山田りえ


目に見える世界の下には
広大な「存在そのもの」の海が満々と水をたたえている

すべての現象はその水面のさまざまに変化する形だ

私はその海からの水を汲み出し
目に見える形にしたい