以前みなさんにお願いしたアンケートの結果集計で、たくさんの方々が「金運」アップを目指していることがわかりました。

また、昨今巷でやたらお金に関する事件が頻発しています。

金運アップを目指すみなさんに知っておいて頂きたい財運(金運)を呼び込むエネルギーのしくみに関してお話してみたいと思います。

わたしたちにとってお金っていったいなんの意味があるのでしょうか?

桃花
お金の持つ意味を知ることが金運アップへの近道
みなさんにとってお金はどんな意味がありますか?もちろんひとそれぞれおかれている立場によって、「お金」のもたらす意味は千差万別なことでしょう。

でも、共通して言えることは、現代社会ではお金がないと生きていけない。要するに、お金は、私達が一生を全うするためにどうしても必要なものであることは確かです。

ところで、「金運アップ」を願う皆さんは、とりあえず今生きていますよね?ということは、生きるために必要な最小限のお金はとりあえず何とか工面しているわけです。とはいえ、お金はたくさんあればあるほどいいに越したことはありません。

「お金さえあれば、自由が手に入り、何でも好きなことが出来る!」わたしたちの多くはそう考えているのではないでしょうか?これは、確かにわたしたちがいま生きている世の中だけを考えれば真実かもしれません。

でも、わたしたちはこの世を越えて永遠に旅を続けます。そう考えると、お金に対する見方もだいぶん変わって来るのではないでしょうか?

わたしたちが一生を全うするのに必要なお金は自然に手に入る?

わたしたちは、みなそれぞれ人生の目的を持って今を生きています。自然法則では、かみさまはわたしたちが目的はっきりと自覚して生きている限り、その目的を達成するだけに必要なお金を与え続けてくれると考えます。

では、わたしたちには一体どれだけのお金が必要なんでしょうか?

これを知るには、わたしたちが持って生まれたエネルギーの状態を分析することが必要です。これはどういうことかというと、生まれつき私達に与えられた財運のキャパシティーは、その人の人生における目的によって決まっているということです。

この考え方をさらに進めてゆくと、わたしたちが生涯で必要とするお金の総量は、あらかじめ決まっていて、それ以下しか手に入らなくても、それ以上手に入っても、人生の目的をスムーズに達成することが出来ない!ということなのです。

ちょっと話がややこしくなりましたが、要は「金運が良い」というのは「自分の目的に合っただけのお金が過不足なく自然に入ってくる」そういう状態を言うのです。

おや?なんだかみなさんあまり納得されていないようですね?「そんなこと言われても、お金はたくさんあればあるほどいいじゃん!」っていう意見があちこちで聞こえてきました。

次のページでは金運アップを目指すために知っておきたいお金持ちのタイプ別特徴を公開
画像の代替テキスト
あなたならどのタイプのお金持ちを目指しますか?

お金持ちには大きく分けて三つのタイプがあります!

確かにお金持ちは、ゴージャスな生活が出来るしうらやましくも思います。

事業で一発あてて、巨万の富を築いたら一等地の大邸宅に住み、自家用ジェットで世界中飛び回る。バカンスはモナコでギャンブル遊び!週末は毎晩セレブを招いてのパーティー三昧!だれでもそんな人生に一度はあこがれたりするわけです。

でも、実際そういった境遇になった人達は本当に幸せなのでしょうか?

お金持ちになる人には、主に3つのタイプがあります。

一つ目は、自分の役割として世の中の役に立つためにお金がどうしても必要であった人。二つ目は、「お金を通して学ぶ」ために「お金持ちになる」ことを経験する必要があった人。もう一つは、想念の力で本来の道筋からはずれてしまったがために大金持ちになってしまった人です。

一つ目の人は、理想的なお金持ちです。こういう人は、実はお金儲けにはあまり興味がなく、世の中の役に立つ事だけを考えて生きた結果、いつの間にか財産が築かれていたという人です。

とっても幸せな人と言えます。例をあげれば、松下幸之助卿のような人です。

二番目と三番目のタイプのお金持ち。これはどっちもどっち、決して楽でも幸せなことでもありません。

二番目のタイプのお金持ちになることにより学ばなくてはいけなかった人。こういう人は、大抵前世でもお金持ちな人です。なぜならば、前世で学ばなくてはならなかったことを学び損ねたからです。

あの世では「お金」という概念が存在しません。物質が何の意味も持たないのだから当然です。

第一番目のタイプの人のような特別な場合を除いては、「こころが進化すればするほど、お金への執着は自然となくなってゆくものなのです!」これは、仏陀やイエスを見れば明らかです。

でも、二番目のタイプの人は、性懲りもなく、またお金持ちとしての人生を繰り返さなくてはならなかったのです。おそらく、こういう人達は「お金では決して真実の愛を買うことが出来ない!」というようなことを身をもって学ぶ必要がある人達なのではないでしょうか?

かなりやばいお金持ちのタイプ?実は一番たくさんいます!

第三のタイプのお金持ち。これは、まずいケースです。お金持ちになる必要がなかったにもかかわらず、因縁や自らのこころの持ち方が原因で、本来の宿命から外れてお金持ちになる人達です。

こういう人達には共通点があります。いずれも、いつも「お金儲けを目的として生きている」ということです。こういう人たちは、すべての事柄をお金に換算して、お金が万能だと信じている人たちです。残念ながら、今の世の中ではこのタイプのお金持ちが一番多いといえます。

では、なぜこういう人達がお金持ちになれたのでしょう?

それは、人間には「想念」という力があるからです。想念とは、「強く念じる力」のことです。本来、お金を得る必要がない人でも、常に「お金儲けの事ばかり念じて」いると、時として魑魅魍魎(ちみもうりょう)のエネルギーがその想念に共鳴して現実化を促すのです。

このエネルギーは本来わたしたちがあるべき姿をゆがめる不自然なエネルギーなので、必ず最後には悲劇を招きます。

次のページでは自然界の法則から見たお金のお話です

必要以上のエネルギーの消費はとっても危険!

桃花
わたしたちにはもともと決められたエネルギーのバランスがあります
東洋哲学の世界では、生まれつきこの世でわたしたちに与えられたエネルギーには限りがあると考えます。有限のエネルギーは、物質界では当然の自然法則です。

想念の力は、へたをすると持って生まれたエネルギーの配分バランスを狂わすだけの結果になりかねません。想念が全く新しいエネルギーを生み出すわけではないのです。

自然界の法則では、もともとわたしたちに与えられたエネルギーの総量は決まっています。もし、わたしたちが必要以上のエネルギーを「お金を得る」ことだけに費やしてしまったとしたらどうなると思いますか?

当然、その他に費やされるはずのエネルギーが足りなくなってしまいます!

つまり、お金以外のことで不都合が生じ始めるのです。それは、健康問題であったり、人間関係であったり、自分自身の幸福感であったりと、とにかくお金以外の分野で不運に見舞われるわけです。

金運アップの覚悟は出来ましたか?

さて、自然法則における金運のしくみはご理解頂けましたでしょうか?

元来わたしたちは「お金をもうけて贅沢をする」目的でこの世の中に生まれてきたわけではありません。

「お金」は、あくまでも人生の目的を達成させるための手段でしかないわけです。そのことをしっかりと念頭においた上で「金運アップ」にチャレンジして頂ければ幸いです。

【関連リンク】
金運アップ大作戦 安全編!
Cool Vibration!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。