昨今巷は婚活ブームに沸いていますが、婚活に成功するためには、モテ運をアップするためのある種の思考回路が必要です。

今回は、最近アメリカのアイオワ大学で発表された「現代男女が異性に求めるものランキング」を話のネタに、婚活中の男女が、結婚を前提として、異性をゲットするために知っておいて損は無い情報です。

何故アメリカのランキング?

桃花
ランキングからは男女の役割の統合傾向が見て取れるようです
最近はその傾向が薄まりつつあるといっても、アメリカが日本に及ぼす影響は、未だにあなどれません。

ビジネスだけに限らず、恋愛においてもアメリカの動向を把握することは、今後のアクション計画を立てる意味でとても役に立つはずです。

昨今では、「セックスアンドザシティー」や「Lの世界」などアメリカ独特の恋愛感をモチーフにしたテレビ番組が日本でも人気ですが、良い悪いは別の問題として、アメリカの生活習慣や文化は、いやがおうにも私たち日本人の生活にも影響を与えています。

かつては、アメリカで起きた事は、10年先日本にも実現するなどと言われた時期がありましたが、昨今はグローバリゼーションの影響で時間差ははるかに短縮してきたようです。現代日本社会においては、アメリカでの動向チェックは今後のトレンド予測には欠かせないと言えるでしょう。

そこで、今回はアメリカにおける「男女が異性に一番求めること」というサーベイ結果を参考にしながら、モテ度をアップするための思考回路を探ってみる事にしましょう。

アメリカの男性が女性に一番求めるものランキング

既に、mixiなどでは紹介されていますが、まずは、アメリカのアイオワ大学のサーベイ結果を見てみる事にしましょう。

まず、結果から見出される傾向として「アメリカの男性は貞節で純情な女性よりも、知性と教養があり、経済的に安定した女性を選ぶとあります」

不況により、一般に所得レベルが減少することにより、日本でも既に同様の傾向は見られていますが、特に日本に比べ、男女のキャリアにおける平等が進んだアメリカ社会においては当然の結果と言えます。アメリカの子供達は、小さい頃から母親がバリバリと働いているところを見ている事も大きな理由であると述べられています。

一方、この数十年で「貞節さ」のランキングがグンと落ちている状況にも触れられていますが、男女の社会における義務と責任や社会的役割が益々均一化しつつある実態を顕著に表しているようです。

尚、ここでいう「貞節さ」とは「処女性」に近い意味で使われているようです。要は、過去における異性関係は詮索しないという事で、これからも浮気はOKと言っている訳ではもちろんありません。

それでは、結果の詳細を見てみましょう。

【男性が(女性に)求めるもの】
●必須のキャラ
相思相愛/頼れるキャラ/情緒的安定
●重要なキャラ
教養と知性/見かけの良さ/目的志向
●持っていて欲しいキャラ
経済力/料理・家事スキル
●重要でないキャラ
共通の政治思想/貞節さ

【女性が(男性に)求めるもの】
●必須のキャラ
相思相愛/頼れるキャラ/情緒的安定
●重要なキャラ
教養と知性/家庭と子供を望むこと/目的志向
●持っていて欲しいキャラ
見かけの良さ/洗練さ
●重要でないキャラ
共通の政治思想/貞節さ
原文のサーベイ結果はこちらをご参照下さい。

次のページは結果から導かれるモテ思考の考察です。