オチの種類

まくら
DVD『桂 枝雀 落語大全 第一集』(EMIミュージック・ジャパン)
落語のオチに徹底的にこだわり、独自のオチの分類まで確立させた天才、桂枝雀の落語のオチを映像で堪能してください
落語のオチにもいくつかのパタ-ンがあり、その種類ごとに分類されます。しかし、この噺のオチは絶対にこのオチとか、このオチはこの分類になるとか明確に分けられるものではありません。

あくまでも、落語を分かりやすくするための目安です。なんせ、落語ですからね。そこら辺の分類はかなりユルくなっています。演じる噺家自身もオチの分類を気にしながら、演じることもありませんので。

■逆さ落ち(さかさおち)噺の結末で、冒頭のときより、物事が反対の結果になってしまったり、立場が逆転してしまうことです。代表的な演目は子供にせがまれて買った凧で親の方が夢中になってしまい、子供に呆れられる「初天神」。

■仕込み落ち(しこみおち)落語のオチの醍醐味を最も味わえる、オチです。前半で、オチに対する複線を含ませながら、噺を進め、後半に前半で仕込んだ複線を踏まえつつ、オチに向かいます。代表的な演目は「時そば」「壷算」など、代表的な落語の演目の多くが、この仕込み落ち。

■仕種落ち(しぐさおち)
落語名人会(41)死神
CD『落語名人会(41)死神』(ソニーレコード) 柳家小三治
仕草落ちの代表的な演目「死神」は柳家小三治で聞くべし
噺の結末の仕草ですべてを語る、演技力が必要なオチ。最後、オチをどういった形で持っていくかが、その噺家の力量が問われます。代表的な演目は「死神」。この「死神」オチの分類は仕種落ちで統一されるのですが、演じる個々の噺家によって、その仕草が様々あるというちょっと変わった演目です。

■他のオチ一瞬考えてから、にやりとさせられる「考えオチ」。くだらない駄洒落がオチになっている「地口オチ」。最後の一言である意味、強引に途端に結末に持っていく「途端オチ」。あっと驚く! 意表をつく物に見立たり、勘違いででおこる面白さで落とす「見立てオチ」。

他にも色々と分類されてます。また、噺家独自でオチの種類を分類研究している方もいますので、みなさんも調べてみてはいかがでしょうか?

【最近の記事】
いよいよ開幕!高崎まちなか寄席
落語のマクラ

【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場で落語のCD・DVDを見る

Amazonで落語のDVDを見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。