『アララトの聖母』←クリックで公式サイトへ 10月4日、シャンテ シネ他にて全国順次ロードショー エドワード・サロヤン(シャルル・アズナブール)は、著名なアルメニア人の映画作家。長い間あたためていた企画―1915年、聖なる山アララトの麓で起きたアルメニア人虐殺の史実を実現するために撮影でカナダのトロントへやって来る。柘榴(ザクロ)と共に…。
母さんたとえ僕たちの故郷が滅ぼされてもあなたの手のぬくもりは一生忘れない。アララトの聖母
その映画に参加することとなったカナダに住む青年、ラフィ(デヴィッド・アルペイ)と、その母、アニ(アーシニー・カンジャン)。きっかけは、アニが美術史家で、アルメニアの画家アーシル・ゴーキー(サイモン・アブカリアン)を研究しており、*1絵画「芸術家と母親」に基づく執筆、出版、講演と一人者であったことから、脚本家のルーベン(エリック・ボゴシアン)から顧問にと依頼されたためだった。「芸術家と母親」を描いたゴーキーは、虐殺で母をなくしたあと、アメリカに移住し、一生その苦しみから逃れられず若くして亡くなっている。18歳のラフィは、サロヤンの現場で雑用係として働いていた。映画の中で非道に振舞うトルコ人総督、アリの演技に憎しみをかきたてられ、アルメニアの自由を求めて射殺された父の死に疑問を持ち「父は何のために生き、何のために死んでいったのか」を確かめるために、真実を求めてアララトへ旅立つ。
哀しみの歴史の中で失われた母と子の絆が、時代を越えて再びよみがえる。
20世紀の歴史上、いまなおトルコが事実として認めようとしない聖なる山アララトの麓で起きたアルメニア人の虐殺。その史実にスポットを当てた映画を作ろうと決断したエゴヤン監督は、「なぜ虐殺が事実と認められないのか、なぜその拒絶は今も続いているのか、そして拒絶を続けることがどんな結果を生むのかという問題を、すべてこの映画で描かなくてはならなかった」と語る。アルメニアは、監督自身のルーツでもあるそうだ。母国が永遠に失われたことを物語るように、「芸術家と母親」のキャンバスから削りとられた母の手。そこに虐殺の傷痕の深さを感じ取ったエゴヤン監督は、同じように過去のトラウマを持ち、心が離ればなれになった現代の親子のエピソードを通して、失われた絆の再生を試みていく。
*1:ニューヨークのホイットニー美術館に所蔵Arshile Gorky's "The Artist and his Mother
初日プレゼント(シャンテシネにて)先着50名様に”ローズヒップ・オイル”(アルメニア共和国産)をプレゼント! 提供:日本アララット(株)
ベースは、アメリカ人宣教師のクラレンス・アッシャーが記した「トルコのアメリカ人宣教師」(1917年出版)
クラレンス・アッシャー:Clarence Ussher 原題:[AN AMERICAN PHYSICIAN IN TURKEY]
劇中、クラレンス・アッシャーを演じたブルース・グリーンウッドは、「エキストラの中に、虐殺の生きた証拠ともいうべき人がいたんだ。ある場面で共演した93歳の男性のことを、今でも覚えているよ。虐殺を目撃した人々も年を取っていく。そうすると当時を思い出すのが困難になってくるし、あの悲劇を忘れてしまいかねない。あの虐殺が事実だということを、世界は早く認めるべきだ。そうでなければ、虐殺は単に過去の出来事になってしまい、やがてその記憶は薄れていき、思い出せなくなり、やがて何もなかったように思われてしまうことになる」と印象に残った事を語っている。▼キャスト:ラフィ:デヴィッド・アルペイ (本作でデビュー)映画監督のサロヤン:シャルル・アズナブール『ピアニストを撃て』アニ:アーシニー・カンジャン『スウィートヒアアフター』『エキゾチカ』 シリア:マリ・ジョゼ・クローズ『渦』トルコ人総督:イライアス・コティーズ 『シン・レッド・ライン』『クラッシュ』原題:『ARARAT』監督・脚本・製作:アトム・エゴヤン音楽:マイケル・ダナ[2002年/カナダ/115分/ビスタサイズ/ドルビーデジタル] ▼南の試写コメ登場人物、それぞれに秘めた”喪失感”があって、そこをうまく紡ぎあげた作品だと思う。カナダを代表する巨匠と呼ばれるアトム・エゴヤン。その座を不動のものにしたカンヌ映画祭の国際映画批評家連盟賞を受賞した『エキゾチカ』と、同映画祭審査員グランプリを受賞した『スウィートヒアアフター』。虐殺ばかりを描いてるわけでなく、《人として》という部分も多く複雑になりがちな話をうまく創り上げており、見ごたえがありました。それで鑑賞後、詳細を知りたくて読んだのが「アルメニアの悲劇」新潮選書 刊です。そういえば、子供の頃、庭にあった柘榴の木に実が生るのを楽しみにしていました。
[2003年9月18日 カナダ大使館にて]
アルメニアの国旗
日本でアルメニアと聞いてピン!と来る方がどれだけいるのでしょうか?アルメニア=美女の国は本当か?っていうウワサを検証する企画が昨年ぐらいにテレビで放送されていました。結果⇒確かに美しい方の多い国だった。タイトルにもあるアララトは、アララテとも表記されるアルメニアにある聖なる山。というのも聖書では、大洪水の時のノアの箱舟が漂着したとして登場する。第七の月の十七日に箱舟はアララト山の上に止まった。「創世記」彼が自分の神ニスロクの神殿で礼拝しているときに、アドラメレクとサルエツェルが彼を剣にかけて殺した。彼らはアララトの地に逃亡し、センナケリブに代わってその子エサル・ハドンが王となった。「II列」大地に旗を立て、国々で角笛を吹き鳴らせ。バビロンを撃つために国々を聖別し/諸王国を呼び集めよ/アララト、ミンニ、そしてアシュケナズを。指揮官を立て、バビロンを攻めよ。群がるいなごのように軍馬を上らせよ。「エレ」~参考:新共同訳~
関連リンク集
↑[ARARAT] MIRAMAXのサイト(英語)[rottentomatoes](英語)←『アララトの聖母』場面写真[日本アルメニア友好協会]←アルメニアの写真も充実![外務省ホームページ]アルメニアのデータ等。
この記事に関するご意見・ご感想は…
 → この記事の作者にメールを送る

『映画』トップページへ戻る
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。