日本映画は1960年に574本の制作を頂点に下降してゆきます。1958年の観客数が延べ11億人を超えましたが、それからわずか5年で半分以下にまで落ち込みます。それは革命的メディアであるテレビの普及が影響したことは言うまでもありません。

今回は、1950年代の日本映画黄金期の年度毎の日本国内No.1ヒット作と、興行収入ベスト10内で観ておきたい名作を取り上げます。

1950年~1954年
日本国内興行年間No.1作品と10内名作映画を振り返る

宗方姉妹
1950年の国内興行No.1ヒット作『宗方姉妹』
1950年:No.1ヒットは小津安二郎監督作品で、戦後の日本の家庭の崩壊を描いたシリアスな『宗方姉妹』です。2位『自由学校』、3位に『佐々木小次郎』と邦画が続き、アメリカ映画・ディズニーアニメーションの『白雪姫』が4位と健闘しました。

1951年:No.1ヒットは大映創立10周年を記念して創られた『源氏物語』で、本作の監修を文豪・谷崎潤一郎が担当し、主演が大人気の二枚目俳優・長谷川一夫です。5位にアメリカの西部劇『白昼の決闘』、8位にセシル・B・デミル監督の史劇『サムソンとデリラ』が入りました。

1952年:太平洋戦争で戦場となった沖縄を舞台に、最前線へ駆り出された女学生たちを描いた『ひめゆりの塔』が、アメリカ映画の『風と共に去りぬ』を超える国内No.1ヒットとなり、この時代はまだ邦高洋低(邦画の興行収入が洋画を上回る)だったのですね。黒澤明監督の不朽の名作『生きる』は興行収入の10内には届きませんでした。

ひめゆりの塔
1952年の国内興行No.1ヒット作『ひめゆりの塔』
1953年:No.1ヒットは『君の名は・第2部』で、続く2位が『君の名は・第1部』でした。当時の配給収入で1億いけば大ヒットの時代に「1部・2部」の合計で5億5千万も稼ぎ出したオバケ映画ですね。3位にはアメリカ映画の『地上最大のショウ』、4位の西部劇『シェーン』が興行を賑わせました。

1954年:のNo.1ヒットは前年から引き続き『君の名は・第3部』でした。あの黒澤明の代表作『七人の侍』が4位、オードリー・ヘップバーンの『ローマの休日』が3位と知ると、『君の名は』人気の凄まじさがわかりますね。


【関連リンク】
『白雪姫』
『白昼の決闘』
『サムソンとデリラ』
『風と共に去りぬ』
『生きる』
『君の名は・三部作』
『地上最大のショウ』
『シェーン』
『七人の侍』
『ローマの休日』


次ページは、1955年~1959年です。

1955年~1959年
日本国内興行年間No.1作品と10内名作映画を振り返る

赤穂浪士 天の巻・地の巻
1955年の国内興行No.1ヒット作『赤穂浪士 天の巻・地の巻』
1955年:のNo.1ヒットは群を抜いて東映「赤穂浪士第1弾」の『赤穂浪士 天の巻・地の巻』で、戦後製作の「忠臣蔵」の中でも秀作の呼び声の高い作品です。2位に、ガラガラ蛇、サソリなどアフリカ砂漠の生態を追ったディズニー映画の変わり種ドキュメンタリー映画『砂漠は生きている』の大ヒットには驚きです。

1956年:No.1ヒットは前年に続いて東映の『任侠清水港』で、次郎長と石松の絆を主軸に描いた一篇。この年はアメリカ映画がヒット作を量産してきます。2位にジェームズ・ディーンの遺作『ジャイアンツ』が、3位に『海底二万マイル』、4位『戦争と平和』と続き、そして5位に邦画の黒澤明監督作『蜘蛛巣城』がつけました。

1957年:ワイドスクリーンで繰り広げられる日本海海戦のクライマックスでセンセーショナルを巻き起こした『明治天皇と日露大戦争』がNo.1ヒット作となり、続いて2位に名匠 木下恵介の秀作『喜びも悲しみも幾歳月』。4位に日活の『嵐を呼ぶ男』、7位に『錆びたナイフ』がヒットして石原裕次郎人気が頂点の時でした。

明治天皇と日露大戦争
1957年国内興行No.1ヒット作『明治天皇と日露大戦争』
1958年:は大映の『忠臣蔵』と日活の『陽のあたる坂道』の激戦でしたが、タッチの差で『忠臣蔵』がNo.1ヒット作となりました。4位には東映の『忠臣蔵』が入っていて「赤穂浪士ブーム」だった50年代(1955年No.1ヒット作も)。名作では黒澤明監督作『隠し砦の三悪人』が5位という結果です。

1959年:No.1ヒットは、清水次郎長を片岡千恵蔵が、国定忠治を市川右太衛門が演じた『任侠中仙道』でした。7位に『人間の條件 第3・4部』が入ります。この年の外国映画の最大のヒット作『リオ・ブラボー』は10内に入りません。依然邦画が強い時代でしたが、翌年(1960年)の国内No.1ヒット作が『ベン・ハー』となり徐々に外国映画が押してくることになるのです。


続きまして「50年代の全米No.1ヒット作&名作選」を近日アップいたします。お楽しみに。


【関連リンク】
『砂漠は生きている』
『ジャイアンツ』
『海底二万マイル』
『戦争と平和』
『蜘蛛巣城』
『喜びも悲しみも幾歳月』
『嵐を呼ぶ男』
『錆びたナイフ』
『陽のあたる坂道』
『隠し砦の三悪人』
『人間の條件』
『リオ・ブラボー』
『ベン・ハー』


【関連記事】
気合と根性で観るメチャクチャ長い映画
感慨の恋愛映画10選:日本・アジア映画編
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。