樋口有介のプロフィール

『ぼくと、ぼくらの夏』
刑事の息子である高校生・戸川春は、同級生の不審な「自殺」の真相を探ることにした。ひと夏の体験を描く青春ミステリーの秀作。
ミステリーが真実を追う物語である以上、そこには必然的にドラマが生じることになる。真実を知ることの痛みと悟りを通じて、ミステリーは人間の変化や成長を描くことができる。つまりミステリーと青春小説は相性が良いわけだ。いわゆる「青春ミステリー」は無数に書かれているが、樋口有介がその第一人者であることは間違いない。旧作が続々と文庫化されている今こそ、著者の魅力を(再)発見する絶好のチャンスなのである。

略歴をざっと記しておこう。樋口有介は1950年群馬県生まれ。国学院大学中退。世界各地を放浪した後、劇団員や業界紙記者などの職業を経て、1988年に『ぼくと、ぼくらの夏』で第6回サントリーミステリー大賞(読者賞)を受賞。1990年に『風少女』が第103回直木賞候補、2007年には『ピース』が第60回日本推理作家協会賞の候補に選ばれている。

著者の名を高らしめた
最初期の青春ミステリー

『風少女』
父危篤の報を受けて帰郷した斎木亮は、中学時代に憧れていた川村麗子の「事故死」を告げられる。亮は麗子の妹・千里とともに捜査を始めるのだが……。
記念すべきデビュー作『ぼくと、ぼくらの夏』は、極めて正攻法のほろ苦い青春ミステリーだった。高校生の戸川春は――両親が離婚したため――刑事である父親と二人で暮らしていた。夏休みのある日、春は同級生の岩沢訓子が自殺したと聞かされる。ヤクザの娘である同級生・酒井麻子とともに岩沢家を弔問した春は、親族の話と現場の状況に疑問を抱き、麻子と協力して真相を探ろうとする。青春小説と謎解きを融合させた愛すべき物語だ。

第2作『風少女』の主人公・斎木亮は東京の大学生。父親が危篤になったという知らせを受け、前橋の実家に帰省した亮は、中学時代の同級生にして初恋の相手――川村麗子の妹・千里に意外な話を聞かされる。麗子が薬を飲んで浴室で溺死したというのだ。千里に調査を依頼された亮は、麗子を知る旧友たちに話を聞くことにした。基本的なプロットはデビュー作によく似ているが、若者たちの人生を交錯させた本作のほうが完成度は高い。創元推理文庫版の解説で法月綸太郎が述べているように、これは著者が「自己のスタイルを確立した」「樋口ミステリの「原点」」なのである。

樋口作品の紹介は次のページに続きます。

中年青春ハードボイルド
〈柚木草平シリーズ〉の独自性

『彼女はたぶん魔法を使う』
私立探偵・柚木草平のもとに舞い込んだのは、女子大生轢き逃げ事件の再調査だった。美女に囲まれた惚れっぽい探偵の活躍を描くシリーズ第1弾。
樋口有介には30冊以上の著書があり、その約2割を〈柚木草平シリーズ〉が占めている。1990年に『彼女はたぶん魔法を使う』で初登場した柚木は、38歳のフリーライター兼私立探偵。高校生の時に暴力団事件で両親を失ったことから警官を志し、警視庁捜査一課の刑事として活躍するが、捜査中にヤクザを射殺したために退職。妻と娘とは別居中で、元上司との不倫を続けている――という人物だ。このシリーズの最大の特徴は、不倫中年を主役にした青春小説であることだろう。現代の事件と過去を重ねることで、著者はユニークな中年青春ハードボイルドを創造したのである。

2007年8月現在、このシリーズは『彼女はたぶん魔法を使う』『初恋よ、さよならのキスをしよう』『探偵は今夜も憂鬱』『誰もわたしを愛さない』『刺青白書』『夢の終わりとそのつづき』の6冊が刊行されている。まもなく最新作が上梓されるほか、雑誌『ミステリーズ!』では『捨て猫という名前の猫』が連載中。柚木の活躍はこれからも続きそうだ。

ハードボイルドのパロディと
直球派の青春小説

『ピース』
平凡な田舎町で起きた連続バラバラ殺人。多くの断片から浮上する「ピース」とは? 著者が新境地を拓いた日本推理作家協会賞候補作。
改めて説明するまでもないが、樋口作品は〈柚木草平シリーズ〉だけではない。変わり者の元警官・木野塚佐平が登場するハードボイルドのパロディ『木野塚探偵事務所だ』『木野塚佐平の挑戦』もあれば、ミステリー色を排した『夏の口紅』『楽園』などの青春小説もある。ハードボイルドと青春小説を得意とする著者は、両者の配合によって作風に彩りを加えてきたが、最新作『ピース』では――叙情性を薄めた筆致で――田舎町を舞台にした連続バラバラ殺人の顛末を綴ってみせた。著者の扱い得るテーマのバリエーションと力量はまだまだ底が知れないのである。

【関連サイト】
ぼくと、ぼくらの春夏秋冬…樋口有介の情報サイト。作家プロフィールや作品一覧などがあります。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。