列車内という空間の特殊性、旅行モノとしての側面、アリバイトリックとの親和性――そんな様々な理由によって、鉄道を使ったミステリーは(洋の東西を問わず)無数に書かれてきた。「鉄道ミステリー」では広すぎるので、ここでは列車内を舞台にした翻訳ミステリーの作例を見ていくことにしよう。

記憶喪失のヒロインを描く
異色の鉄道サスペンス

『記憶をなくして汽車の旅』
オーストラリア横断列車で乗客が殺された。容疑者となった記憶喪失の「わたし」は終点までに真犯人を突き止められるのか?
まずは今月の新刊から――というわけで、コニス・リトル『記憶をなくして汽車の旅』から話を始めよう。眠りから覚めた「わたし」は、自分が記憶を失い、オーストラリア横断鉄道に乗っていることを発見した。見知らぬ「おじさん一家」と「婚約者」に出逢った直後、ブローチが何者かに盗まれ、おじのトカゲが消失するという怪事が発生。その謎も解けないうちに乗客が殺され、嫌疑は「わたし」に向けられるのだった……。

文庫本の目次を見れば解るように、物語は列車とともに進行している。オルバリーを出発した列車はメルボルンやアデレードを経て、終着地のパースへと突き進んでいく。ちなみに「コニス・リトル」は英国版の名義で、米国版には「コンスタンス&グウィネス・リトル」と記されている。オーストラリア生まれ、ニュージャージー州育ちの姉妹による合作ペンネームなのだ。姉のコンスタンスは1899年生まれ、妹のグウィネスは1903年生まれ、本作の刊行は1944年――と書くと古そうに見えるが、シンプルさとスピード感は現代風のミステリーよりも軽快に感じられる。キャッチーな舞台とヒロイン、テンポ良く繰り出される謎と解決、爽快な読後感などを備えた快作なのである。

次のページでは鉄道ミステリーの古典を御紹介します。

鉄道ミステリーの古典たち

『オリエント急行の殺人』
停車中のオリエント急行で乗客の死体が発見された。名探偵エルキュール・ポワロが突き止めた意外な犯人の正体とは?
日本の読者に「好きな海外の鉄道ミステリー」のアンケートを取れば、アガサ・クリスティー『オリエント急行の殺人』が1位になることは確実だろう。ロンドンへ向かうオリエント急行が(大雪のために)ユーゴスラビアの山中で停車した翌朝、密室状態の客室で刺殺体が発見された。同乗していた知人の依頼を受け、名探偵エルキュール・ポワロが捜査に乗り出すものの、乗客全員にアリバイが成立してしまう。アルバート・フィニー主演の映画でも知られる本作は、魅惑的な状況設定、入り組んだ謎、意外な犯人などが融合した名作中の名作。事件の真相だけではなく、結末におけるポワロの選択に感銘を受けた人も多いはずだ。

クリスティーの列車ミステリーとしては、他に『青列車の秘密』『パディントン発4時50分』なども挙げられる。前者はブルートレインで富豪の娘が殺され、乗り合わせたポワロが謎を解くという物語。後者は「併走する列車の殺人事件を目撃した」という友人の主張を受け、死体が捨てられたと思しき屋敷にミス・マープルが(スパイとして)家政婦を送り込む話。後者では列車は前半にしか登場しないが、列車によって特異なシチュエーションを生んだ野心作であることは間違いない。

アルフレッド・ヒッチコック監督
『バルカン超特急』の原作

『バルカン超特急』
特急列車で知り合った女性が消失した。周囲の人々は誰も彼女を見ていないという。不気味な境遇に置かれたヒロインの苦闘を描くサスペンスの古典。
映画化された鉄道ミステリーといえば、エセル・リナ・ホワイト『バルカン超特急』も忘れることはできない。リゾート地から帰る途中、アイリスは特急列車でミス・フロイと名乗る女性に出逢うが、彼女は突然消えてしまった。アイリスは彼女を探すものの、他の乗客たちは「そんな女は居なかった」と口を揃えるばかり。ヒッチコック映画の原作として知られる本作は――劇場公開から65年を経て――2003年にようやく邦訳された。映画マニアには見逃せない1冊といえるだろう。

鉄道ミステリーは無数に書かれており、セバスチャン・ジャプリゾのデビュー作『寝台車の殺人者』のような好著もあれば――日本では単行本化されていないが――ヴィクター・L・ホワイトチャーチのような鉄道ミステリーの名手も存在する。日本への紹介は充分ではないけれど、欧米の鉄道ミステリーは1つの豊かな鉱脈なのである。

【関連サイト】
東京創元社公式サイト…版元による『記憶をなくして汽車の旅』紹介ページ。著者と作品に関する記事が読めます。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。