最近のナンパ箱は地味目なコたちで
溢れかえっている

k05
芦沢教授/あしざわきょうじゅ/ベンヌ所属/クラブDJであり、おそらく世界で唯一のパラパラ芸人。最近、より音楽とお笑いの融合した作品づくりに目覚め日々、邁進中!
好評なクラブナンパ事情対談、第4弾! 今回も友達のお笑い芸人&DJ・芦沢教授さんをゲストに迎え、クラブの現状から、夏に向けてのナンパ方法まで、アレコレ語り尽くします! まあ、ニッコリ微笑んで、気軽に読み流してやって下さいませ。


ガイド:
さて、教授、毎度お馴染みのクラブナンパ対談です。まずはクラブの現状から話しましょうか。最近、新しいクラブは出来てないよねぇ。
 
芦沢:
新しいクラブは...ほとんど出来てないですねぇ(しみじみと)。

ガイド:
なんでも、教授から聞いた前情報では、渋谷のアトムの年齢層が上がっていたり、また人種も入れ替わっているという。

芦沢:
入れ替わっているという表現が正しいかどうかは分からないけど、フツーのコが増えたから入れ替わっているように見えている感じですかね。

ガイド:
フツーのコたちっていうのは?

芦沢:
大学を卒業した25前後の男女ですね。もちろん主となるのはアパレル系などオシャレなコたちじゃなくて、OLやサラリーマンなど一般社会人。つまり比較的地味目なコたちで溢れかえっている状況です。

ガイド:
それは昔、ジニアスエーライフなどのナンパ箱で遊んでたコたちってこと?

芦沢:
いや、もっと地味ですね(キッパリ)。簡単に説明すると、ハタチ前後のコに絶大な人気があった渋谷のアトムがあって、25前後のコは六本木のバニラとエーライフがツートップだったんですけど、その3つのどれも基本、オシャレなコが来るクラブだったんです。前の対談でも話しましたけど、その中であまりオシャレなコばかり集めると一般が来にくいので、大衆ウケさせるために「逆ドレスコード制度」で女性は茶髪巻髪、男性はギャル男を排除したらフツーのコたちが増えた。

で、最終的にフツーのコたちが残って、そのコたちがバニラ無きあと渋谷のキャメロットやエーライフに流れているんですけど、クラブ業界の構成上、アトムで遊んでいた若いオシャレなコは大人になるとキャメロットやエーライフに流れるので、去年まではオシャレなコとそうでないコが半々くらいの比率でいた。でも、クラブ業界が推すハウスの音にいまいち馴染めないでいたんですよ。

読者モデルとかいい女が
渋谷アクシスに集まっている!

k01
ガイド:
嗚呼、ノリにくいというか、もう少しお祭り騒ぎしたいというか。

芦沢:
そうそう。で、居心地が悪いと感じたオシャレな大人たちはもう一回、トランスのかかるアトムに行き場を求めたんですよ。

ガイド:
それがアトムの年齢層が上がっている状況に繋がる、と。

芦沢:
そういうことです。で、オシャレなコがアトムに流れた結果、フツーのコたちがキャメロットやエーライフで目立てるようになった、というのが今の状況。またジニアスは、昔はフツーのコがメインだったのにキャメロットやエーライフを卒業した30前後のオシャレなコたちも増えてきた。

ガイド:
なるほど。

芦沢:
で、25前後のコたちがアトムに「ハイハイコール」みたいなキャメロットやエーライフの遊び方を持ち込んだことで、本来アトムで遊んでいた20前後のコたちが居心地が悪くなって行かなくなった。だから20前後のコが行くクラブが今はない、という感じですね。

ガイド:
ということは、新たにキャメロットが加わったくらいで30前後はジニアス、25前後はエーライフとキャメロット、20前後はアトムという具合に盛り上がっているクラブは変ってない?

芦沢:
変ってないです。他には新木場のアゲハも音好きが集まる箱として盛り上がってます。それで渋谷にアクシスっていう元フーラの箱があるんですけど、そこはアゲハに習い音好きをメインにしたパーティをすることでめちゃくちゃ盛り上がってます。しかもナッツやジェリーみたいな流行誌の読者モデルがワンサカ。そんな状況ですね。

ガイド:
えっ? 読モとかいい女がアクシスに集まってる?

芦沢:
そうです。裏を話せばバニラのスタッフはキャメロットに流れて、バニラと同じことをやろうというキャメロット。残るバニラの経営者側がアクシズに流れて音好きのクラブで成功しているんです。ただ、ナンパは難しいです。男女ともレベルが高いのでフツーの人は無理でしょうね。

ガイド:
つまりオシャレな渋谷ウームというか。

芦沢:
そうです。オシャレなウームです。歳のころは20~24くらいですね。雑誌でいうとナッツやジェリーのギャル系からキャンキャン、JJ、ViViまで読モが勢揃い。オールジャンルでイベントをやってるんですけど、ハウスは可愛い、ヒップホップはエロい、そんなコたちで溢れてますね。

ガイド:
読モのオールスターがアクシス! それはぜひ拝ませていただきたいね(笑)。

良くも悪くもクラブがカラオケの延長になった

k03
ガイド:
では本題、ナンパ事情について語りましょうか。ナンパするなら相も変わらずジニアス、エーライフ、キャメロット?

芦沢:
ですね。アトムは...年齢層が上がっているとはいえ若いコもいるんで厳しいと思います。

ガイド:
なら、ひとまずその3つに絞りましょうか。

芦沢:
去年と大きく違うのはドレスコードが無くなってきてるんですよ。もちろんハーフパンツとかはNGなんですけど、大衆ウケを狙うあまり本当にフツーのコたちだけになってますね。

ガイド:
うん。確かにこの前、ジーンズでジニアスに行ったら入れた。そこでちょっと驚きがあって。

芦沢:
それだけユルくなってきてるんですよ。

ガイド:
なんでユルくなってるの?

芦沢:
今まではクラブはカッコイイ場所で、オシャレじゃないと行けないという線引きをしてた。最先端のコたちの溜り場で、なかでもよりカッコイイやつがナンパできる場所だった。でも今は一般層も取り込まないとやっていけない。それが全てでしょうね。

ガイド:
つまり、バニラの「逆ドレスコード」の流れで完全に客層が逆転した、と。

芦沢:
そうです。オシャレだと逆に浮いちゃう現象が起きてる。大衆化したことで本当にオシャレなコたちは恥ずかしくて来れないですから。今までフツーのコたちはクラブ=「煩い、恐い、ギャルやBボーイだらけ」っていう先入観が少なからずあった。でも友達に誘われてオールジャンルの箱に行ってみたら自分みたいな一般のコたちしかいないワケですよ。で、みんな「ハイハイコール」で盛り上がってる。「なにコレ? カラオケじゃん!」って。

ガイド:
良くも悪くもクラブがカラオケの延長になった、と。

芦沢:
そういうことです! だからオールアバウトを見てる、まだクラブに行ったことがないアナタですら全然浮かないよ、と(笑)。

ガイド:
と、教授からのアドバイスでした(笑)。みなさん、その言葉を信じてクラブに行ってみましょう!

クラブは本当にオシャレなコが行けない
文化になりつつある

k06

芦沢:
つまりナンパ箱はダサい文化で、本当にオシャレなコはもう行けない文化になりつつあるんです!

ガイド:
ワハハハ! ナンパ箱はダサい!!

芦沢:
もう一昨年のハウスがプッシュされはじめた頃からその傾向はあって、今年はさらに拍車がかかってる感じですね。

ガイド:
つまり、前に話したナンパ箱のハウス推し戦略は失敗したワケだよね。

芦沢:
もちろん成功しているイベントはありますけど、基本的には失敗ですね。

ガイド:
大失敗で結局、カラオケ化になった、と。

芦沢:
そういうことです。カラオケ・ハウスになっちゃったんです。もう、カラオケより大きな箱でみんなで大合唱できる、一つのアミューズメント施設ですね。

ガイド:
でもそれ、いいことだよね。気軽に行けるワケだから。

芦沢:
もちろんいいことです。それでナンパ箱が盛り上がってるんだから。

※ということで、今回はここまで。次回はさらに具体的な今夏のクラブナンパ方法に迫ります。
それでは、また「ボクにもできたクラブナンパ事情4(後編)」でお会いしましょう!

芦沢教授 DJイベント情報!


毎月第1金曜 横浜NO,1のTRANCEイベント「オーガナイト」
毎月第2金曜 六本木パラパライベント「RET」
さらには夏には
7月26日(日)、去年2,000人を集客した「ア・ガ・ル・祭」が江ノ島特設ステージで開催!
8月お盆時期に「ア・ガ・ル・祭」本拠地の鎌倉由比が浜海岸でも開催予定です!
 
くわしくは芦沢教授ブログ
をチェック!

【関連サイト】
・関連ガイド記事  ボクにも出来たクラブナンパ事情(前編)
          ボクにも出来たクラブナンパ事情(後編)
          ボクにも出来たクラブナンパ事情2
          ボクにも出来たクラブナンパ事情3(前編)
          ボクにも出来たクラブナンパ事情3(後編)

・関連リンク集  クラブ

・関連サイト
        ジニアス
        キャメロット
        エーライフ
        アクシス
        芦沢教授ブログ
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。