『トゥー・ブラザーズ』はふたごのトラ(クマルとサンガ)の物語

↓『トゥー・ブラザーズ』公式サイト↓『トゥー・ブラザーズ』Two Brothers(2004)ジャン=ジャック・アノー監督2004年9月18日(土)~丸の内ピカデリー1ほか全国ロードショー
なぜ、引き裂かれ、闘わなければならないのか?人間のエゴによって数奇な運命を辿るクマルとサンガはたして彼らは…
『トゥー・ブラザーズ』Two Brothers(2004)ジャン=ジャック・アノー監督撮影に用意されたトラは30頭、そのうち18匹は7週から12週の赤ん坊のトラ

『トゥー・ブラザーズ』ストーリー

1920年代のカンボジア。ジャングルの荒れ果てた寺院で、ふたごのトラ(クマルとサンガ)が誕生した。トラにも個性はあって、兄のクマルは活発で、弟のサンガはおとなしい。兄弟は親の元で仲良く、楽しく生きていた。手におえない略奪者、人間は危険だからとトラを駆逐し、勝利のトロフィーとして、また内臓の薬効を期待して漢方薬にするために捕獲し、あるいは木の伐採のために生息地を荒らそうとする人間たちの手が及ぶまでは…。 長年アフリカでサファリをし、ロンドンの上流階級に象牙を売ってきたイギリス人の有名な冒険家エイダン(ガイ・ピアース)。顧客の嗜好が象牙からアジアの仏像に移りつつあることを知り、盗掘のために、この地を訪れた。ある日、トラを目撃した村人たちは「トラ退治の英雄」になるために…。そして残された子トラのクマルは、エイダンによって村へ…。

原題:『TWO BROTHERS』日本語版字幕翻訳者:戸田奈津子■スタッフ監督:ジャン=ジャック・アノー『セブン・イヤーズ・イン・チベット』『スターリングラード』脚本:アラン・ゴダール & ジャン=ジャック・アノー音楽:スティーヴン・ウォーベック『恋におちたシェイクスピア』『リトル・ダンサー』■キャストガイ・ピアース『メメント』『L.A.コンフィデンシャル』、ジャン=クロード・ドレフュス、フレディー・ハイモア他[2004年/フランス・イギリス合作/スコープ/Dolby SRD/1時間50分]配給:日本ヘラルド映画

↓画像クリックで拡大
『トゥー・ブラザーズ』Two Brothers(2004)ジャン=ジャック・アノー監督
『トゥー・ブラザーズ』肉球携帯クリーナー(クリーナー部分が肉球のデザイン、反対側はクマルとサンガ)10名様にプレゼント『トゥー・ブラザーズ』プレゼント応募
※記事・画像の使用は、権利を有する関係各所の許諾を得て掲載しています。 ※記事・画像の使用・転載は営利・非営利を問わず禁止です。※リンクは、大歓迎です。詳細は右上の▲リンクをご覧下さい。

映画・来日・ニュース・イベント

映画やセレブなどのニュースをチェック!

『トゥー・ブラザーズ』の上映時間を調べる


『トゥー・ブラザーズ』少年ラウール役のフレディー・ハイモア[Freddie Highmore]

サンガの遊び相手役を演じるフレディー・ハイモアは、1992年生まれ。デビュー作は1999年、ヘレナ・ボナム・カーター出演の「Women Talking Dirty」(コーキー・ギェドロイツ)。今後ますます期待される少年。これまで学校の合い間を縫って、TVや映画に出演している。2004年には、『トゥー・ブラザーズ』も含め3本の作品に出演する。ジョン・スティーヴンソン[John Stephenson]監督の『Five Children and It(原題)』で、ケネス・ブラナー。マーク・フォースター[Marc Forster]監督の『Finding Neverland(原題)』でジョニー・デップ、ケイト・ウィンスレット、ダスティン・ホフマンと共演。また来月からは、『夢のチョコレート工場』(1971)のリメイクでティム・バートン[Tim Burton]監督の『Charlie and the Chocolate Factory(原題)』撮影予定。チャーリー・バケット少年役で、またジョニー・デップと共演。

『トゥー・ブラザーズ』Two Brothers(2004)ジャン=ジャック・アノー監督
【受付終了しました】多数のご応募ありがとうございました
■『トゥー・ブラザーズ』肉球携帯クリーナープレゼントの応募方法■
『トゥー・ブラザーズ』Two Brothers(2004)ジャン=ジャック・アノー監督  
メールの件名は必ず『トゥー・ブラザーズ』クリーナーとして下さい。そして本文に1.お名前2.年齢3.映画サイトへのご意見&ご感想等、もしくは最近、ご覧になった映画のタイトル&感想以上3点を必ずご記入の上[]までメールでご応募ください。当選者の発表は、発送をもってかえさせていただきます。締め切り:9月29日(水)24時まで◎お一人につき、ご応募は一回限りとさせていただきます。◎発送先は日本国内に限らせていただきます。◎お送りいただいた個人情報は、プレゼントの抽選と発送にのみ使用し、それ以外の目的では使用いたしません。◎プレゼントの発送後、こちらに応募いただいたメールはすべて削除いたします。◎All Aboutプライバシーポリシーについてをご参照ください。■■■■■■■■■■■■■■■■■■

▼南樹里の試写コメ『トゥー・ブラザーズ』動物&子供の組み合わせ? うわー、だめだめそういうの弱いの。確かに感情もあるだろうし、子トラは・・・可愛いけど、入念な準備の賜物なのでコレを観てトラってペットになるんだ~と思わないように。そんな人いない!って声も聞こえそうだけど…観るとそういう気持ちを抱いてしまうのも否めない動き・・・。話は変わりオーストラリア育ちのガイ・ピアースは、トラとの2ショットシーンを要求。(いくらなんでも危ないって!) そこでライフルを別方向に向けているエイダンにトラが接近するシーンを撮影。(あらら、撮っちゃいました!) 背後にはトラのトレーナーがいて万一の時は、ガイ・ピアースを保護ケージの中に逃げ込めるような配慮をして撮影。(チャレンジャーですね。)その他のトラと人間のシーンは、すべて特殊効果技術のおかげなのだとか。トラ絶滅の危機! が資料に記載されていました。カスピトラは60年代に。ジャワトラは30年前に姿を消しているのだとか。20世紀初期には10万頭以上いたトラは約6千頭に。トラの話にこれだけ、のめりこめるとは思わなかったです。子供だけが観ては、もったいない内容。

[2004年6月21日 @完成披露試写会]


映画・来日・ニュース・イベント

映画やセレブなどのニュースをチェック!

『トゥー・ブラザーズ』の上映時間を調べる



『映画』トップページへ戻る
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。