あれのことか」と思い当たる人も多いだろう。

『ナンシー・ドルー 戦線離脱』
チャリティレースでトラブルが続発。ナンシーたちは事態を収拾できるのか? そしてレースの行方は?
第2作『ナンシー・ドルー 戦線離脱』のナンシーは、ベス、ジョージ、恋人のネッド・ニッカーソンとともに、リバーハイツで開かれるチャリティ自動車レースに参戦している。何者かにレースの妨害を受け、さらに募金が盗まれてしまい、ナンシーは犯人探しに悪戦苦闘するのだが……。

時代背景が発表年に沿っているため、初期作品ではロードスターを乗り回していたナンシーも、新シリーズでは携帯電話やGPSを操っていたりする(年齢は常に18歳)。その点では「別物」に見えるかもしれない。しかし時代がどう変化しようと、シリーズの理念が守られている限り、ナンシーの普遍的な魅力に変わりはない。旧シリーズから読むか、新シリーズを試食するか――どちらの扉を選んだとしても、安心感のあるキャラクターとストーリーを楽しめることは確実なのだ。

【関連サイト】
ナンシー・ドルー・ミステリ…東京創元社の〈ナンシー・ドルー〉シリーズ紹介ページです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。