今携帯のサイトで最も人気があって、稼ぎ頭でもあるのが占い関連のサイトだとか。古今東西どんなに科学が進歩しても、占いへの人気は普遍のようです。むしろ、テクノロジーが発達すればするほど、占いへの関心が高まっているようにも見えます。

みなさんの中にも、占い好きの方はたくさんおられると思いますが、「フーン そうなんだぁ。あたってるかも?」なんて感じで、聞き流してしまう場合が多いのでは?

或いは、「あなたの運気は下降気味」「あなたは晩婚。当分結婚の見込みなし!」なんて宣言されて、「そんなばかな!」とあっちこっちの占い師さんをハシゴしてしまったなんていう「プチ占い中毒」になりかけた経験がある方もいるのでは?

そこで、開運に役立つ占いの賢い活用法についてお話してみたいと思います。

占いの起源を探ってみると?

桃花
占いはもともとは自然法則を解き明かすための道具でした
占いの起源は定かではありませんが、文明の誕生と同じくらい古いものであることは確かなようです。占いの代表格を見ると東洋では中国の易や中国占星術。西洋では西洋占星術やタロットが有名です。

易は約6000年前に、中国漢民族の祖といわれている伏儀という伝説の人物が天の運行を観測し、天地自然の法則を悟り、人々の役に立つようそれを体系化したところに由来します。

中国では占星術も発達しましたが、これは、もともと皇帝が国を無事に治めて栄えさせるための思想哲学に由来しています。

一方、西洋占星術はその発祥はメソポタミアといわれており、もともとは遊牧民族であった彼らが天体の運行に基づいて自然の変化を察知し、厳しい環境から身を守るための知識として発達したようです。

タロットの起源は定かではありませんが、もともとは神のメッセージをビジュアルにわかりやすく読み解くための秘術であったようです。

占いは自然法則を解き明かすために大きな役割を果たしていた?

占いの起源に関しては諸説あるものの、洋の東西に関わらず、共通した起源は「自然の法則を解き明かす」ための学問(形而上学)であったことがわかります。

これを言い換えると、古代の人々が自然現象を観測しながらその法則を体系化してみたところ、「たまたま、わたしたちの一生を占うことも出来る」ことに気がついたといったところのようです。

元来占いの目的は、人の運勢を見ることではなく、わたしたち人類が「いかに自然と調和して暮らしてゆけるのか?」の方法論だったわけです。このように見てみると、占いは「科学で証明できない」というだけの理由で迷信扱いしてしまうにはもったいないくらい奥深いものといえそうです。

次のページでは占いを活用して開運を手に入れる方法を公開します!

占いを積極的に活用して開運に結びつけよう!

桃花
自分が納得できる占いと占い師さんをみつける事が大切
占いが自然と上手にお付き合いするためのコツを教えてくれるものだとすれば、これをうまく利用しない手はありません。

占いの結果で単純に一喜一憂するのはもうやめて、積極的に開運に役立てるためのコツを探ってゆきましょう!

占いは、古今東西のたくさん人々が長い年月をかけて発見した自然法則の知識の集大成です。ですから、正しく占いを活用することで、わたしたちが生まれつきに与えられたエネルギーの性質と状況を測り、それに応じた行動をとることによって、自然の流れにスムーズに乗ることが出来ます。

占いを開運に活用するには大切な条件があります。それはなんといっても正しい占い方法と自分にあった占い師さんを探し出すことです。

今どきまっとうな占いの選び方?

今巷では実にいろいろな種類の占いが氾濫しています。そんな中一体どの占いを参考にしたら良いのでしょうか?まっとうな占いや占い師さん選びのためのキーワードです。

【根拠】
占いは自然法則を体系化したものであることが大前提です。ですから、必ず本物の占いには理論的な規則性があります。根拠があいまいで納得がいかないものは避けましょう。

昨今、オリジナルと呼ばれる占いがたくさん見られますが、なかには全く裏づけのない面白半分のものもたくさんあります。

【人柄】
いくらしっかりとした正統な技法をマスターしている占い師さんでも、その人柄によって解釈がまちまちになることがあります。占い師さんは、聞いた事だけに対して明確に答えてくれる人を選びましょう。

また、占い師さんの言葉は多かれ少なかれ必ず潜在意識に植え込まれてしまいます。もちろん、みなさんとの相性もありますが出来るだけ、優しく、ポジティブにアドバイスをしてくれる人を選ぶ方が運気アップには効果がありそうです。

【霊感】
易やタロットなどのように一部インスピレーションを必要とする占いがあります。こういった占いは、霊能者の方々によって活用される場合が多いようです。

易やタロットは、元来わたしたち自身の潜在意識(守護霊からのメッセージ)をわかりやすいシンボルに置き換えて読み取ろうとするものです。ですから、シンボルの解釈さえ間違わなければ霊能者でなくても十分活用することは可能です。

本当の意味で信頼出来る高級霊と交信出来る霊能者は世界でも極わずかといわれています。霊能者に占ってもらう場合は、よく評判を吟味することが大切です。

そもそも、占いは非常に論理的なもの。霊感とは対極の立場にあるものなのです。

占いをコントロールしてみよう!

自分が納得出来る占いと信頼できる占い師さんがみつかったら、占いを活用して開運に結び付けましょう!

占いをうまく利用して人生を楽しく過ごすためのアドバイスです。

・占いはあくまでのも自分のエネルギーの状態を知るためのものと心得よ
・自分の運命は自分自身が選択してコントロールするものであると心得よ
・究極の選択は占いに頼らず自分自身の「こころ」に耳を傾け決めること
・運勢がダウンしていると判断された場合は無理をせず受身で過ごすこと

如何でしたか?占いは決して私たちの運命を決めるものではありません。占いは、わたしたちが自然と調和して幸せに生きるためのヒントを与えてくれるガイドなのです。

【関連リンク】
2006年を幸せに過ごすには?

【関連書籍】
ガイドが一押しの笑える占い開運奮闘記!「開運マニア」柏木珠希著

Cool Vibration!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。