『ミドルセックス』
この本を買いたい!


■両性具有の少女/少年の視点で語られるファミリー・サーガ。小説の原則を超えた冒険的な作品

 『ヘビトンボの季節に自殺した五姉妹』で高い評価を受けたアメリカの作家の新作。『ヘビトンボ・・・』は、「僕ら」と自分を呼んでいる一人称複数の語り手など、さまざまな意味で掟やぶり、「ほかのどの作品にも似ていない」小説であったが、この新作も、かなり冒険的なものである。

 主人公は、女の子として育ち、男として大人になった両性具有の少女/少年・カリオペ(男性となってからの名はカリ)。思春期に入った彼女の、自らの肉体の変化に対して感じる漠然とした不安、同性の親友への思いなどが切実に語られている。だが、この小説は、けっして、ジェンダーの揺らぎだけがテーマではない。

 主人公にして語り手のカリオペは、ギリシャ系移民の子としてアメリカで育つ、いわば、現代のティーンエイジャーである。だが、この語り手は、なんと、自分の「遺伝子」が発芽した時代にさかのぼって、家族の物語を、見てきたように、リアルに語るのである。したがって、物語は、1920年代、彼女の祖母の物語から始まる。

ギリシャとトルコの国境で、少女デスデモーナは、弟レフティーとともに暮らしている。二人は、姉弟でありながら深く愛し合い、トルコとの戦争の混乱のさなかに、「夫婦」として結ばれてアメリカへと渡るのだ。やがてデスデモーナは、レフティーの子を妊娠する。近親相姦が引き起こす悲劇の予感におびえるデスデモーナだったが、彼女の不安は的中せず、ごく普通の男の子が生まれる。その子は、やがてデスデモーナの従兄弟が生んだ少女と愛しあうようになり、二人の間に生まれた二人目の子、それが、語り手・カリオペなのである。

 そう、この物語は、ギリシャ系移民一家の壮大な叙事詩でもあるのだ。この叙事詩を、一人の現代の少女が、「神の視点」で語るのである。言うまでもないことだが、通常の小説の手口としては、「反則」だ。率直に言うと、読み始めは、多少の不自然さを感じる。だが、不思議なことに、読み進むうち、その不自然さが、この小説の最大の魅力に変わるのである。この物語には、この語り手しかない、と思えてくるのだ。
その理由は・・・。
■肉体に刻印された「記憶」としての運命を語るにふさわしい語り手

 その理由のひとつは、アメリカ文学者の柴田元幸氏が解説で指摘しているように、この語り手が両性具有者であることだろう。彼女(ないしは彼)が、男性・女性の双方の心理にズカズカと踏み込んで語るのが、まったく不自然でないのだ。なかなかに巧妙な仕掛けである。

 だが、この語り手がこの物語にふさわしいと思える最大の理由は、この物語が「運命」をテーマとしている物語であることだろう。

本作には、ギリシャ神話から最新の遺伝子工学まで多彩な枠組みで、人がその肉体のうちに持っている「記憶」とでもいうべき「運命」についての考察が語られる。
その「記憶」は、通常では人の認識の枠外にある。だが、認識されるとされないに関わらず、その記憶は、確かにある。だからこそ、この記憶を語るのに、肉体にあらかじめ刻印された性と自らが認識していた性が異なる主人公ほどふさわしい語り手はいないのである。

 さて、この主人公は、自らに課せられた、悲劇と呼んでもさしつかえない「運命」にいかに対峙するのか。その答えと、その答えにたどりつくまでの軌跡は、ぜひ、本書を読んでいただきたい。

 「翻訳ものは苦手」という方もいらっしゃるだろうが、何せ、ピュリッツァー賞受賞作だ。何せ、あの柴田元幸氏、大推薦作だ。前評判に左右されて読んで、ぜったい損はないと思う。

この本を買いたい!


海外文学にもっともっと親しんで!情報は、「海外文学の情報ページ」でチェック
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。