金沢美大OBによる銀座ジャック
122ヶ所のギャラリーで一斉に展覧会を開催

東京けやき会
 
9月10日(月)から一週間、金沢美術工芸大学の卒業生、在校生による大展覧会「2007 東京・銀座大展覧会」が開催されます。 これは同大学OB会[東京けやき会]が主催するもので、2004年に続いて2回目。今回は銀座、京橋などのギャラリー122の会場で、 総勢850名のアーティストによる個展、グループ展、合同企画展などが一斉に開催されます。

日本画関連の主な展覧会

122の会場から日本画関連の主な展覧会を見ていくと、日展理事で金沢美大教授の土屋禮一が参加するギャラリー戸村の日本画15人展は、山本隆、鹿見喜陌らベテランから、古澤洋子、岩田壮平ら注目の若手までが加わり、小品中心ながらも見逃せない展示。

藤屋画廊でのグループ展は、中村徹をはじめ、松崎十朗、中村賢次、長谷川喜久、中出信昭、日影圭ら日展会員中心の実力者による大作の展示で、この大展覧会の見所のひとつ。サカモト画廊での佐藤俊介、府玻綾子、石崎誠和、岩田壮平らによる若手四人展も注目。

日展出品者が多い金沢美大日本画科出身者の中にあって、創画展に出品する稲田峻、浅野秀和はそれぞれ林田画廊、アートギャラリー羅針盤で個展での発表。また、日展では田中菜実子として出品している"たなかなみこ"は、GALLERY b.TOKYOでの個展とアートフロンティアでのグループ展で発表。

在学生の参加も多く、柴田悦子画廊では、後期博士課程在学中の鈴木良平をはじめ、平成18年、19年に大学院を修了した卒業生による四人展。一階がgallery d.g.、二階が画廊はねのアートフロンティアでは、一階は在学生、二階は最近2、3年の卒業生を中心にしたグループ展。

主な日本画家と展覧会場

土屋禮一:グループ展[京橋・ギャラリー戸村
中村徹:グループ展[銀座・藤屋画廊
松崎十朗:グループ展[京橋・ギャラリー戸村]、[銀座・藤屋画廊]
古澤洋子
 
古澤洋子
グループ展[京橋・ギャラリー戸村]
岩田壮平
 
岩田壮平
グループ展[京橋・ギャラリー戸村]
四人展[京橋・サカモト画廊
稲田峻
 
稲田峻
個展[京橋・林田画廊
浅野秀和
 
浅野秀和
個展[京橋・アートスペース羅針盤
たなかなみこ
 
たなかなみこ
個展[京橋・GALLERY b.TOKYO
グループ展[新川・アートフロンティア 画廊はね
鈴木良平
 
鈴木良平
四人展[銀座・柴田悦子画廊
グループ展[新川・アートフロンティア gallery d.g.


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。