男を狂わす魔性の女たち

ファム・ファタール
2002年/アメリカ=フランス映画/上映時間:115min/音楽:坂本龍一/ブライアン・デ・パルマ監督作品『ファム・ファタール』
フランス語の「ファムファタール(femme fatale)」=運命の女のことですが、転じて男を破滅させる魔性の女性、妖婦という意味合いで使われことが多いですね。

「魔性の女」と聞いてどんなイメージを抱くでしょうか。自己中心的な猫型の女性? 微笑むだけで男性が近づいてきてしまう天真爛漫な女性? 計算高い女性? それらのキーワードの冠に「美貌の」が付くように思います。

ファムファタールの代表格といえば、新約聖書に登場する「サロメ」でしょう。母ヘロディアの命によって古代パレスチナの領主ヘロデ・アンティパスから舞踏の報償として洗礼者ヨハネの斬首を求めた女性です。オスカー・ワイルドの戯曲にもなり、鬼才ケン・ラッセル版、フラメンコ・バレエで官能的に魅せるスペインの巨匠カルロス・サウラ版など何度も映画化されいます。

「ファムファタール」という単語をそのまま題名にしたブライアン・デ・パルマ監督作品があります。人生には常に分かれ道があり、選択した道により人のその後が大きく変わるという「夢落ち」のような不思議な物語です。
私は、本作宣伝用アイコンになった、ランジェリーとはどうしても思えない「蛇のビスチェ」が気になって仕方がありませんでしたが……。

日本文学から「ファムファタール」の代表として、谷崎潤一郎原作『痴人の愛』の主人公ナオミはどうでしょう? 男自らが見い出し育て上げた美少女ナオミに逆にのめり込み破滅する物語(スタンリー・キューブリック監督作『ロリータ』も同系列のお話)。妖艶に変身してゆく女性にハマリ込み自滅してしまう男の悲劇。身に覚えのある男性も少なくないのでは?

現代のか弱き?男性のみなさん。名作映画のファムファタールの手口を掴んで、身の危険を回避しましょう。
そこで次ページは、ファムファタール映画からビリー・ワイルダー監督作の最高の1本『サンセット大通リ』、サスペンスの名作『白いドレスの女』を紹介しますので、騙されやすい優しい男性諸氏はリスクヘッジに活用してください。

過去の栄光に酔いしれる大女優のナルシシズム
『サンセット大通り』

サンセット大通り
1950年/アメリカ映画/上映時間:100min/ビリー・ワイルダー監督作品『サンセット大通り』
プロローグ、プールに浮いた男の死体。この男こそファムファタールの餌食となった売れない脚本家ジョー(ウィリアム・ホールデン)です。

物語はその半年前に遡ります。借金取りに追われたジョーがサンセット大通リの逃げ込んだ邸宅の家主は、忘れられたサイレント映画時代の大女優ノーマ(グロリア・スワンソン)でした。

ノーマは、ジョーが脚本家と知ると「サロメ」を主人公(自分が演じることを前提)にしたシナリオのライターとして雇うと言い出し、この屋敷に住んで仕事をするように命令します。それからというものペットの大げさな葬儀をしたり、高級なタキシードを着せてホームパーティで踊らさせられたり、ノーマ主演の往年の映画をホームシアターで何度も観せられたりでジョーはあきれます。

終盤、ノーマはパラマウントの撮影所へ『サムソンとデリラ』を撮影中のセシル・B・デミル監督(本人が演じます)に会いにゆきます。その後、デミル演出で「サロメ」の主演をすると信じきったノーマが美容に専念したりするナルシシズムとアナクロさに驚愕します。

大きな勘違いをし続けた元大女優に人生を翻弄されたジョーは、嫉妬の銃弾により倒れます。警察が駆けつけライトが照らされた邸宅で、ノーマは「これが本番」とばかりに女優を演じ続けます。このラストシーンの恐ろしいこと!
老醜をさらけ出したノーマの大写しの顔はファムファタールの末路と狂気を見せる映画史に残る辛らつなラストシーンです。

BODY HEAT カラダを熱くするファムファタール
『白いドレスの女』

白いドレスの女
1981年/アメリカ映画/上映時間:113min/ローレンス・カスダン監督作品『白いドレスの女』
ジェームズ・M・ケインの小説「倍額保険」の映画化で、ビリー・ワイルダー監督作『深夜の告白』のリメイクとしても知られている作品。

弁護士ネッド(ウィリアム・ハート)は、真夏の暑い公園で見かけた白いドレスの女マティ(キャスリーン・夕ーナー)に一目ぼれします。やがて二人は求め合い、クーラーもないウインドウ・チャイムの鳴る屋敷で愛し合い、その後も逢い引きを繰り返すうちにマティの夫が邪魔になってきます……。

マティが何故ネッドに近づいたのか? 出会いからマティの夫殺害までは遺産目当てであることがわかりますが、私利私欲でどこまで「愛」を演じることができるのでしょうか? 逢い引きを重ねるうちにマティはネッドを「愛しはじめた」かのように観客は感じることでしょう。

終盤、良心の呵責からマティは自殺します……。
しかし、お話はここでは終わりません。こんなに悪い女には映画でもなかなかお目にかかれません(驚きのラストはご自身の目で確かめてください)。


◇今回選んだ映画の中のファムファタールたちは極度のナルシストです。他者を道具のように利用し、自分の価値観がこの世のすべてだと考える女性たち。現実にいたらオソロシイです。
教訓:絶世の美女がポルシェから手を振っても、私たちはいつものペースを乱さないようにしましょう。そして自分の背後に誰か居るのかどうかも確認したほうがよさそうですね。


◆「名作映画」サイトのメールマガジンを無料配信中です。希望される方はこちらからご登録ください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。