底が見えないといわれる出版不況の中、読物をメインにした雑誌が相次いで創刊され話題になっている。なかでも「モンキービジネスmonkey business」は、翻訳家・柴田元幸氏が責任編集をつとめるユニークな文芸誌。その内容とは?

「モンキービジネス monkey business」創刊!

モンキー ビジネス2008 Spring vol.1 野球号
<DATA>タイトル:『モンキービジネス monkey business 2008 Spring vol.1 野球号』出版社:ヴィレッジブックス責任編集:柴田元幸価格:924円(税込)
読物雑誌で重要なのは、まず執筆陣だ。この人が書いているなら、ということで買うことが多いのではないだろうか?

個人名を大々的に打ち出した雑誌というと、松尾スズキ氏がスーパーバイザーの「hon-nin」を思い出す。創刊の辞によれば、執筆陣は松尾氏の知り合いやリスペクトする書き手を集めたという。その結果、サブカルチャー好きなら読まずにはいられないメンツが揃っている。

では「モンキービジネス」はどうか。“野球号”と銘打っているだけあって、巻頭は「野球のダイヤモンド、小説の輪郭」という対談だ。相手は熱心な阪神ファンとしても知られる小川洋子。小川さんはいつごろから野球に興味を持つようになったのか? 弟と行った阪神対南海戦のエピソードは、そのまま小説になりそうな鮮やかさ。

またポール・オースターが日本人大リーガーについて語っていたり、ハワード・ノーマンとベイスターズの試合を観戦したり。海外の著名作家との野球談義も楽しい。

連載は川上弘美「このあたりの人たち」、小野正嗣「浦ばなし」、岸本佐知子「あかずの日記」、ダニイル・ハルムス「ハルムスの世界」、バリー・ユアグロー「Gangster Fables」。日本の書き手と海外の書き手が一緒に並ぶ雑誌は珍しい。翻訳家の柴田氏だからこそ、だろう。

ゲストも川上未映子古川日出男など豪華! 小説が好きならばたまらないラインナップのはず。

そして画期的なのは、新しい作品と古典が一緒に楽しめること。

現代文学と古典を一緒に楽しむ! 注目の柴田訳「血」「書写人バートルビー」の紹介は次ページに。


Monkey Contemporariesシェリー・ジャクソン「血」

季刊 真夜中 No.1 2008 Early Summer
<DATA>タイトル:『季刊 真夜中 No.1 2008 Early Summer』出版社:リトルモア価格:1,260円(税込)同時期に創刊された新雑誌。こちらは文芸だけではなく写真や絵やデザインにも注力している。
“母なる大地”という言葉があるが、お母さんなら女性なわけで、“月のもの”があったりもするのかもしれない――。イングランドの街のあちこちから湧き出る血を拭き取る〈血の雲雀〉と呼ばれる女たちの物語。

牛の足跡や蛇口からあふれ、塔に満ちていく赤のイメージは怖いけれども、不思議と美しい。

著者は1963年生まれのアメリカの作家・アーティスト。邦訳単行本はまだない。が、この奇想、また味わってみたいと思わせる。

Monkey Classicsハーマン・メルヴィル「書写人バートルビー ――ウォール街の物語」

語り手は弁護士の「私」。ウォール街で法律事務所を開いているが、使用人は午後になると必ず書類にインクをこぼすターキーをはじめ変わり者ばかり。新しく雇ったバートルビーは無口で落ち着きのある男。すぐにバートルビーを信頼するようになった「私」だったが、実は彼はターキーたちを軽く凌駕するきわめつけの奇人で――。

何を頼んでも穏やかにきっぱりと拒絶するバートルビー。繰り返される彼の口癖や、困り果てる「私」の様子を読むと可笑しくてたまらない。自分の職場の困った人を思い出す読者も多いのではないだろうか。

著者は『白鯨』で知られるアメリカの作家。155年前に発表された小説なのに、今読んでもまったく古くない。

朝日新聞のインタビューで、柴田氏は本誌について「いい本がそろった、ちっちゃな書店のような雑誌にしたい」と語っている。海外の本も国内の本も、新しい本も古い本も、同じ空間に並んでいるのが本屋の面白さ。お気に入りの書店に通うように読み続けたい。

【関連リンク】
「柴田元幸 責任編集『モンキービジネスmonkey business』」…ヴィレッジブックス内にある公式サイト。ウェブだけで読めるコンテンツ(柴田氏のエッセイ・新作翻訳・コミック)も充実!

【ガイドの読書日記】
「石井千湖日録」…最近気になる新刊、積読、読了本など紹介しています。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。