究極のミクスチャー、メキシコ料理

メキシコ料理の食卓には数種類のサルサや、香味野菜、レモンが並ぶ

メキシコ料理の食卓には数種類のサルサや、香味野菜、レモンが並ぶ

先住民時代から使われてきた食材や食習慣に、スペインをはじめとするヨーロッパ、アジア、中東など外来の食文化が融合したメキシコ料理。2010年には、ユネスコの無形文化遺産に登録されました。数千年の歴史背景を持ち、伝承と多文化と洗練が共存する究極のミクスチャー料理が、国際的にも注目されています。ここでは、おなじみのタコスから、地方料理や、屋台料理など現地でなければ食べられない、とっておきの味を教えます!

美味しいメキシコ料理を堪能するなら、こちらも参考に。
観光客が行きやすいメキシコシティのレストランを紹介しています>>>メキシコシティのレストラン メキシコシティ、セントロ地区のレストラン

メキシコ料理好きが絶賛するオアハカ料理についてと、オアハカ料理が食べられるオアハカ市内のレストランの紹介です>>>屋台料理から伝統料理まで、絶品のオアハカ・グルメオアハカのレストラン


年末年始の季節の味を紹介しています>>>メキシコのクリスマスと正月の特別な料理

とうもろこしから生まれたメキシコ人

メキシコのとうもろこし=マイス。白いもののほか、青いものもある

メキシコのとうもろこし=マイス。白いもののほか、青いものもある

トウモロコシの原産はメキシコおよび中米ですが、品種改良された日本の黄色く甘いトウモロコシに慣れている日本人にとって、白くて、固いメキシコのトウモロコシ、マイスは新鮮に映るでしょう。

メキシコ先住民族の伝説で「人間はマイスから生まれた」といわれるほど、マイスはメキシコ食文化にとって重要なもの。メキシコ人の主食はマイスの粉(=マサ)から出来たトルティージャと呼ばれる、薄焼きのパンなのです。メキシコ北部の一部地域では、小麦粉から出来たトルティージャが食べられていますが、メキシコ国内では、全般的にマイスのトルティージャが基本です。

トルティージャを使った料理

昔ながらのやり方で、手でたたくようにトルティージャを成形する女性たち

昔ながらのやり方で、手でたたくようにトルティージャを成形する女性たち

メキシコ料理の代表格であるタコスをはじめ、トルティージャの中に具を挟んで二つ折りにし、焼いたり、揚げたりした軽食のケサディージャや、中に具を入れて丸めたトルティージャにサルサをかけたボリューム満点のエンチラーダスなど、トルティージャを使った料理は数えきれないほどたくさんの種類があります。

トルティージャを使った料理について詳しく案内しています>>>メキシコ料理の基本、トルティージャ料理とは