※
磯部光太郎 ISOBE KOTORO
1970年 東京都生まれ
1997年 東京藝術大学修士課程美術研究科日本画専攻修了
最新情報

 


制作の視点

「日本の環境・生態系と、自分」という事が私の制作の大きなテーマとなっています。日本の風土と自然は、そこに暮らす人や動植物に大きな影響を与え、日本の文化や歴史にも大きく作用してきました。日本の豊かな自然と風土によって日本画の素材や技術、日本独特の芸術が生み出されました。同じように、日本の風土と自然は私の制作にとっても、切っても切り離せないものです。私は「日本に生まれたからこそ描けた」という絵が描きたいと考えています。

作品について

現在、私の制作上でのモチーフは動植物です。植物では、国内に自生する山野草を中心に、他、庭園の庭木として植えられた身の周りの植物です。動物では、国内に生息している野鳥や、昆虫や、水中の生物を中心にモチーフとして描いています。
最近では、ビオトープ(生物群集の生息空間)について興味を持って、制作のテーマとして描いています。日本では昔から里山があり、人が暮らす環境がそのままビオトープになっている理想的な環境が作られていました。田んぼにいるタニシやカエルやタイコウチ、そして空にはトンボやハムシやツバメや白鷺などが自然の営みをみせています。私はその様な日本の自然がおりなす様子を昔ながらの素材(画材)や技法で私の感じる感性で私らしく表現していきたいと考えています。
ビオトープがテーマの制作としては2003年から始まりました。今後も続けていきたいと思い計画しています。予定としては国内の様々な地域に生息する動植物をビオトープや自然の生態系として作品にしていきたいと考えています。それらの作品群から日本の自然や風土の魅力を表現していきたいと考えています。

磯部光太郎
「和式空想ビオトープ図」

いま関心のあること

今、自宅の狭いスペース(約2帖)で畑をやっています。植えた植物は、中ミニトマト・ナス・キュウリ・オクラ・ゴーヤ・ひょうたん・エンドウ豆・ピーマン・モロヘイヤ・エゴマ・青じそ・ブルーベリー・ハーブ類10種類・サンショウなどたくさん植えてしまいました。はっきり言って飽和状態。野菜たちも太陽の光を得ようとポジション取りがすごい勢いです。さんざん植えたおかげで自給率が少しだけ上がり家計が助かっています。もっと広いスペースで畑をやってみたいということが今の目標です。
最近朝起きてまずすることは、畑の様子を見に行きそれぞれの野菜の成長ぶりを「よしよし」という感じで見て楽しみ収穫します。採れたての野菜は本当に美味しいです。制作の合間にも休憩がてら行ったりします。土をいじったり草取りをしたり、その他の畑作業は、制作や生活の中でリフレッシュになります。
場所は鎌倉なのでいろんな虫達が私の畑にもたくさん生息していて、よくモチーフとして描いたりもします。よく見かけるのはのはカマキリ・ヤブキリ・イナゴ・ナナフシ・アゲハ蝶数種・蝶数種・カメムシ・カミキリムシ・トンボ・クモ・トカゲ・ヘビ・カタツムリなど種類が多いです。鳥も種類が多いです。 自然のある生活を楽しみながら、その一環で制作をしていきたいと考えています。  

磯部光太郎
 

磯部光太郎
 

磯部光太郎
 



ポートレート・インデックスへ
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。