『空中ブランコ』
祝!直木賞受賞!トンデモ精神科医・伊良部が大暴走する爆笑連作短編。


『空中ブランコ』
・奥田英朗 (著)
・価格:1238円(税込)

この本を買いたい!


■直木賞に、奥田氏・熊谷氏。奥田作品の受賞に大盛り上がり!

第133回直木賞・芥川賞が決定した。直木賞は、奥田英朗『空中ブランコ』、熊谷達也『邂逅の森』、芥川賞は、モブ・ノリオ『介護入門』に。
奥田氏は、『邪魔』『マドンナ』『イン・ザ・プール』などで過去4度直木賞にノミネート、トンデモ精神科医を主人公にした連作短編第二弾でついに栄冠を射止めた。熊谷氏の『邂逅の森』は、山本周五郎賞とのダブル受賞。文壇初の快挙である。
芥川賞を受賞したモブ・ノリオ氏は、世界的なスカムロック・バンドに在席するなど、ユニークな経歴の持ち主。受賞作は、祖母の介護をするドラッグ中毒の青年の独語をラップ音楽を思わせる独特のリズムで表現し、現代若者の倫理観に迫った作品(らしい。すみません、未読です)。

芥川賞については、作品を拝読させていただいてから触れるとして、直木賞。奥田氏の受賞には、私の周辺の編集者・ライター以外の人々も、ちょっぴり興奮。「獲ったのねぇ、奥田さん」(こういう言い方をするのは、編集者)じゃなくて、「やったね、伊良部」。プチ・ブームなのである、『空中ブランコ』のトンデモ精神科医・伊良部が。

■常識の一切通じない怪医・伊良部、ますます好調!

体重百キロ超、「色白のアザラシ」のような風貌。総合病院の跡取り息子でマザコン、注射フリーク。大学の医学部を卒業できたのは、日本医師会の重鎮であるオヤジのコネ、あるいは、秋篠宮殿下ご成婚の特赦で、国家試験を通ったことについてはフリーメーソンの関与説まで出た逸材である。もし、この作品を映像化するなら、伊良部役は、誰がいいかという話題もしきりだ(巨乳で無愛想な看護婦役は、小池栄子かMEGUMIあたりでいけそうなんですが、いないんですよねぇ、ちょっと毒のあるポッチャリの人って・・・)。

本作は、『イン・ザ・プール』に続き、彼を主人公にした連作短編2作目。今回、精神科医伊良部のもとを訪れるのは、不眠症にかかった空中ブランコ乗り、先端恐怖症のヤクザ、イップスにかかったプロ野球選手などなど。悩みに悩んで、精神科医のもとにカウンセリング目的で訪れるのだが、まずは、一発、ぶっとい注射を打たれて、後は、伊良部が「空中ブランコに乗らせてくれ」だの「ピストルを撃たせてほしい」・・・患者たちは思う「いったい、自分はどこに迷いこんだんた?」・・・
「信頼できない病院・医者ランキング」なんてものがもしあれば、上位入賞間違いなしなのだが、なぜか患者たちは、コイツに振り回されているうちに・・・
■「癒し系」を笑い飛ばす!著者の反骨心と「ウケ」に徹した職人魂に乾杯!

この作品に登場する患者たちは、結局、自分で自分を治す(大丈夫、ネタなんてばれたって、この作品の楽しさは少しも損なわれない)。
個人的な見解だが、私は、本作には、バブル崩壊以降世間に氾濫している「癒し系」的なるものへの反発が底流としてあるように思えてならない。

何の警戒心も猜疑心も抱かせず身も心も委ねられる存在、ただひたすらに心地よさのみを与えてくれる音楽や読み物・・・本作を読んで、著者は、おそらく、こういうものから、距離を置いたところで作品を執筆しているのではないかと強く感じたのだが、いかがだろうか。

いやいや、こういう当たりもしないような小難しい小理屈はこのくらいにしておこう。本作には、まったく似合わないのだから。そう、この作品には、「人生しんどいけど、前を向いてがんばらなくちゃ」みたいな説教臭さなど、微塵もない。ひたすらに、ひたすらに、笑える。読み巧者はもちろん、「小説なんて読んだのは、1年以上前」という人にもきっと笑える。保証付きだ。

著者は、昨年刊行された『野球の国』というエッセイ集の中で「わたしはウケることがなにより好きだ」と明言している(百獣の王○○○○の空欄を埋めるクイズには、サダハルと書き込むそうである)が、伊良部シリーズでは、職人として、見事にウケに徹している
いや、嬉しい。こういう作品が、こういう作家が、権威ある賞を獲って。
もう一度言うが、120%楽しめる。読まなきゃ、損である。

さて、もう1作の直木賞作品『邂逅の森』。以前、浅田次郎氏にインタビューした折に、彼が大推薦されていたため、手に取った。マタギを主人公にした、マッチョな作品であり、渾身の力で投げ下ろされた剛速球である。
男性登場人物も女性っぽい最近の人気作品の風潮に敢然と背を向け、いま流行の「ゆるい感じ」ともまったく無縁。この作品が注目されることで、小説から遠ざかっていたある種の読者層が戻ってくるかもしれないと思う。詳しくは、次回のコラムで紹介したい。


この本を買いたい!


受賞作はユーモア短編だが、『最悪』『邪魔』など、がっちりした犯罪ミステリーも秀作!やっぱりこのジャンルからは目を離せない!
賞の権威はともかもとして、「○○賞受賞!」は、新たな作品と出会えるチャンス!文学賞の情報をチェックできるページを探してみました。


直木賞・芥川賞ののほか、菊池寛賞、松本清張賞もこちらでチェックできます。「文藝春秋・各賞紹介」さすが老舗!

『邂逅の森』は、すでにこの賞も受賞。山本周五郎賞の情報はこちらから「新潮社 山本周五郎賞」

選出方法がユニークな賞、その1.毎年ひとりの選考委員によって選出ます賞Bunkamuraドゥ・マゴ文学

選出方法がユニークな賞、その2.本格ミステリ作家みずからが投票で決定します本格ミステリ大賞
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。